Excelのデータチェックは目視確認ではなく関数を使いこなそう!データチェックでよく使う3つの関数もご紹介!

データチェックとは?

コトバンクによるとデータチェックとはデータの入力間違いを防ぐため、データ作成段階での人間による検査、およびデータ処理段階での計算機によるデータ形式の整合性やデータ相互間の関連性を考慮した検査などを行うことです。Excelでは計算式や手で入力した不データを元に様々な表を作成する機会が多いかと思いますが、複雑な表になるほど数字や値の誤りが発生しやすいものです。作成したデータに誤りがないか、重複がないか、ヌケモレがないかデータチェックを行うことで正しいデータを提出できるようにしましょう。

Excelのデータチェックを関数で行うメリット

効率的なデータ処理

関数を使うことで、大量のデータを自動的に処理できます。手作業でのデータ確認に比べてはるかに迅速で、エラーの発生リスクを減少させます。

正確性の向上

関数は一貫性のあるデータ処理を実現し、誤りを最小限に抑えます。データの正確性が高まることで、意思決定に信頼性が生まれます。

再利用性

関数は再利用が可能です。一度作成した関数は他のデータセットでも利用でき、時間の節約になります。

Excelのデータチェックを目視確認するデメリット

時間と労力の浪費

目視確認は手作業で行われるため、大量のデータを処理するのに多くの時間と労力がかかります。確認するデータが多ければ多いほど、確認にかかる時間が膨大になり、作業の効率性が低下します。

誤りと不一致

人間の目はミスを必ずします。目視確認ではデータの誤りや不一致を見逃す可能性が高まります。これはデータ品質に大きな影響を及ぼし、信頼性の低い情報を提供します。

Excelでデータチェックする際に役立つ関数

Excelでデータチェックを行う際、以下の関数が非常に役立ちます。これらの関数を使って、データの品質を向上させ、エラーを検出することができます。

EXACT関数:値の一致を確認

EXACT関数は、2つのテキスト値を比較し、完全に一致するかどうかを確認します。この関数を使用することで、データの一貫性を簡単に確認できます。例えば、名前やコードの一致を検証するのに役立ちます。

COUNTIF関数:値の重複・ぬけもれを確認

COUNTIF関数は、指定した条件に一致するセルの数を数えるのに役立ちます。これを使用して、データセット内での値の重複や特定の条件に一致しないデータを検出できます。データの一貫性を維持するのに役立ちます。

VLOOKUP関数:2つのデータを比較し、他方にないデータを探す

VLOOKUP関数は、2つのデータセットを比較し、片方にあるがもう一方にないデータを見つけるのに役立ちます。これはデータの整合性を確保するために重要であり、異なるデータソースからのデータの統合にも使用できます。

これらの関数を駆使することで、Excelでデータチェックを効果的に行い、データ品質を向上させることができます。

Excelで関数を使用する際の注意点

関数の正しい構文を理解する

各関数は特定の構文に従う必要があります。関数名、引数、引用符の使い方など、正確な構文を理解しましょう。誤った構文はエラーを引き起こします。

関数の引数を適切に設定する

関数は引数を受け取ります。引数を正しく設定しないと、関数が正しい結果を返しません。引数の型や範囲を確認しましょう。

まとめ

この記事では、Excelのデータチェックに関連する重要な情報を詳しく説明しました。以下は、記事の要点をまとめたものです。

データチェックは、Excelを使用したデータ処理において欠かせない作業であり、正確なデータを保つために重要です。Excelの関数を活用することで、データチェックを効率的に行うことができます。EXACT関数、COUNTIF関数、VLOOKUP関数など、多くの関数がデータの品質向上に役立ちます。Excelで関数を使用する際には、正しい構文を理解し、データの整形、引数の設定、エラーハンドリングなどに注意が必要です。

Excelの関数を上手に活用することで、データチェック作業が効率的に行え、ビジネスプロセスの改善に貢献します。データの品質向上と正確な意思決定を実現するために、Excelの機能を積極的に活用しましょう。

よくある質問

Q1: Excelの関数を学ぶためのリソースはありますか?

A: はい、Excelの関数を学ぶための多くのオンラインリソースやチュートリアルが利用可能です。Microsoftの公式ドキュメンテーションやオンラインコース、YouTubeのチュートリアルなどが役立つでしょう。また、Excel内のヘルプ機能も参考になります。

Q2: データチェックを自動化する方法はありますか?

A: はい、データチェックを自動化する方法があります。VBA(Visual Basic for Applications)を使用してカスタムマクロを作成し、自動的にデータチェックを行うことができます。ただし、VBAのプログラミングスキルが必要です。

Q3: Excel以外のツールやソフトウェアでデータチェックを行う方法はありますか?

A: はい、Excel以外にもデータチェックを行うための専用のデータ検証ツールやデータベース管理システムがあります。具体的なツールの選択は、データの規模や要件によって異なりますが、Excel以外のオプションも検討する価値があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ