Photoshopで切り抜き画像に影をつけてなじませる方法について解説します

Photoshopとはなにか?

Photoshop(フォトショップ)は、Adobe Systemsによって開発された画像編集ソフトウェアの一つです。このソフトウェアは、写真やイラストなどのデジタル画像を編集し、加工するために広く使用されています。Photoshopは、プロのフォトグラファーやデザイナーからアマチュアのユーザーまで、さまざまな分野で幅広く利用されており、その多機能性と高度な編集ツールで知られています。

Photoshopでできること

Photoshopを使用すると、以下のようなさまざまなことができます。

画像編集 

画像の切り抜き、リサイズ、回転、明るさやコントラストの調整など、基本的な画像編集を行うことができます。

レタッチと修復

顔のシワやシミの修復、不要なオブジェクトの除去、写真の修復など、画像の修復作業が可能です。

イラストレーション

絵を描いたり、イラストを作成したりするためのツールが豊富に備わっており、デザイナーやアーティストに向いています。

テキスト編集

テキストを挿入し、フォント、サイズ、スタイルを調整することができます。

フィルターとエフェクト

さまざまなフィルターやエフェクトを適用して、写真や画像に特別な外観を与えることができます。

レイヤーと合成

レイヤーを使用して、複数の要素を組み合わせ、合成することができます。

カラーコレクション

カラーグレーディングや色調補正を行い、画像の色合いを調整できます。

Illustratorとの違い

PhotoshopとIllustratorは、どちらもAdobeの製品であり、グラフィックデザインと画像編集のためのツールですが、それぞれ異なる主な用途と特徴があります。

Photoshopについて

主に写真編集や画像加工に特化しており、ラスターグラフィック(ピクセルベースの画像)を扱います。具体的には、フォトレタッチ、写真合成、イメージマニピュレーションなどに適しています。

Illustratorについて

主にベクターグラフィック(数学的な形状とパスに基づいた画像)を作成および編集するために使用されます。ロゴデザイン、イラスト、図形の作成などに特化しています。

イラストレーションの拡大縮小が劣化せず、無制限の解像度をサポートします。

PhotoshopとIllustratorの違い

PhotoshopとIllustratorは、デザインプロジェクトにおいて相補的な役割を果たすことがあり、どちらもデザインワークフローにおいて重要なツールとなっています。適切なツールの選択はプロジェクトの性質に依存し、両方を使いこなすことがデザインの幅を広げるのに役立ちます。

Photoshopのメリット

Photoshopは、多くのメリットを提供するグラフィックデザインおよび画像編集ソフトウェアです。

画像編集機能が充実

Photoshopの最大のメリットの一つは、画像編集機能が非常に充実していることです。例えば、画像の切り抜き、リサイズ、回転などの基本的な編集が容易に行えます。また、レタッチ機能により、肌の滑らか化や不要な要素の除去など、写真修正が可能です。色調補正、明るさ/コントラストの調整、カラーグレーディングなど、高度なカラーコレクションが行えます。フィルターやエフェクトの多彩なライブラリを使用して、画像に特別な外観を与えることができます。

パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が多く、複雑なデザインがしやすい

Photoshopは、パターンオーバーレイ、エンボス、テキストエフェクト、シャドウ、ブレンドモードなど、豊富な加工機能を提供しています。これにより、複雑なデザインや特殊効果を簡単に作成できます。デザイナーやクリエイターは、独創的なアイデアを実現し、美しいグラフィックスを制作するのにPhotoshopを活用します。

Illustratorとの互換性が高い

PhotoshopとIllustratorは、Adobe Creative Cloudの一部として提供されており、互換性が非常に高いです。Illustratorで作成したベクターグラフィックやパスを、Photoshopで編集や加工することが容易です。この連携により、デザイナーはイラストと写真の組み合わせや多層デザインを効果的に行うことができます。また、これらのアプリケーションは同じクリエイティブプロジェクト内でシームレスに連携し、デザインプロセスをスムーズに進めるのに役立ちます。

Photoshopのデメリット

Photoshopは優れたグラフィックデザインツールですが、以下に示すいくつかのデメリットも存在します。

月額制であること

PhotoshopはAdobe Creative Cloudの一部として提供され、月額または年額のサブスクリプションベースで利用する必要があります。これは、一度の購入ではなく定期的な支払いが必要なため、一部のユーザーにとってコストがかかる場合があります。

使用したブラシの特定が出来ない

Photoshopは多くのブラシを提供しており、使い勝手が向上していますが、一度使用したブラシを特定するのが難しいことがあります。特定のブラシや設定を再利用する際に、検索や整理が不便な場合があります。

アップデートしたらブラシが消える

時折、Photoshopのアップデート後にカスタムブラシが消失することが報告されています。これはユーザーにとって不便な状況であり、ブラシの再設定が必要になることがあります。

PSDが重すぎる

大規模なプロジェクトや高解像度の画像を扱う際、PhotoshopのPSDファイルは非常に重くなることがあります。これにより、ファイルの保存、読み込み、および編集が遅くなることがあり、リソースの消費が大きいです。

SVGで書き出し出来ない

Photoshopはベクターグラフィックスの編集には向いていません。そのため、SVG(スケーラブルベクターグラフィックス)形式で直接書き出すことができず、Illustratorなどの他のベクターグラフィックスソフトウェアが必要です。

使いこなすのに時間がかかる

Photoshopは非常に多機能で高度なソフトウェアであり、すべての機能を使いこなすには学習と実践が必要です。初心者にとっては使いこなすのに時間がかかることがあり、急いでプロジェクトを完了する際には制約が生じることがあります。

切り抜き画像に影をつけてなじませる方法

まず、切り抜き画像を用意する

切り抜き画像に影をつける前に、まず以下の手順で切り抜き画像を用意します。続いてPhotoshopを開いて、切り抜きたい画像をロードします。切り抜くために「選択ツール」(通常は選択ツールや魔法のワンドツール)を使用して、対象の要素を選択します。選択した要素をコピー(Ctrl+C / Cmd+C)して新しいレイヤーに貼り付け(Ctrl+V / Cmd+V)ます。これにより、要素が別のレイヤーに配置されます。

影をつくる

次に、切り抜き画像に影を追加します。影を追加するために、要素が貼り付けられたレイヤーを選択します。その後、「フィルター」メニューから「描画」を選択し、「影を追加」オプションを選びます。ここで影の位置、角度、不透明度などを調整できます。影の設定が完了したら、「OK」をクリックして影を適用します。

影の質感をリアルにする

影の質感をリアルにするには、次のステップを実行します。まず、影のレイヤーを選択します。レイヤースタイル(右クリック→「レイヤースタイル」またはレイヤーパネルの「fx」アイコンをクリック)を開き、「影」オプションを選択します。影の設定を微調整して、質感をリアルに調整します。一般的には、ぼかしや距離を調整することで影を自然な見た目にします。

光源をつくる

リアルな影を得るためには、光源の方向と強度を考慮することも重要です。光源を考慮する方法は次の通りです。影のレイヤーを選択し、レイヤースタイルの「影」オプションを再度開きます。光源の方向を示す「角度」を調整します。一般的に、光が来る方向に影が伸びるように設定します。影の不透明度(透明度)を調整して、光源からの距離に応じて影を調整します。影が遠くに行くほど不透明度を下げます。

まとめ

これまでの内容をまとめると、Photoshopは多機能なグラフィックデザインおよび画像編集ソフトウェアであり、Photoshopのメリットとしては、「画像編集機能が充実しており、写真のリタッチ、カラーコレクション、特殊効果などが容易に行える」「パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が豊富で、複雑なデザインが作成しやすい」「Adobe Creative Cloudの一部として提供され、Illustratorなど他のAdobeアプリと高い互換性がある」といった点が挙げられます。また、Photoshopのデメリットとして、「月額制のサブスクリプションモデルであるため、コストがかかる」「使用したブラシの特定が難しく、アップデート後にブラシが消失することがある」「大規模なPSDファイルは重く、リソースの消費が大きい」「ベクターグラフィックをSVG形式で直接書き出せない」「使いこなすのに学習と時間がかかる」といった点が挙げられます。Photoshopは強力なツールであり、デザインプロジェクトにおいて高度な編集やデザイン作業に役立ちますが、コストや学習曲線に注意が必要です。また、Illustratorなど他のアプリケーションと連携して、より効果的なデザインワークフローを構築できます。今回は影を作るための方法を紹介しましたが、Photoshopではその他いろいろなことができるので、興味があれば調べてみましょう。

よくある質問

Q1:Photoshopとは何ですか?

A1:Photoshopは、Adobe Systemsによって開発された画像編集ソフトウェアの一つで、写真やイラストなどのデジタル画像を編集し、加工するために広く使用されています。

Q2:Photoshopでできることは何ですか?

A2:Photoshopを使用すると、画像編集、写真のリタッチ、テキスト編集、イラストレーション、特殊効果の追加など多くのことができます。

Q3:Illustratorとの違いは何ですか?

A3:Photoshopは主に写真編集やラスターグラフィックスに特化し、Illustratorはベクターグラフィックスの作成と編集に特化しています。両者は異なる用途を持ち、相補的に使用されることがあります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ