CSSでfont-family(フォントファミリー)の正しい(書き方)指定方法について解説

CSSとは?

ウェブデザインの世界は、日々進化しており、新しいテクノロジーやツールが登場することで、より美しく、効果的なウェブサイトの制作が可能となっています。その中で注目されるのが、CSSです。CSSは、Cascading Style Sheetsの略称で、新しいアプローチを用いたウェブデザインの手法であり、これまでの方法とは異なる魅力的な特徴を持っています。シンプルな構文とパワフルな機能を組み合わせ、効率的なウェブデザインプロセスをサポートします。

CSSの特長と利点

インタラクティブなアニメーション

CSSは、豊富なアニメーションエフェクトを提供します。これにより、ユーザー体験を向上させるための洗練されたアニメーションを簡単に実装することができ、適切なアニメーションは、ウェブサイトの魅力を高める要素となります。

コンポーネントベースのデザイン

CSSは、コンポーネントベースのデザイン手法をサポートします。再利用可能なデザイン要素を効果的に管理し、効率的なプロジェクト開発が可能となります。また、保守性も向上し、大規模なプロジェクトでも柔軟に対応できます。

ダークモードへの対応

近年、ダークモードがウェブデザインの重要な要素となっています。CSSは、ダークモードへの簡単な切り替えをサポートし、ユーザーに快適な閲覧環境を提供します。

カスタムプロパティの活用

CSSでは、カスタムプロパティ(カスタム変数)の活用が強化されています。これにより、スタイルの変更や調整が容易になり、デザインの柔軟性が向上します。

font-family(フォントファミリー)とは?

プロパティの説明

font-familyプロパティは、テキスト要素に対して適用され、使用するフォントファミリーを指定します。フォントファミリーとは、異なるスタイルやウェイト(太さ)のフォントをまとめて指すグループです。このプロパティを使用することで、特定のフォントを優先的に適用し、フォールバックオプションも設定することができます。

書き方(指定方法)

フォントファミリー名には、具体的なフォントの名前やジェネリックフォント名を指定します。複数のフォントファミリーを指定する場合、カンマで区切ります。ブラウザが指定したフォントを見つけられない場合、フォールバックのフォントが使用されます。

font-familyの役割

適切なフォントファミリーの選択は、ウェブサイトの雰囲気や読みやすさに大きな影響を与えます。例えば、セリフフォントはフォーマルな印象を与え、サンセリフフォントはモダンでシンプルな印象を与えることがあります。また、フォントのウェイトやスタイルも指定することで、テキストの強調や階層感を調整することができます。

font-familyの使い方

テキストのフォントは、ウェブデザインにおいて重要な役割を果たします。font-familyプロパティを使うことで、どのようにテキストが表示されるかをカスタマイズすることができます。ここでは、font-familyの使い方について詳しく見ていきましょう。

総称フォントファミリー

font-familyプロパティでは、まず総称フォントファミリーを指定します。総称フォントファミリーは、特定のスタイルやデザインのフォントをグループ化したもので、ブラウザが利用可能なフォントから選択します。以下は、いくつかの総称フォントファミリーの例です。

serif:セリフフォント
Sans-serif:サンセリフフォント
monospace:モノスペースフォント
cursive:手書き風フォント
fantasy:ファンシーフォント

複数指定

複数のフォントファミリーを指定することで、ブラウザが順番に利用可能なフォントを探し、最適なものを選択します。例えば、カンマで区切ってコードを書けば、複数指定はできます。

配置

font-familyプロパティは、テキストのスタイルを指定する際にfontプロパティとともに使用します。

英語が先、日本語が後

多くのウェブサイトでは、英語と日本語のテキストが混在します。英語と日本語のフォントの違いを考慮して、font-familyプロパティを使って両方の言語を適切に表示することが重要です。通常、英語フォントを先に指定し、それから日本語フォントを指定することで、適切なフォントが選ばれます。

font-familyの(書き方)指定方法

テキストのフォントは、ウェブデザインにおいて重要な要素であり、font-familyプロパティを使用してフォントを指定する方法は、ウェブサイトの外観と印象を大きく変える重要なステップです。ここでは、font-familyの(書き方)指定方法について詳しく解説します。

どこに指定するべきか

font-familyプロパティは、CSSファイル内でテキストスタイルを定義する際に使用されます。具体的には、セレクタ(要素やクラス)とともに指定されます。

p { 

font-family: Arial, sans-serif; 

}

例えば、以上の場合、pセレクタのテキストが「Arial」またはセリフフォントなどのフォールバックオプションで表示されるように指定されています。

指定できる値

font-familyプロパティに指定できる値は、特定のフォントファミリー名や総称フォントファミリーの名前です。例えば、以下のようになります。この例では、「Helvetica Neue」が利用可能な場合はそれが優先的に使用され、それ以外の場合には「Arial」やサンセリフフォントが使用されます。

h1 { 

font-family: “Helvetica Neue”, Arial, sans-serif; 

}

プロパティの基本書式

font-familyプロパティは、基本的には以下のような書式で指定します。

selector {

 font-family: フォントファミリー名, フォールバックのフォント; 

}

google fontの使い方

Google Fontは、ウェブフォントの提供を行っているサービスであり、多くの種類のフォントを無料で利用することができます。Google Fontを使用するには、ウェブページのヘッダー内にリンクを追加し、link要素を使用してフォントを読み込む必要があります。以下は、基本的なGoogle Fontの使い方です。

<head> 

 <link rel=”stylesheet” href=”https://fonts.googleapis.com/css2?family=Font+Name”> 

</head>

まとめ

CSSは、新しいウェブデザインの時代を拓く革新的なツールです。豊富なアニメーション、コンポーネントベースのデザイン、ダークモード対応など、多彩な特長がウェブデザインのクオリティと効率を向上させます。CSSでfont-familyを使いこなすことで、魅力的でモダンなウェブサイトを制作する一歩を踏み出しましょう。

よくある質問

Q1:font-familyの指定方法はどのように行われますか?

A1:font-familyプロパティは、CSS内でテキストスタイルを定義する際に使用されます。セレクタとともに指定し、フォントファミリー名をカンマで区切って指定します。

Q2:複数のフォントを指定する際、どのような順番で指定するべきですか?

A2:複数のフォントを指定する場合、先に優先的に使用したいフォントファミリーを指定し、その後にフォールバックのフォントを指定します。ブラウザは順番に利用可能なフォントを検索して表示します。

Q3:総称フォントファミリーとは何ですか?

A3:総称フォントファミリーは、特定のスタイルやデザインのフォントをまとめて指す名前です。例えば、serifはセリフフォント、sans-serifはサンセリフフォントを指します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ