新人デザイナーが即戦力になるために取り組むべきこと、考え方などを紹介!

WEBデザインとは?

ウェブデザインは、ウェブサイトやウェブページの外見やレイアウトを計画しデザインするプロセスです。ウェブデザインは、視覚的な要素だけでなく、ユーザーエクスペリエンス(UX)や使いやすさも考慮します。ウェブデザイナーは、カラースキーム、フォント、画像、アイコン、レイアウトなどの要素を組み合わせて、魅力的で分かりやすいウェブページを作成します。また、異なるデバイスや画面サイズに適応するためにレスポンシブデザインも重要です。ウェブデザインの目的は、訪問者に対して情報を分かりやすく伝えるだけでなく、ブランドのイメージや価値を表現し、ユーザーがウェブサイト上で求めるアクション(例:製品購入、情報提供、登録など)を促すことです。ウェブデザインはウェブ開発とも密接に関連しており、デザインされたウェブページはプログラミング言語(HTML、CSS、JavaScriptなど)を使用して実際のウェブサイトとして構築されます。総括すると、ウェブデザインは見た目だけでなく、使いやすさとユーザーエクスペリエンスを重要視し、ウェブサイトの成功に大きく貢献する要素と言えます。

WEBデザイナーとは?

ウェブデザイナーは、ウェブサイトやウェブページのデザインを担当する専門家で、視覚的な要素を組み合わせて使いやすく魅力的なウェブページを作成します。カラースキーム、フォント、レイアウト、画像などを調和させ、ブランドイメージに合ったデザインを実現し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。また、異なるデバイスに適応するレスポンシブデザインも重要です。デザインツールを使用し、ウェブ開発者と協力してウェブサイトを制作し、コミュニケーション能力も求められます。ウェブデザイナーは、ウェブサイトの外観や使いやすさを通じて、企業や団体のオンラインプレゼンスを向上させ、オーディエンスとの関係を築く重要な存在です。

新人デザイナーが取り組むべき6つのこと

新人デザイナーが成功するために取り組むべき6つの重要なことがあります。以下に示します。

とにかくいいデザインをみる

他の優れたデザインを積極的に見ることは、インスピレーションを得る手段です。以下にいくつかのオンラインプラットフォームを挙げます。下記のようなプラットフォームを活用して、多様なデザインスタイルやアプローチを学び、自身のデザインに新たな視点を取り入れましょう。

Pinterest

Pinterestは、さまざまなデザインカテゴリーからアイデアやデザインのクリエイティブなアプローチを見つけるのに役立ちます。

Muzli

Muzliは、ウェブデザイン、グラフィックデザイン、ユーザーエクスペリエンスなどの分野から最新のトレンドやインスピレーションを提供してくれるプラットフォームです。

ギャラリーサイト

さまざまなデザイン系ギャラリーサイトを訪れることで、優れたデザインの事例やアイデアを探求することができます。

フォントを知る

文字のフォントはデザインに大きな影響を与える要素です。以下のアクティビティを通じてフォントについて学びましょう。

本を読む

フォントに関する本を読むことで、フォントの歴史や種類、選び方などを学ぶことができます。

気になるWebサイトから使われているフォントを調べる

気になるウェブサイトから使用されているフォントを調査することで、異なるフォントのデザインや特徴を理解しましょう。

フォント関連のサイトで有名フォントたちの特徴を知る

フォントに特化したウェブサイトを通じて、有名なフォントの特徴や使用例を学ぶことで、デザインにおけるフォントの役割を理解します。

トレースをする

有名なデザインやイラストをトレースすることで、線やフォルムの理解を深め、手の動きや筆圧を鍛えることができます。ただし、トレースは学習の一環として行い、他人の作品を模倣することではなく、技術向上を目指すことが大切です。

デザインに関連した情報を集める

デザインに関連する情報を収集することは、常にアップデートされた知識を持つための鍵です。以下の方法で情報を収集しましょう。

X(旧Twitter)による情報収集

デザイン業界の専門家やトレンドに関する情報を、X(旧Twitter)上でフォローして収集しましょう。

feedlyで業界の情報収集

feedlyを活用して、デザイン業界のブログ、ニュースサイト、専門サイトの最新情報を定期的にチェックしましょう。

イベントに参加する

デザイン関連のイベントやセミナーに参加することで、業界のトピックや専門家との交流を通じて学びを深めるチャンスを得ることができます。

パソコンから離れて、デザインに触れる

デザインのインスピレーションを得るために、パソコンを離れて異なる方法でデザインに触れることも重要です。

雑誌を見る

デザイン関連の雑誌を読むことで、印刷デザインやビジュアルアートの新しいアイデアやトレンドを知ることができます。

本屋に足を運ぶ

本屋でアートやデザインに関する書籍を探すことで、深い知識や多様なアプローチを学ぶことができます。

美術館、展示会に行く

美術館や展示会でさまざまなアート作品やデザインに触れることで、創造的な視点を養うことができます。

いつもと違う場所にいく

新しい環境や場所を訪れることで、日常とは異なる視点を得て、アイデアやインスピレーションを得ることができます。

新人WEBデザイナーが即戦力になるための考え方・チェックポイント

新人WEBデザイナーが即戦力となるための考え方やチェックポイントを以下に示します。これらの考え方とチェックポイントを意識しながらデザインを進めることで、新人WEBデザイナーとしてのスキルや洞察力を向上させ、即戦力としての地位を築いていくことができます。

すべてのデザインに意味を持たせているか

デザインは単なる視覚的な装飾だけでなく、コンセプトやメッセージを伝える手段です。デザインには意味や目的が必要です。各要素がなぜその場所にあるのか、どのようにユーザーに影響を与えるのかを考えてデザインしましょう。

クライアントの目的を実現するデザインになっているか

ウェブデザインはクライアントの目的を達成するための手段です。クライアントが求めるゴールやメッセージを理解し、デザインに反映させることが重要です。クライアントのビジョンや要望を尊重しながら、最良のデザインを追求しましょう。

ターゲットユーザーを考慮したデザインか

ウェブサイトやアプリのターゲットユーザーを理解し、そのニーズや行動パターンを考慮したデザインを行うことが重要です。使いやすさやユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ターゲットユーザーの視点を念頭に置いてデザインを行いましょう。

複数のデザイン案はそれぞれ独立しているか

複数のデザイン案を考える際、それぞれの案が独自のアプローチやコンセプトを持つようにしましょう。類似したアイデアだけでなく、異なる視点からアプローチしたデザイン案を提案することで、より多様な選択肢を提供できます。

まとめ

現在のビジネスにおいて、ウェブは非常に重要なツールであり、そのデザインを担うウェブデザイナーはさらに需要を増していくでしょう。ただし、ウェブデザインは取り掛かりやすい性質もあり、多くのウェブデザイナーがいることから、いち早く即戦力となり、経験を積まないとキャリアを伸ばすことができません。今回紹介した取り組むべきことや考え方をまずは徹底的に実践してみましょう。半年後、ウェブデザイナーとしての基礎が築かれ、成長を実感できることと思います。

よくある質問

Q1:ウェブデザインとは何ですか?

A1:ウェブデザインとは、ウェブサイトやウェブページの外見やレイアウトを計画し、デザインするプロセスです。視覚的な要素やユーザーエクスペリエンスを考慮して、魅力的で使いやすいウェブページを作成します。

Q2:どのようにして優れたウェブデザインを作成できますか?

A2:優れたウェブデザインを作成するには、ターゲットユーザーを理解し、クライアントの目的を実現するデザインを考えることが重要です。デザイン要素をバランスよく配置し、カラーやフォントの選定にも注意を払いましょう。

Q3:ウェブデザイナーになるために必要なスキルは何ですか?

A3:ウェブデザイナーになるためには、デザインの基本知識やデザインツールの使い方が必要です。また、クリエイティブな思考力やコミュニケーションスキルも重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ