動画クリエイターとしてネット動画業界で活躍する方法を徹底解説!働き方から必要な5つのスキル!

動画クリエイターとは?どんな仕事?

動画クリエイターとは、映像制作のプロフェッショナルであり、様々な種類の動画コンテンツを制作します。

動画クリエイターとしての働き方

就職する

動画クリエイターとしてのキャリアを築く一つの方法は、メディア会社や制作プロダクションに就職することです。

代表的な会社は以下のとおりです

株式会社AOI Pro.

AOI Pro.は、広告映像制作をコアビジネスとするアジアトップクラスの映像プロダクションです。広告映像に加え、映画やドラマの制作を手がけ、映像+αのコンテンツやサービスもプロデュースしています。キウイが踊っているゼスプリのキウイフルーツのCMやハーゲンダッツなど有名企業のCMなども手掛けて言います

株式会社TYO

「最高の制作チームで、領域を超え、心を動かし、「伝わる」ものを作りつづける。」をミッションに掲げる広告映像を中心としたコンテンツの戦略立案・企画・制作会社です。国内外のアワードで多数受賞されている有力企業です。

Crevo株式会社

制作実績は2,000社10,000件以上と多くの実績を誇る動画制作専業会社です。

事業成長を「動画」で支援することに特化し、企画から制作・効果検証まで、一気通貫サポート可能な体制を構築している点が強みです。

副業する

動画クリエイターとしてのスキルを活かし、副業として収益を得ることも可能です。以下はいくつかの副業の選択肢です。

YouTubeチャンネル運営

個人のYouTubeチャンネルを開設し、広告収益やスポンサーシップから収益を上げます。この方法を選ぶ場合、コンスタントなコンテンツ制作が必要です。

オンライン教育コースの提供

自身の専門知識を生かして、オンライン教育コースを制作し、販売することができます。キーワード:オンライン教育、eラーニング、専門知識。

動画編集

動画編集のスキルを提供し、クライアントから仕事を受けることができます。クリエイティブなサービス提供ができるフリーランスとして活動します。

独立する

副業で収益が大きくすることが出来たら独立することも視野に入れることが可能です。ここでは独立した際に取り組める選択肢をご説明します。

プロダクション会社の設立

プロダクション会社を設立し、クライアントからのプロジェクトを受け付け、制作します。この場合、自身のビジネスを構築し、クリエイティブなプロジェクトに取り組むことができます。

自主制作

自分のアイデアで独自の動画コンテンツを制作し、収益化します。また、制作した動画をアワードに出品、受賞することにより業界内での地位を確立することが可能です。

それぞれの働き方のメリット

就職する

安定した収入

メディア会社や制作プロダクションに就職することで、安定した給与を受け取ることができます。毎月の支払いが保証されるため、経済的な安心感があります。

経験の獲得

プロの環境で働くことで、動画制作のスキルや経験を磨く機会が得られます。先輩や同僚から学び、成長できる環境です。

リソースへのアクセス

制作会社に所属することで、専門的な機材やソフトウェアへのアクセスが容易になります。高品質なコンテンツ制作が可能です。

副業する

追加収入

副業として動画クリエイターとして活動することで、追加の収入を得るチャンスがあります。本業以外にも収益を上げられます。

自己表現の場となる

副業の動画制作は、趣味や情熱を追求するための場として活用できます。自分のアイデアを実現し、視聴者と共有できます。

独立する

経営ができる

独立した動画クリエイターとして、自分自身のビジネスを経営することができます。制作内容やスケジュールを完全にコントロールできます。

収益の最大化

広告収益やスポンサーシップなど、収益のほとんどが直接自分に入るため、収益の最大化が可能です。成功すれば高収益を期待できます。

自己ブランディング

自分自身をブランド化し、独自のファンベースを築くことができます。個性を活かしたコンテンツが受け入れられやすいです。

それぞれの働き方のデメリット

就職する

創造性の制約

メディア会社や制作プロダクションで働く場合、クライアントや上司の指示に従う必要があり、自分のアイデアや創造性を制約されることがあります。

労働時間

制作のスケジュールに応じて長時間労働が必要な場合があり、プレッシャーがかかることがあります。

収入の制約

個人のコンテンツの成功に直接影響を与えないため、収入の増加に限界があります。

副業する

時間の制約

本業との両立が難しく、副業としての時間を確保することが難しい場合があります。

収益の不安定さ

副業としての収益は不安定で、月々の収入がばらつくことがあります。

疲労

本業と副業を同時にこなすことが疲れやストレスを引き起こすことがあります。

独立する

収益の不確実性

特に立ち上げ当初は収益が不確実で、初期の成功まで時間がかかることがあります。

責任とプレッシャー

自己経営においては、すべての責任が自分にかかり、プレッシャーが高いことがあります。

競争の激化

動画クリエイターの競争は激しく、成功するためには差別化されたコンテンツを提供する必要があります。

動画クリエイターに必要なスキル

動画クリエイターとして成功するためには、さまざまなスキルが必要です。以下では、主要なスキルに焦点を当てて説明します。

企画・構成

アイデアの生成

魅力的で独創的なコンテンツアイデアを考え出す能力が必要です。視聴者を引き付けるコンセプトやストーリーを構築します。

ストーリーテリング

コンテンツの流れを組み立て、視聴者にとって魅力的なストーリーを語る能力が重要です。

ターゲットオーディエンスの理解

誰をターゲットにしているかを理解し、その視聴者に響くコンテンツを計画します。

撮影

カメラ操作

デジタルカメラやビデオカメラの操作スキルを習得し、高品質な映像を撮影します。

ライティング

照明の設定や利用に関する知識を持ち、映像の視覚的な魅力を向上させます。

映像コンポジション

ショットの構図やフレーミングに注意を払い、視聴者の注意を引きます。

編集

ビデオ編集ソフトウェアの使用

編集ソフトウェアをマスターし、映像のトリミング、カット、エフェクトの追加などを行います。

音声編集

音声トラックの編集やノイズリダクションを行い、音響の品質を向上させます。

コミュニケーション

ヒアリング能力

クライアントが動画を通じて成し遂げたいことを具体的な映像に落とし込むためには正確にクライアントのイメージを聞き取る力が必要となります。

伝える力

制作に関わる人が増えれば増えるほどイメージを全体で共有するのが難しくなります。言葉だけでなく、資料や映像を駆使して全体でイメージを共有できる力も必要になります。

マネジメント

スケジュール管理

コンテンツ制作、編集、公開などのスケジュールを効果的に管理し、適切なタイミングでコンテンツを提供します。

プロジェクト管理

大規模なプロジェクトの計画と実行を調整し、チームやリソースを効率的に活用します。

動画クリエイターを目指すに当たっての注意点

継続的な学習

動画制作の技術やトレンドは常に変化しています。継続的に学習し、新しいスキルやツールを取り入れることが成功の鍵です。

独自性と差別化

競争が激しい動画クリエイター市場で成功するためには、独自性を持ち、他とは異なるコンテンツを提供することが重要です。インプットした知識を元にあなたらしいポートフォリオを作成できるようになるとよいでしょう。

健康とメンタルケア

長時間の制作作業やプレッシャーにさらされることがあるため、健康とメンタルケアを怠らないようにしましょう。自分自身の肉体的・精神的な健康を維持できる取り組みやルーティンを見つけられるとよいでしょう。

まとめ

この記事では、動画クリエイターとしてのキャリアを目指す際に知っておくべき重要な情報を提供しました。動画クリエイターとしての働き方、それぞれの選択肢のメリットとデメリット、必要なスキル、注意点などについて詳しく説明しました。動画クリエイターとしての道は多様で挑戦的ですが、情熱とスキルの磨きを持ち、視聴者との共感を築くことで、素晴らしい成果を収めることができます。成功への第一歩を踏み出し、クリエイティブな旅を楽しんでください。どの選択肢を選ぶにせよ、継続的な学習とコミットメントが成功への鍵です。成功をお祈りしています。

よくある質問

Q1: 動画クリエイターのキャリアの将来性はどうですか?

A1: 動画クリエイターの需要は今後も成長が期待されています。オンライン動画の需要は高まり続けており、新たな収益モデルやプラットフォームの登場がクリエイターにさらなる機会を提供しています。ただし、競争も激化しているため、スキルの向上と戦略的なアプローチが不可欠です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ