設定しておくとWindowsの便利な各種設定・ショートカットまとめを紹介します!

ショートカットキーとは?

ショートカットキー(英: shortcut key)は、コンピューターやソフトウェアで特定の機能やコマンドを素早く実行するためのキーボードの組み合わせです。これらのキーコンビネーションを使うことで、マウスを使わずに作業を高速化したり、便利に操作を行うことができます。ショートカットキーは、さまざまなプログラムやオペレーティングシステムで利用され、ユーザーが効率的に作業を進めるための重要なツールの一つとなっています。

ショートカットキーを学ぶべきメリット

時間が短縮できる

ショートカットキーを学ぶことにより、タスクの実行時間を大幅に短縮できます。マウスを使ってメニューやアイコンを探す手間を省き、キーボード操作だけで作業を進めることができるため、効率的な時間管理が可能となります。

体が疲れなくなる

長時間のマウス操作は手首や腕に負担をかけることがありますが、ショートカットキーを使えばマウスをあまり使わずに済みます。そのため、体への負担が軽減され、長時間の作業にも耐えやすくなります。

脳が疲れなくなる

ショートカットキーを覚えることで、作業の論理的な流れや手順を自然に覚えることができます。これにより、脳の負担が軽減され、よりスムーズな作業が可能となります。複雑なタスクもシンプルなステップに分解して実行できるため、集中力を保ちやすくなります。

誰でもできる

ショートカットキーは、誰でも学ぶことができる簡単なスキルです。特別な技術や知識は必要ありません。コンピューターやソフトウェアの利用者であれば、誰でもショートカットキーを学び、効果的に利用することができます。

よく使う基本ショートカットキー

【Ctrl+A】すべてを選択

このショートカットキーを使うと、テキストドキュメントやフォルダ内のすべてのアイテムを選択することができます。例えば、テキストを全選択する際に便利です。

【Ctrl+X】切り取り

このショートカットキーを使用すると、選択したテキストやファイルを切り取ります。その後、別の場所に貼り付けることができます。

【Ctrl+C】コピー

このショートカットキーを使うと、選択したテキストやファイルをコピーします。元のデータは保持されたままで、コピーしたデータを別の場所に貼り付けることができます。

【Ctrl+V】貼り付け

コピーまたは切り取りしたデータを、このショートカットキーを使って指定した場所に貼り付けます。便利なペースト操作です。

【Ctrl+Z】元に戻す

このショートカットキーを使うと、直前の操作を取り消すことができます。誤って行った操作を元に戻すのに役立ちます。

【Ctrl+Y】やり直し

元に戻した操作を再度実行するためのショートカットキーです。取り消した操作を取り消すことをやり直す場合に使用します。

【Ctrl+F】文字検索

テキスト文書やウェブページ内で特定の文字列を検索するためのショートカットキーです。検索ダイアログボックスが表示され、目的のテキストを検索できます。

【Ctrl+N】ファイルの新規作成

このショートカットキーを使うと、多くのソフトウェアアプリケーションで新しいファイルやドキュメントを作成できます。

【Ctrl+S】上書き保存

変更を加えたファイルを保存するためのショートカットキーです。現在のファイルに変更を保存する場合に使用します。

【Ctrl+P】印刷

このショートカットキーを使うと、現在のドキュメントや画像を印刷する印刷ダイアログボックスを開きます。印刷設定を調整し、印刷操作を開始できます。

基本動作のショートカットキー

【Ctrl+A】ファイル・フォルダーを全選択

このショートカットキーを使用すると、ファイルやフォルダー内のすべてのアイテムを一度に選択することができます。

【Shift+Ctrl+Esc】タスクマネージャーを開く

このショートカットキーを使うと、タスクマネージャーを直接開くことができます。実行中のプロセスやアプリケーションを管理するのに役立ちます。

【Shift+F10】マウスの右クリックと同じ動作

このショートカットキーを押すと、マウスの右クリックと同じメニューが表示されます。選択したアイテムに対してコンテキストメニューを開くことができます。

【PrintScreen】画面をそのままコピーする

PrintScreenキーを押すと、現在の画面のスクリーンショットがクリップボードにコピーされます。その後、他のアプリケーションで貼り付けることができます。

【Enter】開く、文字入力確定、改行

Enterキーは、様々なコンテキストで使用されます。ファイルやフォルダを開く際にも、テキスト入力を確定する際にも、段落を改行する際にも利用されます。

【Ctrl+W】閉じる

このショートカットキーを使用すると、アクティブなウィンドウやタブを閉じることができます。多くのアプリケーションで動作します。

【Alt+F4】アプリケーションを閉じる

このショートカットキーを使うと、現在アクティブなアプリケーションを直ちに閉じることができます。

【Tab+Alt】アクティブウィンドウの切り替え

Alt+Tabキーを同時に押すと、アクティブなウィンドウを切り替えるためのアプリケーションスイッチャーが表示されます。複数のアプリケーションを素早く切り替えるのに役立ちます。

【Tab+Alt】同じソフトにて、複数タブまたはファイルの切り替え

このショートカットキーは、同じソフトウェア内で複数のタブやファイルを切り替える際に使用されます。例えば、ウェブブラウザのタブを切り替えるのに便利です。

【Esc】今行っている操作を中止

Escキーは、現在の操作を中断するのに使われます。ダイアログボックスを閉じたり、キャンセルボタンと同様の効果を持ちます。

まとめ

今回紹介したショートカットキーを使うことで、作業効率が向上し、コンピューターの操作がよりスムーズになります。ショートカットキーは誰でも簡単に学び、日常的に活用することができるので、コンピューターユーザーにとって重要なスキルと言えます。

よくある質問

Q1:ショートカットキーとは何ですか?

A1:ショートカットキーは、コンピューターやソフトウェアで特定の機能やコマンドを素早く実行するためのキーボードの組み合わせです。これにより、マウスを使わずに作業を効率化できます。

Q2:ショートカットキーの学習にどのくらい時間がかかりますか?

A2:ショートカットキーは一つ一つ覚えるのは簡単で、数分から数時間で覚えられます。しかし、すべてのショートカットキーをマスターするには時間がかかることもあります。

Q3:どのショートカットキーが最も役立つと言えますか?

A3:最も役立つショートカットキーは個人の作業スタイルやソフトウェアに依存しますが、基本的なショートカットキー(例: Ctrl+C、Ctrl+V、Ctrl+S)は多くの場面で役立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > WEB制作 > デザイン・制作 > 【重要】成果が出るランディングページの作り方!必ずチェックしたいポイント5選

ページトップへ