オウンドメディアのドメインの選び方を解説

オウンドメディアのドメインの種類

独自ドメインとサブドメインは、オウンドメディアを構築する際に異なるオプションとして考えられます。どちらを選ぶかは、ブランドの戦略やコンテンツの構成に応じて検討されるべきです。

独自ドメイン

独自ドメインは、オウンドメディアを運営する際に利用される一般的なドメインの一つです。これは、独自のウェブアドレスを持つことができるため、ブランドの認知度を高めるのに役立ちます。例えば、「www.yourbrand.com」という独自ドメインを使用してコンテンツを提供することができます。

サブドメイン

サブドメインもまた、オウンドメディアを運営する際に使用されるドメインの形式です。サブドメインは、既存の独自ドメインの下に作成されるもので、別のセクションやテーマのコンテンツを提供するのに役立ちます。例えば、ブログコンテンツを「blog.yourbrand.com」といったサブドメインで提供することができます。

独自ドメインのメリット

独自ドメインの使用には信頼性の向上や長期的なSEO戦略の強化など、多くのメリットが存在します。ブランドの成長とオンラインプレゼンスの強化を考える際に、独自ドメインは重要な要素となります。

信頼を得やすい

独自ドメインを使用することには、信頼を得る上での重要なメリットがあります。独自のウェブアドレスを持つことで、訪問者はあなたのブランドやビジネスに対してより信頼を感じることができます。一般的な無料ドメインやサブドメインよりも、独自のドメインはプロフェッショナルなイメージを醸成し、信頼性を高める一因となります。

長期的なSEO対策に有利

独自ドメインは、長期的なSEO(検索エンジン最適化)戦略において有利です。検索エンジンは、独自ドメインを持つウェブサイトをしばしば高く評価し、より良いランキングを付与する傾向があります。適切なキーワードを含んだドメイン名や、関連性の高いコンテンツを提供することで、独自ドメインは検索エンジン上での見つけやすさを向上させ、持続的なオーガニックトラフィックを確保するのに役立ちます。

サブドメインのメリット

サブドメインの使用にはブランディング効果の向上やコスト効率の向上など、重要なメリットが存在します。特に、多様なコンテンツを提供しつつリソースを最適に活用したい場合に、サブドメインは有力な選択肢となります。

ブランディング効果がある

サブドメインを使用することには、ブランディングに関する重要なメリットがあります。メインドメインの下に設定されるサブドメインは、親ドメインとの一貫性を保ちつつ、異なるコンテンツやセクションを提供することができます。これにより、ブランドの統一感を保ちつつ、異なるテーマやニッチに対応することができるため、ブランディング効果を高める効果があります。

コストを抑えながら複数のオウンドメディアを構築できる

サブドメインは、コスト効率を保ちながら複数のオウンドメディアを運営する際に有用です。1つの独自ドメインを取得するのに比べて、サブドメインは比較的低コストで設定することができます。これにより、異なるテーマやプロジェクトに対して独立したウェブプレゼンスを持ちながら、全体の運用コストを抑えることができます。

独自ドメインは新規と既存どちらを使うべきか

既存ドメインを使う

既存のドメインを使用することについても、いくつかの利点があります。

オーガニックトラフィックを持っている可能性がある

まず、既存のドメインは既に検索エンジンにインデックスされており、一定のオーガニックトラフィックを持っている可能性があります。これにより、新しいコンテンツを早くから多くの人に届けることができます。

ブランドの一部として認知されている可能性がある

既存のドメインはすでにブランドの一部として認知されているかもしれません。そのため、ブランドの統一感を保ちつつ新しいコンテンツを提供することができ、既存のオーディエンスに対しても新たな価値を提供することができます。

SEO観点

さらに、SEOの観点からも既存ドメインを使用することは有利です。既存のドメインが持つドメインオーソリティやバックリンクが新しいコンテンツのランキング向上に役立つ可能性があります。

既存ドメイン私用の注意点

ただし、既存のドメインを使用する際には注意が必要です。過去のコンテンツやリダイレクトの設定に注意を払い、新しいコンテンツが既存のブランドと調和するように配慮することが重要です。ただし、総じて、既存ドメインを使用することで早期から利益を得ることができ、ブランドの統一感やSEO効果を最大限に活用することができるでしょう。

まとめ

オウンドメディアのドメインには、独自ドメインとサブドメインの2つの種類があります。それぞれの選択肢には以下のような特徴があります。独自ドメインには、「ブランドの信頼性とプロフェッショナルなイメージを高める効果」「長期的なSEO戦略に有利で、検索エンジンランキングを向上させる可能性」といったメリットが存在します。また、サブドメインについても「ブランディング効果を高め、異なるテーマやニッチに対応する際に有用であること」「複数のオウンドメディアを低コストで構築し、効率的に運営することができる」といったメリットが存在します。既存ドメインと新規ドメインのどちらを使うかについては、デメリットも存在しますが、既存ドメインの使用をお勧めしています。ただし、これらの点に正解は無く、会社の現状や方針に合わせて選択する事が重要です。今回の記事の内容が、それらの正しい選択のヒントになれれば幸いです。

よくある質問

Q: オウンドメディアとは何ですか?

A: オウンドメディアは、自社のウェブサイトやブログなどを通じて、自社のブランドや情報を発信するメディアのことを指します。これにより、コンテンツ制作や情報発信を通じて、ターゲットオーディエンスとの関係を築き、ブランドの認知度向上や顧客の獲得を図ることができます。

Q: 独自ドメインとサブドメインの違いは何ですか?

A: 独自ドメインは、独自のウェブアドレスを持つため、例えば「www.yourbrand.com」といった形式です。一方、サブドメインは既存の独自ドメインの下に作成され、例えば「blog.yourbrand.com」といった形式です。サブドメインは異なるテーマやセクションに対応する際に使用され、独自ドメインよりも低コストで複数のオウンドメディアを運営するのに適しています。

Q: 独自ドメインとサブドメイン、どちらを選ぶべきですか?

A: どちらを選ぶかは、ブランドの戦略や目標によります。独自ドメインはブランドの信頼性向上や長期的なSEO効果に有利ですが、コストがかかる場合があります。一方、サブドメインは複数のコンテンツを低コストで提供し、ブランディング効果を高めるのに適しています。選択肢を検討する際には、自社のニーズやリソースを考慮して判断しましょう。

Q: オウンドメディアの運営に必要なスキルは何ですか?

A: オウンドメディアの運営にはコンテンツ制作や編集、SEO対策、ウェブデザインなどのスキルが必要です。また、ターゲットオーディエンスの理解やマーケティング戦略の策定も重要です。必要なスキルは運営内容により異なるため、チームメンバーのスキルセットを活用するか、外部の専門家を活用することも考えましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ