Amazonの配送の自動化とは?メリットや注意点、設定方法について解説

Amazonの配送の自動化とは?

Amazonの配送の自動化とは、出品者が商品の発送と配送に関する設定を効率的に行うための仕組みです。この自動化機能を利用することで、出品者は以下の重要な要素を簡単に設定できます。

配送地域の設定出品者は、商品をどの地域に発送するかを指定できます。これにより、国内や国際の発送先を柔軟に選択できます。
配送所要日数の設定商品が発送されてから到着までの所要日数を設定できます。これは顧客にとって重要で、正確な配送日数を提供することで信頼性を高めます。

この配送設定の自動化に関して、Amazonは以下のように説明しています。

Amazonでは、出品者が利用する配送会社が提供する正確な配送所要日数を考慮し、発送元の住所から購入者の所在地までの配送所要日数を自動的に算出します。つまり、出品者は一度設定を行えば、後はAmazonが購入者への到着日数(配送所要日数)を自動的に計算します。これにより、出品者は手動で配送パターンを管理する手間を省くことができます。

また、この自動化機能を利用することで、常に最新の配送所要日数が反映されるため、出品者は迅速な配送を確保しやすくなります。ただし、配送設定の自動化は「FBA出荷」では使用できないことに注意してください。

この機能を通じて、出品者は効率的に配送を管理し、顧客に迅速かつ正確なサービスを提供することが可能です。

引用:amazon seller central

配送自動化のメリット

配送所要日数が正確に最短で計算される

配送所要日数が正確に最短で計算されるという点は、Amazon配送自動化の最大の利点の一つです。これは出品者と購入者の両方に多くの利益をもたらします。

出品者にとって、毎回正確な配送所要日数を計算し提供することは、非常に手間がかかります。なぜなら、商品を発送する地域によって配送所要日数が異なるためです。例えば、東京から茨城への発送と、北海道への発送では到着までの日数が異なります。国内各地に商品を発送する場合、それぞれの地域ごとに配送所要日数を計算するのは煩雑で時間がかかります。

しかし、Amazonの配送自動化を利用すると、この手間を省くことができます。システムが出品者が利用する配送会社の提供する正確な配送所要日数を考慮し、購入者の住所までの到着日数を自動的に算出します。これにより、出品者は正確な情報を提供しやすくなり、購入者にとっても商品がいつ届くかを迅速に把握できます。購入者は手元に商品が早く届くため、顧客満足度が向上し、出品者にとっても信頼性が高まります。

配送所要日数の計算が不要

配送所要日数の計算が不要というのは、Amazonの配送自動化の大きな利点です。出品者は、配送所要日数を手動で計算する手間をかける必要がありません。

Amazonは、配送会社から提供された正確な配送能力に基づいて、配送所要日数を自動的に計算します。これは異なる配送地域ごとに適切な日数を設定するため、出品者が全国各地に商品を販売する場合でも非常に便利です。出品者は、個別の計算や設定を行う手間を省くことができます。

さらに、この自動化により、配送パフォーマンスの追跡や監視の必要もありません。配送予定日よりも正確な情報が提供されるため、出品者と購入者の両方にとって利点があります。結果として、出品者は手間を減らし、より効率的にビジネスを運営でき、購入者は迅速で正確な配送を享受できます。この自動化機能により、ビジネスの運営がスムーズになり、顧客満足度が向上するでしょう。

転換率の向上

配送設定の自動化を実施することで、商品の配送所要日数が短縮されるケースが生じます。Amazonの利用者の中には、「早く商品を受け取りたい!」という希望を抱く人が多くいます。そのため、商品の迅速な配送が可能となり、購買意欲を高めることができます。この効果により、転換率(購買率)が向上する可能性が高まります。

Amazonでは、顧客が商品を購入する際に、配送所要日数を考慮することが一般的です。商品が素早く到着することで、購買者は良いショッピング体験を享受し、再度Amazonでの購買を検討しやすくなります。したがって、配送設定の自動化は出品者にとって転換率を向上させ、ビジネスの成果を向上させる重要な要素となります。

配送設定の自動化の設定方法

1.セラーセントラルの右上にある設定から配送設定をクリック

引用:Amazonセラーセントラル

2.新しい配送パターンを作成をクリック

引用:Amazonセラーセントラル

3.配送パターン名を入力し、配送料として個数・重量制または購入金額制のいずれかを選択

引用:Amazonセラーセントラル

4.既存の配送パターンを選択し、画面の右側にある配送パターンを編集をクリック

引用:Amazonセラーセントラル

5.トグルボタンをクリックして、配送設定の自動化を有効にする

引用:Amazonセラーセントラル

6.発送元住所を選択し、次へをクリック

引用:Amazonセラーセントラル

7.「出品者出荷(プライム以外)の配送設定の自動化を希望します」を選択し、次へをクリック

引用:Amazonセラーセントラル

8.使用する配送会社および配送サービスを選択

引用:Amazonセラーセントラル

9.通常配送の配送地域を管理するには、地域の設定セクションで編集をクリックし、配送地域を指定

引用:Amazonセラーセントラル

10.確認画面が出るので問題がなければ確定をクリック

引用:Amazonセラーセントラル

以上が手順となります。

注意点

Amazonの配送設定の自動化を活用する際には、以下の3つの重要な注意点に留意することが大切です。

正確な情報提供

配送設定の自動化を利用する場合でも、正確な情報提供は欠かせません。出品者は商品の発送元や商品の性質などを正確に入力し、システムが正しい配送所要日数を計算できるようにする必要があります。誤った情報が入力されると、配送日数が適切に計算されず、顧客へのサービスに影響が出る可能性があります。

追加の手動調整

自動化された配送設定が完璧でない場合、特定のケースにおいて手動で調整が必要なことがあります。例えば、特別なプロモーションや休日セールの際には、配送所要日数を手動で調整して迅速な配送を提供する必要があるかもしれません。自動化は助けになりますが、柔軟性を持って対応することも重要です。

システムの監視と更新

Amazonのシステムは常に変化する可能性があります。出品者はシステムの変更やアップデートを定期的に監視し、必要に応じて設定を更新することが必要です。また、配送所要日数が変更された場合や新しい配送オプションが追加された場合、これらの情報を迅速に反映させる必要があります。システムを適切に管理することで、ユーザーエクスペリエンスを最適化できます。

まとめ

Amazonの配送設定の自動化は、出品者にとって効率的なビジネス運営を支援する重要なツールです。このシステムを適切に活用することで、以下のポイントをまとめます。

  1. 正確な配送所要日数の提供: 自動化により、正確な配送所要日数が提供され、顧客に信頼性の高いサービスを提供できます。
  2. 手動計算の軽減: 出品者は手動での配送所要日数の計算や設定をせずに済み、業務効率が向上します。
  3. 転換率向上: 迅速な配送により、購買意欲が高まり、転換率が向上する可能性があります。
  4. 注意点への留意: 正確な情報提供、手動調整の柔軟性、システムの監視と更新が必要です。

Amazonの配送自動化は、出品者にとって競争力を高め、顧客に優れたショッピング体験を提供する手段として価値があります。出品者はこのツールを適切に活用し、ビジネスの成功に向けて努力することが重要です。

よくある質問

Q:配送設定の自動化はどのように機能しますか?

A:配送設定の自動化は、Amazonが提供するシステムによって、出品者が指定した条件や商品の性質に基づいて、正確な配送所要日数を自動的に計算します。これにより、出品者は手動で日数を設定する手間を省き、購入者に対して迅速で信頼性の高い配送を提供することが可能となります。

Q:配送所要日数が間違って計算された場合、どのように対処すべきですか?

A:配送所要日数が誤って計算された場合、出品者は手動で設定を修正することができます。Amazonのセラーセントラルで設定を確認し、必要に応じて正しい情報を入力してください。また、システムの監視を怠らず、変更やアップデートにも注意を払うことが重要です。

Q:配送自動化を利用する際に注意すべきポイントはありますか?

A:はい、注意すべきポイントがあります。まず、正確な情報提供が必要です。出品者は商品の発送元や性質を正確に入力する必要があります。また、自動化に頼りすぎず、特別なケースやプロモーション時に手動で調整する柔軟性を持つことが大切です。最後に、システムの変更やアップデートを定期的に監視し、必要な更新を行うことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ