構造化データとは何か?そのメリットデメリットと構造化データの種類について解説!

SEOとは?

SEO(サーチエンジン最適化)は、ウェブサイトやコンテンツを検索エンジンでより高い順位に表示させるための戦略やプラクティスのことを指します。SEOは、ウェブサイトの可視性を向上させ、検索エンジンからのトラフィックを増やすことを目的としています。

SEOの主な要素には以下のものが含まれます。

構造化データとは?

構造化データの概要

構造化データは、情報をコンピュータが理解しやすい形式で表現する方法の一つです。通常、テキストや画像などの非構造化データとは対照的で、データの要素が特定のフィールドや属性に関連付けられ、階層的な形式で整理されています。構造化データは、データベース、スプレッドシート、マークアップ言語(例:JSON、XML、Microdata、RDFaなど)を使用して表現されます。これにより、検索エンジンや他のコンピュータプログラムがデータを理解し、解釈できるようになります。簡単にいえば、構造化データとは、マークアップ言語で記述されたテキストに意味を持たせることで、ロボットが内容を解釈できるようになり、よりユーザーにとって有用な検索結果を提供できるというわけです。

SEOへの影響

構造化データは、SEO(検索エンジン最適化)において重要な役割を果たします。構造化データをウェブページに適切に組み込むことにより、検索エンジンはコンテンツの内容をより正確に理解し、検索結果のリッチスニペットとして表示することが可能になります。例えば、商品の価格、評価、在庫状況、レストランの評価、料金、営業時間などの情報を構造化データとして提供することで、検索エンジンはユーザーに対してより詳細で有用な情報を提供できます。これはユーザーエクスペリエンスを向上させ、ウェブサイトへのトラフィックを増加させるのに役立ちます。

リッチスニペットとの違い

構造化データとリッチスニペットは密接に関連していますが、異なる概念です。構造化データは情報を構造化し、コンピュータが理解できる形式に整理するための手法です。一方、リッチスニペットは、検索結果ページに表示される特別な形式の情報です。リッチスニペットは通常、構造化データを使用して生成され、ユーザーにコンテンツの要約や詳細情報を提供します。リッチスニペットは、通常の検索結果よりも目立ち、クリック率を向上させる助けになります。構造化データはリッチスニペットの生成に使用されるデータのフォーマットを提供するものと言えます。

構造化データのメリット

検索エンジンがWebページの内容を理解しやすくなる

構造化データを使用する主なメリットの一つは、検索エンジンがWebページの内容をより正確に理解しやすくなることです。構造化データは情報を特定のフォーマットで提供し、データの要素がどのように関連しているかを示します。これにより、検索エンジンはページのコンテンツを解釈し、特定のキーワードや情報を抽出するのに役立ちます。結果として、検索エンジンはユーザーのクエリに対して適切なコンテンツを提供しやすくなり、正確な検索結果を生成することができます。

検索結果ページにリッチリザルトが表示されやすくなる

もう一つの重要なメリットは、構造化データを使用することで、検索結果ページにリッチリザルト(豊富な情報が含まれた検索結果)が表示されやすくなることです。リッチリザルトは通常、検索結果の中で目立ち、ユーザーに対して詳細な情報を提供します。例えば、料理のレシピ、製品の価格、星評価、営業時間、詳細なレビューなどがリッチリザルトに含まれます。構造化データを正しく実装すると、検索エンジンはリッチリザルトを生成しやすくなり、ユーザーに有用な情報を迅速に提供できるため、クリック率やユーザーエクスペリエンスが向上します。

構造化データのデメリット

専門的な知識・ノウハウの習得が必要

構造化データを適切に実装するためには、専門的な知識やノウハウが必要です。構造化データのフォーマットやマークアップ言語を理解し、どのようにデータを正しく記述するかを知る必要があります。また、構造化データのスキーマを設計し、実際にウェブページに組み込むための技術的なスキルも必要です。これには時間と労力がかかるため、専門的な知識を持つ人材や外部の専門家の協力が必要かもしれません。

実装に一定のリソースが必要

構造化データの実装には一定のリソースが必要です。これは、ウェブサイトやコンテンツ管理システムの変更やアップデート、データの整理とマークアップに関連しています。また、構造化データの保守と更新も重要です。新しいコンテンツや情報が追加されるたびに、それに対応する構造化データも更新する必要があります。リソースの不足や予算の制約がある場合、構造化データの実装や維持が難しいことがあります。

構造化データの種類と具体例

パンくずリスト

パンくずリストは、ウェブページ内で階層的なナビゲーションを提供するための構造化データの一つです。これにより、ユーザーはウェブサイトの階層構造を理解しやすくなります。

記事

記事の構造化データは、ウェブページのコンテンツの種類や情報を明示的に示すのに使用されます

Q&A

Q&A(質問と回答)の構造化データは、ウェブページ内の質問とそれに対する回答を明示的に示すために使用されます

レシピ

レシピの構造化データは、料理レシピを示すために使用され、検索結果に料理の詳細情報を表示するのに役立ちます。

ハウツー

ハウツー(How-To)の構造化データは、手順や指示を含むガイドやチュートリアルのコンテンツを示すために使用されます。

ビデオ

ビデオの構造化データは、動画コンテンツを示すために使用され、検索結果にビデオの詳細情報を表示するのに役立ちます。

まとめ

構造化データは、ウェブページやコンテンツをコンピュータが理解しやすい形式で表現するための重要なツールです。異なる種類の構造化データがあり、それぞれ特定の情報を明示的に示す役割を果たしています。構造化データを適切に実装することで、検索エンジンはコンテンツを理解しやすくし、ユーザーに正確な情報を提供できるようになります。ただし、構造化データの実装には専門的な知識とリソースが必要であり、これを活用することでウェブサイトのSEOとユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

よくある質問

Q: 構造化データとは何ですか?

A: 構造化データは、情報をコンピュータが理解しやすい形式で表現する方法です。通常、特定のフォーマットやマークアップ言語を使用して、データの要素がどのように関連付けられているかを示します。

Q: 構造化データの主な種類は何ですか?

A: 構造化データにはいくつかの主要な種類があります。例えば、パンくずリスト、記事、Q&A、レシピ、ハウツー、ビデオなどがあります。

Q: パンくずリストの構造化データはどのように使用されますか?

A: パンくずリストの構造化データは、ウェブサイト内で階層的なナビゲーションを提供し、ユーザーがウェブページを移動しやすくするのに役立ちます。通常、階層的な階層構造を示し、ユーザーにページの位置を理解させます。

Q: 記事の構造化データはどのように役立ちますか?

A: 記事の構造化データは、ウェブページのコンテンツの種類や情報を明示化し、検索エンジンがコンテンツを正確に理解しやすくします。これにより、検索結果で関連する情報が表示されやすくなります。

Q: レシピの構造化データはどのように使用されますか?

A: レシピの構造化データは、料理の詳細情報を示し、ユーザーに料理のレシピや栄養情報を提供します。これは検索結果ページで料理に関する詳細情報を表示し、ユーザーが料理を調理するのに役立ちます。

Q: 構造化データの実装には何が必要ですか?

A: 構造化データの実装には、専門的な知識と技術的なスキルが必要です。また、データの整理やマークアップ、定期的な更新など、一定のリソースも必要です。構造化データを正しく実装するためには、ウェブサイト運営者やデベロッパーが協力することが一般的です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ