Photoshopで写真加工をするときに知っておくべき基本手順について解説

Photoshopとは?

Photoshop(フォトショップ)は、アドビシステムズが開発した画像編集ソフトウェアです。主に写真やイラストの加工、修正、合成、デザインなどの作業に利用されます。グラフィックデザイン業界や写真家、アーティスト、ウェブデザイナーなど、さまざまな分野で広く使用されています。

Photoshopでできること

Photoshopは多岐にわたる機能を提供しており、例えば、「写真の修正やリタッチ」「画像の合成やレタッチ」「イラストやアートワークの制作」「テキストのデザインや編集」「ウェブ用の画像やバナーの作成」「3Dモデルの編集やテクスチャリング」「印刷物デザインの制作(ポスターやチラシなど)」「イメージの調整や色補正」といったことがPhotoshopを用いることで可能となります。

Illustratorとの違い

Illustratorもアドビシステムズが提供するソフトウェアで、ベクターグラフィックスを作成・編集するためのツールです。Photoshopは主にラスターグラフィックス(ピクセルベース)の編集に特化していますが、Illustratorはベクターグラフィックス(数学的なパスや図形)を扱うことが得意です。また、Photoshopは写真の修正や合成、デジタルペインティングなどに向いています。一方、Illustratorはロゴ、アイコン、図形、文字のデザインに適しています。その他、Photoshopはピクセル単位で作業を行うため、拡大しても画像がぼやけることがありますが、Illustratorのベクターグラフィックスは拡大してもクリスプなまま保たれます。Illustratorではテキストや形状を簡単に編集・変形できるため、デザインの柔軟性が高いですが、複雑な写真の編集やリアルなペインティングはPhotoshopが得意です。

Photoshopのメリット

Photoshop(フォトショップ)の利点には以下のようなものがあります

画像編集機能が充実

Photoshopは高度な画像編集機能を提供しており、写真やイラストの修正、合成、加工が簡単に行えます。色補正、トーン調整、リタッチなど、幅広い編集作業に対応しています。

パターンオーバーレイやエンボスなどの加工機能が多く、複雑なデザインがしやすい

Photoshopには多彩な加工機能が備わっており、テキストや形状に対してパターンオーバーレイ、エンボス、影の付与などを行うことができます。これにより、洗練された効果や複雑なデザインを容易に作成することが可能です。

Illustratorとの互換性が高い

PhotoshopとIllustratorは、アドビのクリエイティブスイートに属しており、相互に連携しやすい特徴があります。Illustratorで作成したベクターグラフィックスをPhotoshopに取り込んで編集することができるため、異なるソフトウェア間での作業がスムーズに行えます。

Photoshopのデメリット

Photoshopの欠点には以下のようなものがあります。

月額制であること

Photoshopは一度購入するだけでなく、定期的な支払いが必要なため、予算の制約がある場合には負担となることがあります。

使用したブラシの特定が出来ない

Photoshopでは複数のブラシを使用することが一般的ですが、特定のプロジェクトで使用したブラシを後から特定しにくいという問題があります。ブラシの整理や管理が難しいことがあります。

アップデートしたらブラシが消える

Photoshopのアップデートを行うと、一部のユーザーがカスタムしたブラシや設定がリセットされてしまうという報告があります。アップデートによって重要なデータや設定が失われる可能性があるため、注意が必要です。

PSDが重すぎる

大きなプロジェクトを保存するためのPhotoshopのファイル形式であるPSDは、時に非常に重くなることがあります。大量のレイヤーや高解像度の画像を含むと、ファイルの操作や保存が遅くなることがあります。

SVGで書き出し出来ない

SVG(Scalable Vector Graphics)は、ベクターグラフィックスのフォーマットであり、ウェブやプリントなどさまざまな用途で利用されますが、Photoshopでは直接SVG形式で書き出すことができないため、別のソフトウェアが必要となることがあります。

使いこなすのに時間がかかる

Photoshopは高度な機能を多く備えているため、初めて利用する場合や基本的な操作に慣れるまで時間がかかることがあります。学習コストが比較的高いとされることがあります。

Photoshopで初めて写真加工をするときに知っておくべき基本手順まとめ

これらの基本手順を覚えることで、初めてPhotoshopで写真加工をする際にスムーズに作業を進めることができます。加えて、レイヤーの使い方や各種ツールの機能を学びながら、より高度な加工技術を磨いていくことができます。

レイヤーを複製する

画像を開いたら、「レイヤー」パネルを表示します。その後、レイヤーを右クリックして、「レイヤーを複製」を選択します。複製したレイヤーが作成され、編集を行う際に元のレイヤーが保護されます。

サイズ・画角を調整する

「イメージ」メニューから「画像サイズ」を選択します。その後、幅や高さ、解像度を調整して、必要なサイズに画像を変更します。画像を必要な範囲でトリミングすることで、望む画角を得ることができます。

明るさを調整する

「レイヤー」パネルで編集したいレイヤーを選択します。その後、「画像調整」メニューから「明るさ/コントラスト」または「レベル」を選びます。各調整スライダーを動かして、明るさを調整します。プレビューを確認しながら調整しましょう。

色みを調整する

「レイヤー」パネルで編集したいレイヤーを選択します。その後、「画像調整」メニューから「色相/彩度」または「カラーバランス」を選びます。各スライダーを調整して、画像の色みを微調整します。目的に応じて色合いを変えることができます。

まとめ

ここでは、Photoshopを使用して初めて写真加工を行う際に知っておくべき基本情報と、基本手順をまとめました。これらの基本手順を覚えて、Photoshopを使った写真加工の基礎を身につけることができます。Photoshopの機能やツールを学びながら、より高度な編集技術を磨いて、クリエイティブな作品を生み出していきましょう。

よくある質問

Q1: Photoshopとは何ですか?

A1: Photoshopは、アドビシステムズが開発した画像編集ソフトウェアです。写真の修正や合成、デザイン作業などに利用されます。

Q2: Photoshopの価格はどのくらいですか?

A2: PhotoshopはAdobe Creative Cloudの一部として提供されており、月額料金がかかります。詳細な価格情報はAdobeの公式ウェブサイトで確認できます。

Q3: Photoshopの使い方を学ぶにはどうすればいいですか?

A3: Adobeの公式ウェブサイトにはチュートリアルやドキュメンテーションがあります。また、オンラインで利用可能な学習リソースやコースも多数あります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ