コアウェブバイタルの解説と、その具体的な改善方法について解説

コアウェブバイタルとは?

「コアウェブバイタル」とは、ウェブサイトのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを評価するための重要な指標です。これは、Googleによって提案されたウェブの品質向上のための指針の一部です。

コアウェブバイタルの3つの指標

コアウェブバイタルは、以下の3つの主要なメトリクスで構成されています。これらのメトリクスは、ウェブサイトの速度、対話性、および視覚的な安定性に関する重要な情報を提供します。Googleは、ウェブサイトのランキングや検索順位にこれらの指標を組み込むことを計画しており、ウェブ開発者はこれらの指標を最適化することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが求められています。

Largest Contentful Paint(LCP)

サイトの読み込みスピード

ページが読み込まれてから最も大きなコンテンツが表示されるまでの時間を示す指標です。これは、ユーザーが実際のコンテンツを閲覧し始めるまでの待ち時間を測定します。

First Input Delay(FID)

サイトの応答性

ページが読み込まれてからユーザーが最初のインタラクション(クリックやタップなど)を行うまでの時間を示す指標です。ユーザーがページと対話する際の反応性を評価します。

Cumulative Layout Shift(CLS)

サイトの視覚要素安定性

ページの読み込み中に、コンテンツの配置がどれだけ安定しているかを示す指標です。要素が読み込まれる過程で予期しない移動が発生すると、ユーザーが意図しない操作をしてしまう可能性があります。

コアウェブバイタルの改善方法

ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるために、以下の指標の改善に取り組むことが重要です。これらの方法を組み合わせてウェブサイトのパフォーマンスを向上させることが求められています。

LCPの改善方法

Largest Contentful Paint(LCP)を改善するためには、以下のポイントに注意することが大切です。

コンテンツの最適化

大きな画像や動画などのコンテンツを最適化して、軽量化します。画像を適切な解像度に調整し、画像フォーマットを適切に選択することで、読み込み時間を短縮できます。

ブラウジングキャッシュの利用

ブラウザキャッシュを活用して、ユーザーが過去に訪れたページのコンテンツをキャッシュとして保存し、再読み込みを高速化します。

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)の活用

CDNを使用してコンテンツを効果的に配信することで、地理的な遠隔地にいるユーザーにも高速な読み込みを提供できます。

FIDの改善方法

First Input Delay(FID)を改善するためには、以下の方法が役立ちます。

JavaScriptの最適化

 ページの読み込み時に実行されるJavaScriptコードを最適化し、不要な処理を減らします。遅延の原因となる長時間のスクリプトの実行を避けることが重要です。

非同期処理の活用

JavaScriptコードを非同期で読み込むことで、ページの表示とユーザーのアクションの間に発生する遅延を軽減します。

サーバーのレスポンスタイムの最適化

サーバーからの応答時間を短縮するために、データベースクエリの最適化やキャッシュの使用を検討します。

CLSの改善方法

Cumulative Layout Shift(CLS)を改善するためには、以下のアプローチが有効です。

要素の予約済みスペース

画像や広告などの要素に対して、事前に予約済みのスペースを確保することで、要素の読み込み中の移動を防ぎます。

アニメーションの制御

アニメーションや動的なコンテンツがレイアウトに影響を与える場合、適切な制御を行って予測不可能な移動を防ぎます。

画像サイズの指定

画像要素に対して幅と高さを指定することで、画像の読み込みによるコンテンツのシフトを防ぎます。

まとめ

ウェブサイトの成功には、優れたユーザーエクスペリエンスが不可欠です。そのために、Googleが提唱する「コアウェブバイタル」という3つの重要な指標に焦点を当てて、ウェブサイトの品質を向上させることが重要です。「Largest Contentful Paint(LCP)」は、 ユーザーがコンテンツを見るまでの時間に関する指標であり、コンテンツの最適化やブラウザキャッシュの活用などで改善可能です。「First Input Delay(FID)」は、 ユーザーの最初のインタラクションに反応するまでの時間に関する指標であり、JavaScriptの最適化や非同期処理の使用が改善に役立ちます。また、「Cumulative Layout Shift(CLS)」は、 要素の移動によるページの安定性に関する指標です。要素の予約済みスペースの確保やアニメーションの制御などがCLSの改善に寄与します。これらの指標を最適化することで、サイトの読み込み速度、応答性、視覚的な安定性が向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上します。Googleはこれらの指標をランキングに組み込むことを計画しているため、ウェブ開発者はこれらのガイドラインに従ってウェブサイトを最適化することで、成功を促進することができるでしょう。

よくある質問

Q1:コアウェブバイタルとは何ですか?

A1:コアウェブバイタルは、ウェブサイトのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを評価するための3つの主要な指標です。Largest Contentful Paint(LCP)、First Input Delay(FID)、Cumulative Layout Shift(CLS)の3つの指標から構成され、読み込み速度、応答性、視覚的な安定性に関する情報を提供します。

Q2:なぜコアウェブバイタルの改善が重要ですか?

A2:コアウェブバイタルの改善は、ユーザーエクスペリエンスの向上に直結します。ウェブサイトの速度が遅いとユーザーは離脱しやすく、応答性が低いとユーザーの満足度が低下します。また、視覚的な安定性がないと意図しないクリックや操作が発生し、ユーザーのストレスが増加します。これらの要素はウェブサイトの成功に大きな影響を与えるため、改善が重要です。

Q3:コアウェブバイタルの改善方法は?

A3:各指標ごとに改善方法があります。LCPを改善するためにはコンテンツの最適化やブラウザキャッシュの活用、FIDを改善するためにはJavaScriptの最適化や非同期処理の使用、CLSを改善するためには要素の予約済みスペースの確保やアニメーションの制御などが有効です。これらの方法を組み合わせてウェブサイトのパフォーマンスを向上させることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ