【Amazon出品マニュアル】休日の出荷対応

Amazon休日出荷の対応事項

長期休暇対策「リードタイム(出荷作業日数)」

長期休暇中は出荷作業が滞る可能性があるため、事前にリードタイムを設定することで、顧客に対して適切な出荷日を表示できます。

休暇・休業の設定方法

Amazonの出品者アカウントには、店舗休業日や出荷休業日を設定する機能があります。休業期間中は、注文受付を停止することができます。

マケプレ・お急ぎ便関連商品は「配送パターンの編集」が必要

Amazonマーケットプレイス(マケプレ)やお急ぎ便を利用する商品については、配送パターンの編集が必要です。配送パターンを設定することで、顧客に正確な出荷日や到着日を表示できます。

休日出荷対応における事前確認項目

物流会社の締め時間

物流会社の締め時間を確認する。

出荷可能数量

出荷可能数量を確認し、在庫管理を行います。

受注処理

受注処理を適切に行うため、注文確認の自動化や、注文受付窓口の設置を検討する。

FBAの活用のメリット

業務負担を軽減し効率化できる

FBAを利用することで、在庫管理や発送などの業務負担を軽減することができます。出品者は商品の製造や仕入れに専念することができます。

Amazon prime対象で転換率アップ

Amazon primeの対象となります。顧客は送料無料で商品を手軽に購入できるため、転換率がアップする可能性があります。

Amazon発送で安心感・信頼感を手に入れる

Amazonが発送を担当するため、顧客に対して安心感や信頼感を与えることができます。

カートの獲得率がアップ

顧客がカートに入れた際に、そのままAmazonが発送するため、獲得率がアップすることが可能です。

決済方法の選択肢が増える

Amazonが決済を処理するため、決済方法の選択肢が増えることがあります。例えば、Amazonギフト券やポイントでの支払いが可能となるため、顧客にとっての利便性が向上します。

海外発送対応で販路の拡大

Amazonが海外発送を担当するため、海外顧客に向けた販路の拡大が期待できます。

FBA小型軽量プログラムなら手数料が安い

小型・軽量の商品の場合は手数料が安くなる場合があります。

FBAマルチチャネルサービス利用で他モールの業務も効率化

Amazon以外のモールでもFBAの出荷・在庫管理を行うことができます。複数のモールで販売する場合には、業務の効率化が期待できます。

まとめ

Amazon休日出荷に対応するためには、長期休暇に備えてリードタイムを調整し、休暇・休業の設定方法を確認し、マケプレ・お急ぎ便関連商品は配送パターンの編集が必要です。また、物流会社の締め時間や出荷可能数量、受注処理についても事前に確認する必要があります。またFBAを活用することで、業務負担を軽減し、効率化でき、Amazon Prime対象となり、転換率がアップすることができます。安心感・信頼感を顧客に提供し、カートの獲得率を上げ、決済方法の選択肢を増やし、海外発送対応で販路を拡大することもできます。さらに、FBA小型軽量プログラムを利用すると手数料が安くなり、FBAマルチチャネルサービスを利用することで、他モールの業務も効率化できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ