Webサイト発注で失敗しないために!事前準備のポイントから制作会社の選び方

Web制作(ホームページ制作)とは

Web制作(ホームページ制作)とは、インターネット上で閲覧可能なウェブページをデザイン、開発するプロセスのことを指します。これは、企業、個人、団体などが自身や事業をオンラインで宣伝、情報提供するためのウェブサイトを作成する活動です。ウェブ制作は、デザイン、コーディング、コンテンツ制作、ユーザーエクスペリエンスの向上など、さまざまな要素を組み合わせて行われます。

ホームページ制作社に依頼するメリット

ホームページ制作会社にウェブ制作を依頼することには、以下のようなメリットがあります。

クオリティが高いWebサイトを作ることができる

ホームページ制作会社は専門知識と経験を持ったプロフェッショナルが多く在籍しており、高品質なウェブサイトを制作することができます。ユーザーに魅力的で使いやすいデザインを提供し、サイト全体の機能やパフォーマンスも最適化された状態で提供されます。

セキュリティ面で安心できる

ホームページ制作会社はセキュリティに関する専門知識を持ち、ウェブサイトのセキュリティ対策を徹底的に行います。これにより、ユーザーの個人情報や重要なデータが安全に管理され、悪意のある攻撃から守られることが保証されます。

本来の業務に集中できる

ウェブ制作には多くの時間と労力が必要ですが、ホームページ制作会社に依頼することで、企業や個人は本来の業務に集中することができます。ウェブ制作の専門家に任せることで、効率的にウェブサイトを完成させることができます。

スケジュール通りに制作できる

ホームページ制作会社はプロジェクト管理の専門家が在籍しており、スケジュールを遵守してウェブサイト制作を進行させることができます。納期を守りつつ、クオリティの高いウェブサイトを効率的に完成させることが可能です。

ホームページ制作会社に依頼するデメリット

ホームページ制作会社に依頼する際のデメリットには、以下のような点があります。

制作費がかかる

ホームページ制作会社にウェブ制作を依頼する場合、プロフェッショナルなサービスや専門知識を提供してもらうため、制作費用がかかることがあります。特に、カスタムデザインや高度な機能を備えたウェブサイトの場合、費用が高額になる可能性があります。

すぐに更新できるというわけではない

ウェブサイト制作が完了した後も、コンテンツの更新や変更を行いたい場合があります。しかし、ホームページ制作会社に依頼した場合、コンテンツの更新に関しては制作会社との調整や連絡が必要となります。そのため、即座に更新を行うことが難しいことがあります。

Web制作(ホームページ制作)で失敗しないための事前準備

Webサイトの目的・ゴールを設定

まず最初に、ウェブサイトの目的とゴールを明確に設定することが必要です。ウェブサイトがどのような目的で作成されるのか、どのような結果を得たいのかを明確にすることで、制作の方向性やコンテンツの選定がスムーズになります。例えば、商品の販売促進、情報提供、ブランドの強化など、具体的な目標を定めましょう。

Webサイトのターゲットを設定する

ウェブサイトを訪れるユーザー層を明確にし、ターゲットを設定することも重要です。どのような人々にウェブサイトを提供するのか、そのニーズや関心を理解することで、効果的なコンテンツやデザインを提供することができます。ターゲット層の特性を把握し、そのニーズに合ったウェブサイトを制作しましょう。

RFPを作成する

ホームページ制作を外部の制作会社に委託する場合、RFP(提案依頼書)を作成することが重要です。RFPには、ウェブサイトの目的や要件、デザインの方向性、予算、納期などを詳細に記載します。これにより、制作会社に対して明確な指針を提供し、希望するウェブサイトを正確に理解してもらうことができます。正確なRFPの作成は、制作プロセスの円滑な進行に役立ちます。

Web制作会社の選び方!確認すべきポイント

Web制作会社を選ぶ際には、以下のポイントを確認することが重要です。

どんな制作実績があるかを確認する

過去の制作実績を確認することで、その会社のクオリティやスタイルを理解することができます。ウェブサイトのデザイン、機能、ユーザーエクスペリエンスなど、自身の希望に合致する制作実績があるかどうかを確認しましょう。ポートフォリオを通じて、会社の能力と専門知識を評価することができます。

概算の見積もりや納期を確認する

ウェブ制作には費用や納期が関わってきますので、事前に概算の見積もりを取得することが大切です。どの程度の費用がかかるのか、制作にどのくらいの時間がかかるのかを明確に理解し、予算やスケジュールに合致するか確認しましょう。納期に関する調整も事前に確認しておくことが重要です。

対面での打ち合わせが可能かを確認する

コミュニケーションはウェブ制作の成功に欠かせません。対面での打ち合わせが可能かどうかを確認しましょう。直接会って要件や希望を伝えることで、クリアなコミュニケーションが取れます。また、会社のスタッフと信頼関係を築くことも大切です。

まとめ

Web制作会社に依頼する際には、慎重な準備と選定が必要です。本記事で紹介した事前準備(Webサイトの目的・ゴールを設定する、Webサイトのターゲットを設定する、RFPを作成する)を怠らず、また、制作会社選定にあたっては制作実績やコミュニケーション方法等を確認し、複数社に概算の見積をもらって提案内容を比較することで、より自社や今回のプロジェクトに最適なWeb制作会社を選ぶことができるでしょう。

よくある質問

Q: Web制作とは何ですか?

A: Web制作とは、インターネット上で閲覧可能なウェブページをデザイン・開発するプロセスです。企業や個人が自身や事業をオンラインで宣伝・情報提供するためにウェブサイトを作成する活動です。

Q: Web制作を外部の会社に依頼するメリットは何ですか?

A: ホームページ制作会社に依頼することで、高品質なウェブサイトやセキュリティ対策の実施、専門的なデザインや機能の提供が期待できます。また、本来の業務に集中できたり、スケジュール通りに制作が進む利点もあります。

Q: Webサイトの制作費用はどのくらいかかりますか?

A: 制作費用はウェブサイトの規模や機能、デザインなどによって異なります。カスタムデザインや高度な機能を含む場合は費用が高くなる傾向があります。事前にホームページ制作会社と相談し、概算の見積もりを取得することが重要です。

Q: ウェブサイトの更新はどのくらいの頻度で行うべきですか?

A: ウェブサイトの更新頻度は目的やコンテンツによって異なります。一般的には定期的な更新が望ましいですが、最新情報の提供やコンテンツの質を維持するため、適切な頻度で更新を行うことが重要です。本記事でも述べたように、Webサイト制作を外部の制作会社に委託すると、自分が思うような簡単にサイトの更新ができなくなる可能性があります。サイト制作を外部に委託する際は、更新時の対応についても事前に確認しておくとよいでしょう。

Q: Web制作会社の選び方に注意すべきポイントは?

A: 制作実績の確認や見積もり、対面打ち合わせの可否など、事前にしっかりと確認することが大切です。信頼性のある会社であるか、自身のニーズに合致するかを検討し、選び方に注意を払いましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ