Illustratorで画像切り抜き(トリミング)する方法。注意点についてもご紹介!

画像切り抜き(トリミング)とは?

画像切り抜き(トリミング)とは、画像の一部を切り取り、不要な部分を取り除くプロセスです。主な目的は、特定の要素を強調し、画像をより引き立たせることです。これにより、視覚的なクオリティとコンポジションが向上します。

画像切り抜き(トリミング)のメリット

強調効果と焦点の絞り込み

画像切り抜きによる主なメリットは、特定の要素を強調し、焦点を絞ることができる点です。例えば、商品写真の場合、製品自体を際立たせるために余分な背景を取り除くことができます。これにより、視聴者の注目を商品に引き付ける効果があります。

視覚的なクオリティの向上

画像切り抜きによって、画像の視覚的なクオリティが向上します。余分な要素を排除することで、シンプルで洗練された外観を実現できます。これはウェブサイト、広告、SNS投稿など、あらゆるコンテキストでプロフェッショナルな印象を与えるのに役立ちます。

コンテキストへの適合性

切り抜かれた画像は、特定のコンテキストにより適した形に調整できます。例えば、広告ではメッセージに合わせて重要な部分を抽出し、効果的に情報を伝えることができます。コンテンツとの一体感を高め、視聴者に魅力的なストーリーを提供します。

画像切り抜き(トリミング)のデメリット

重要な要素の損失

画像切り抜きには、必要な情報や重要な要素が切り取られる可能性があります。例えば、商品画像の一部が切り抜かれることで、製品の特徴や機能が見えづらくなる場合があります。注意深く選択しないと、コンテキストを理解するのが難しくなるかもしれないです。

背景との不自然なマージン

画像切り抜きが不適切に行われると、背景との間に不自然なマージンが生じる可能性があります。これは特に人物やオブジェクトの周囲に発生し、見た目を損なう原因となります。マージンの調整には慎重な手間が必要です。

コンテキストの喪失

画像切り抜きによって背景が削除されると、元のコンテキストが失われることがあります。これにより、画像が意図しない意味を持つ可能性があります。特に、文脈に関連する場面では、誤解を招く恐れがあります。

ファイルサイズの増加

画像切り抜きを行う際に、ファイルサイズが増加する可能性があります。クリッピングやトリミングによって画像内のディテールが増えるため、高解像度の画像は大きなファイルとなり、ウェブページの読み込み速度を遅くする可能性があります。

Illustratorで画像切り抜き(トリミング)する方法

図形ツールを使用する方法

画像をキャンバス内にドラッグ&ドロップするか、メニューバーの[ファイル]>[配置]をクリックし、表示されるダイアログボックスから画像を選択します。次に[ツールパネル]から任意の図形ツールを選択し、切り抜きたい位置に図形を作成します。最後に切り抜きたい画像と作成した図形オブジェクトの両方を選択し、メニューバーから[オブジェクト]>[クリッピングマスク]>[作成]を選択するか、右クリックして[クリッピングマスクを作成]を選ぶことで、画像を切り抜くためのクリッピングマスクが適用されます。

ペンツールを使用する方法

ペンツール(P)を使用して切り抜きたい領域を選択し、選択後に[オブジェクト] > [クリッピングマスク] > [クリッピングマスクの作成]を選択します。

画像の切り抜き機能を使用する方法

選択した画像を選択ツール(V)で囲み、コントロールパネルの「画像切り抜き」をクリックするか、[オブジェクト] > [画像切り抜き]を選択します

画像切り抜き(トリミング)時の注意点

オリジナル画像のバックアップ

画像切り抜きを行う前に、元の画像のバックアップを取ることは重要です。切り抜き処理中に誤って重要な部分を削除する可能性があるため、元ファイルを保管することで安心感を得られます。

精密な選択とトリミング

画像内の特定部分を切り抜く際には、精密な選択とトリミングが必要です。選択ツールを正確に使用し、不要な部分を取り除く際にも注意深く作業することで、トリミングのクオリティが向上します。

構図とバランスの確保

切り抜かれた画像がコンポジションやバランスを損なわないように注意しましょう。画像内の要素が適切な位置に配置され、バランスが取れたデザインを維持することで、見栄えの良い切り抜きが実現します。

まとめ

画像切り抜き(トリミング)は、視覚的な効果を最大限に引き出すための重要な技術です。正確な選択とトリミングによって、画像内の特定の要素を強調し、コンポジションを改善できます。しかし、注意深い作業と適切な判断が必要です。

図形ツールやペンツール、切り抜き機能など、さまざまな方法を使って画像切り抜きを行うことができます。各方法にはそれぞれ特有の手順がありますが、目的に合わせて選択することが大切です。

注意点として、元の画像のバックアップを取ること、構図とバランスの確保が挙げられます。これらの注意点を守りながら、高品質な画像切り抜きを実現しましょう。

画像切り抜きは、強調効果や視覚的なクオリティ向上、コンテキストへの適合性など、多くのメリットを提供します。一方で、重要な要素の損失やデメリットにも注意が必要です。適切な技術と注意を持って、画像切り抜きをマスターし、効果的なデザインを実現しましょう。

よくある質問

Q1: どのような画像に画像切り抜きを適用できますか?

画像切り抜きは、さまざまな画像に適用できます。商品写真では製品を際立たせるために、人物写真では人物を引き立てるために利用されます。広告、ウェブデザイン、SNS投稿など、多くのコンテンツで活用されます。

Q2:  切り抜いた画像のフォーマットは何がおすすめですか?

切り抜いた画像のフォーマットは、使用目的によって異なります。ウェブ用途ならばJPEG形式が軽量で適しており、印刷用途ならば高解像度のPNG形式がおすすめです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ