「ググる」より「タグる」!若年層が「タグる」理由と対策方法を合わせて紹介

概要

SNSを活用して情報収集方法「タグる」とは?

「タグる」とは、SNS上で情報を収集するための方法の一つです。具体的には、SNS上で特定のトピックに関する投稿を見つけた際に、その投稿に対して関連するタグを付けることで、後から簡単にその情報を見つけ出すことができるようになる手法です。

「ググる」から「タグる」時代への背景

高齢者がSNSを利用するIT時代の到来

高齢者がSNSを利用するIT時代が到来しています。これは、高齢者の生活スタイルが変化し、スマートフォンやタブレット端末などのIT機器を利用することが一般的になったことが背景にあります。高齢者にとってSNSを利用することで、社会参加度が高まることが期待されています。

検索行動の変化

検索行動の変化も、SNSを利用する人々の増加に大きく影響しています。以前は、情報を得るためにGoogleなどの検索エンジンを利用することが一般的でしたが、最近ではSNSで特定のトピックに関連する投稿を探し、タグを付けて後から簡単にアクセスすることが主流になっていますので、これにより、検索行動がより個人的かつ効率的なものに変化しています。

Z世代(若年層)のSNS利用実態

Z世代(若年層)は、SNSを利用することが当たり前の世代です。SNS上での情報交換やコミュニケーションが彼らにとって自然なものであり、検索エンジンを利用することよりも、SNS上で情報を収集することが多いと言われています。また、Z世代は情報収集において、タグを活用することが一般的であり、タグを使って自分が興味のある情報を整理することができるようになっています。

「タグる」へのシフトしたメリット

信頼性の高い情報源

SNS上で「タグる」ことで、信頼性の高い情報源を見つけることができます。タグをつけることで、自分が欲しい情報に関する投稿を集めることができ、情報源の信頼性を確認することも容易になります。特定のトピックに関する投稿をタグ付けすることで、そのトピックに詳しい人々と簡単につながることができ、より信頼性の高い情報を得ることができます。

よりリアルタイム性のある

「タグる」ことで、よりリアルタイム性のある情報を得ることができます。SNS上で投稿される情報は、ほぼリアルタイムで反映され、特定のトピックに関する最新情報を手軽に取得することができます。例えば、ライブ配信についての情報をタグ付けすることで、ライブ配信のスケジュールや配信中の様子をリアルタイムに知ることができます。

タグる時代に応じた対策方法

キーワード設計

「タグる」時代には、キーワードの重要性が高まっています。ユーザーが求める情報を的確にキャッチするために、企業やブランドは適切なキーワードの設計が必要です。例えば、自社の商品やサービス名をキーワードに設定することで、その商品やサービスに関心を持つユーザーと接点を持つことができます。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグは、SNS上での情報検索に欠かせない存在です。企業やブランドも、自社に関するハッシュタグを設定することで、ユーザーが自社の投稿を探しやすくなります。また、トレンドに関連するハッシュタグを活用することで、自社の発信力を高めることもできます。しかし、ハッシュタグの過剰使用は、逆に不快感を与えることもあるため、適切なバランスを保つことが重要です。

ユーザーエンゲージメントを重要視した施策

「タグる」時代においては、ユーザーエンゲージメントを重視した施策が求められます。ユーザーが投稿した内容に対して、企業やブランドから返信を行うことで、コミュニケーションを深めることができます。また、ユーザーの投稿に対して、いいねやリツイートを行うことで、ユーザーとの関係性を構築することができ、ブランドのファンを増やすことができます。

お役に立つコンテンツ事例

ココ・シャネルの「#ILOVECOCO」

フランスの高級ブランド、ココ・シャネルが展開する、Instagramキャンペーン「#ILOVECOCO」は、その名の通り、ココ・シャネルに対する愛を投稿するものです。ユーザーは、ココ・シャネルの製品を使っている様子や、ココ・シャネルに対する思いを投稿し、その中から抽選でプレゼントが当たるという仕組みです。このキャンペーンによって、ココ・シャネルのファン層を拡大し、顧客ロイヤルティーを高めることに成功しています。

キットカットの「#mybreak」

日本のお菓子ブランド、キットカットのキャンペーン「#mybreak」は、ユーザーが自分の好きな場所や、好きな方法でキットカットを食べる様子を投稿するものです。例えば、山の上でキットカットを食べる様子や、友達と一緒にキットカットを食べる様子などが投稿されます。このキャンペーンによって、ユーザーのキットカットへの愛着が高まり、SNS上での話題性を増すことに成功しました。また、投稿された写真は、キットカットのパッケージに印刷されるなど、商品にも反映されることで、顧客との関係性をより深めることにつながっています。

まとめ

本記事では、「ググる」から「タグる」へと情報収集行動が変化している若年層について、その理由と対策方法を紹介しました。若年層がSNSを活用して情報収集する際、よりリアルタイムかつ信頼性の高い情報源を求める傾向がありますので、今後は、企業やブランドにとっては、キーワード設計やハッシュタグを活用、ユーザーエンゲージメントを重視した施策を行いましょう。

よくある質問

Q:タグることによって得られるメリットは何ですか?

A:タグることによって、信頼性の高い情報源を見つけることができます。また、よりリアルタイムかつ多様な情報を収集することができるため、情報収集の効率化も期待されます。また、タグによって、特定の興味関心を持つ人同士がつながり、コミュニティが形成される可能性もあります。

Q:若年層がタグる理由は何ですか?

A:若年層がタグる理由は、SNSの利用が増えたことにより、情報収集の方法が変化してきたことが挙げられます。特に、情報収集において「ググる」よりも、リアルタイムで情報を得られる「タグる」が好まれるようになりました。また、タグによって、自分と同じ興味関心を持つ人が集まり、共通の話題で盛り上がることができるため、コミュニケーションを取りやすい点も魅力の一つです。

Q:企業がタグる対策を行うべき理由は何ですか?

A:企業がタグる対策を行うことで、SNS上での情報発信やプロモーション効果を高めることができます。具体的には、キーワード設計やハッシュタグの活用、ユーザーエンゲージメントを重視した施策などが求められます。また、コミュニケーションを深めることで、ファンや顧客ロイヤルティの向上につながる可能性があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ