Illustratorで画像を埋め込む方法!埋め込み配置とリンク配置の違い

画像の埋め込みと配置とは

llustratorで画像を挿入する際、通常2つの方法があります。一つは「埋め込み配置」、もう一つは「リンク配置」です。

埋め込み配置の2つのメリット

埋め込み配置には以下のメリットがあります。

  • ファイルの移動や共有時に画像が欠落するリスクが低いこと
  • プロジェクトの完全な独立性が保たれること

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

ファイルの移動や共有時に画像が欠落するリスクが低いこと

画像を埋め込むことで、Illustratorファイルに画像データが含まれるため、ファイルを移動させたり他の人と共有する際に画像が欠落するリスクが低くなります。外部ファイルへの依存性がないため、デザインの一貫性を保つのが容易です。

プロジェクトの完全な独立性が保たれること

埋め込み配置を使用することで、Illustratorファイルが外部リンクに依存しないため、プロジェクトの独立性が高まります。リンクされた画像が変更された場合でも、埋め込み配置ではその影響を受けず、デザインの安定性が保たれます。

埋め込み配置の2つのデメリット

埋め込み配置には以下のデメリットがあります。

  • ファイルサイズが大きくなる可能性があること
  • 画像を変更する際に元の画像ファイルが必要なこと

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

ファイルサイズが大きくなる可能性があること

画像を埋め込むと、Illustratorファイル自体のサイズが増加する可能性があります。特に高解像度の画像を埋め込む場合や、複数の画像を使用する場合には、ファイルサイズの増加に注意が必要です。

画像を変更する際に元の画像ファイルが必要なこと

埋め込み配置を使用すると、画像を変更する際には元の画像ファイルが必要になります。例えば、色調補正やサイズ変更を行いたい場合、埋め込まれた画像を直接編集することは難しく、元の画像ファイルを手元に保持しておく必要があります。

埋め込み配置の方法

Illustratorで画像を埋め込む手順を詳しく解説します。

埋め込み手順

  • Illustratorを開き、新規ドキュメントを作成します。
  • 「ファイル」メニューから「配置」を選択します。
  • 埋め込みたい画像ファイルを選択します。
  • 画像がカーソルにアタッチされ、Illustratorキャンバス上に表示されます。配置したい場所にクリックして画像を配置します。
  • 画像がキャンバス上に配置されると、埋め込みが完了します。

この手順に従うことで、画像をIllustratorファイルに埋め込むことができます。埋め込み配置の利点は、ファイルの移動や共有時に画像が欠落するリスクが低いことや、プロジェクトの独立性が保たれることです。

リンク配置とは

リンク配置は、ウェブページやドキュメント内で使用されるリンク(ハイパーリンク)の配置方法を指します。これにより、ユーザーが情報にアクセスする際にスムーズなナビゲーションが可能となります。

リンク配置の2つのメリット

埋め込み配置には以下のメリットがあります。

  • ファイルサイズが軽くなる可能性があること
  • 画像更新時に関連するファイルだけを変更すれば良い

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

ファイルサイズが軽くなる可能性があること

リンク配置を適切に行うことで、ページ内のコンテンツとリンク情報が分離されるため、各ページのファイルサイズが小さくなる可能性があります。これにより、ユーザーがページを開く際の読み込み時間短縮が期待されます。

画像更新時に関連するファイルだけを変更すれば良い

リンク配置を用いることで、例えば複数のページで同じ画像ファイルを使用している場合、画像を更新する際に関連するファイルだけを変更すれば済みます。これにより、コンテンツの保守や管理が容易になり、効率的な作業が可能となります。

リンク配置の2つのデメリット

リンク配置のメリットにはファイルサイズの軽量化と画像の容易な更新がありますが、以下に2つの主なデメリットがあります。

  • 画像へのリンク切れが発生する可能性があること
  • ファイルの移動や共有時にリンクが壊れるリスクがあること

それぞれのデメリットについて解説していきます。

画像へのリンク切れが発生する可能性があること

リンク配置では、外部の画像ファイルをリンクして使用します。しかし、リンク先の画像ファイルが削除されたり移動したりすると、Illustratorファイル内の画像へのリンクが切れてしまう可能性があります。これにより、画像が正しく表示されない場合が生じることがあります。

ファイルの移動や共有時にリンクが壊れるリスクがあること

リンク配置されたIllustratorファイルを別の場所に移動したり、他のユーザーと共有したりする際には、リンクされた画像ファイルの場所が変わる可能性があります。その結果、リンクが壊れて画像が正しく表示されない問題が発生するリスクがあります。このリスクを軽減するためには、画像ファイルとIllustratorファイルを同じフォルダにまとめて管理することが重要です。

リンク配置の方法

Illustratorで画像をリンク配置する手順を詳しく解説します。

リンク配置の手順

  • Illustratorを起動し、新規ドキュメントを作成します。
  • 「ファイル」メニューから「配置」を選択します。
  • リンクしたい画像ファイルを選択します。この際、同じフォルダに画像ファイルを置いておくとリンクがスムーズに行われます。
  • 画像がカーソルにアタッチされ、Illustratorキャンバス上に表示されます。配置したい場所にクリックして画像を配置します。
  • 画像がキャンバス上に配置され、リンクが完了します。

この手順に従うことで、外部の画像ファイルをIllustratorファイルにリンク配置することができます。しかし、リンクされた画像ファイルを移動する際や共有する際には、リンク切れに注意が必要です。

まとめ

この記事では、Illustratorで画像を埋め込む方法とリンク配置の違いについて詳しく解説しました。どちらの方法も一長一短があり、プロジェクトの要件や状況に応じて選択することが重要です。埋め込み配置は、画像ファイルをIllustratorファイル内に組み込む方法です。画像の欠落リスクは低いですが、ファイルサイズが大きくなる可能性があります。一方、リンク配置は外部の画像ファイルをリンクさせる方法で、ファイルサイズを軽く保ちつつ画像の更新が容易ですが、リンク切れのリスクがあります。プロジェクトのニーズに応じて、埋め込み配置かリンク配置かを選ぶ際には、それぞれのメリットとデメリットを考慮して適切な方法を選びましょう。

よくある質問

Q1:埋め込み配置とリンク配置、どちらを選べば良いですか?

A1:プロジェクトのニーズによります。画像の完全な独立性が必要なら埋め込み配置、ファイルサイズを軽く保ちつつ画像を更新したいならリンク配置を選ぶことが適切です。

Q2:リンク切れを防ぐ方法はありますか?

A2:リンク切れを防ぐためには、画像ファイルとIllustratorファイルを同じフォルダにまとめて管理することが重要です。また、ファイルを移動する際にはリンクを再設定する必要があることに注意しましょう。

Q3:画像を頻繁に変更する場合、どちらの配置方法が適していますか?

A3:画像の変更が頻繁な場合は、リンク配置が適しています。外部の画像ファイルを差し替えるだけで更新が可能です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ