Photoshopで画像加工を行う時に注意すべきポイント

Photoshopの基本的な加工手順

Photoshopを使用して効果的な画像加工を行うためには、以下の基本的な手順を確実に守ることが大切です。

画像の解像度とフォーマットを選ぶ

適切な解像度とフォーマットを選ぶことは重要です。ウェブ用途ならJPEGが一般的ですが、透明部分を含む場合はPNGも検討します。また、高解像度すぎると読み込みに時間がかかるため、用途に合わせて選びます。

カラーコレクションとトーン補正

画像の雰囲気を決定するために、適切なカラーコレクションを選びましょう。また、トーン補正を使用して明るさやコントラストを調整し、画像全体のバランスを取ることが重要です。

レタッチと修復作業

画像内の不要な要素や傷を修復するためにレタッチツールを活用しましょう。クローンスタンプやパッチツールを使用して、綺麗な仕上がりを実現します。ただし、過度な修復は自然さを損ねる可能性があるため注意が必要です。

レイヤーとマスクの活用

レイヤーとマスクを駆使して、非破壊的な編集を行いましょう。調整レイヤーを使用して色調や明暗を調整すれば、後からでも編集可能です。マスクを活用して特定の部分だけ効果を加えることも重要です。

テキストやオーバーレイの追加

画像にテキストやオーバーレイを追加することで、情報を補完したり特定のメッセージを伝えたりできます。フォントや配置にも注意し、視覚的に魅力的なデザインを考えましょう。

最適な保存と共有

加工が完了したら、適切なフォーマットと解像度で画像を保存しましょう。ウェブ用途なら圧縮して軽量化することがポイントです。さらに、SNSやウェブサイトへの共有時にも適切なサイズとフォーマットを選んでアップロードしましょう。

Photoshop画像加工時に注意すべきこと7つのこと

今回紹介するのは以下の7要素についてです。

  • オリジナルのバックアップを作成する
  • レイヤーを使って作業する
  • 解像度に気をつける
  • カラーモードを確認する
  • 過度なフィルターの使用を避ける
  • ファイルの保存形式に注意する
  • 著作権に気をつける

それぞれについて詳しく解説していきます。

オリジナルのバックアップを作成する

Photoshop画像加工を行う前に、必ずオリジナルのバックアップを作成しましょう。予期せぬエラーやデータの損失を防ぐため、別名保存やクラウドストレージへの保管をお勧めします。

レイヤーを使って作業する

効果的な画像編集にはレイヤーの使用が不可欠です。各要素を個別に編集し、レイヤーマスクを活用して非破壊的な加工を行いましょう。編集可能なファイルを保持することで修正が容易になります。

解像度に気をつける

画像を使用する媒体に応じて解像度を適切に設定しましょう。印刷向けなら高解像度(DPI)が必要ですが、ウェブ表示では低解像度でファイルサイズを軽減し、読み込み速度を向上させることが重要です。

カラーモードを確認する

画像のカラーモードはその用途によって異なります。ウェブ用途ならRGBが適切で、印刷物ではCMYKを選択しましょう。また、カラープロファイルの適切な設定も忘れずに行いましょう。

過度なフィルターの使用を避ける

フィルターを過剰に使用すると、画像が不自然に見えることがあります。特にフォトリアリスティックな表現が必要な場合は、適度なフィルター使用に留意し、写真の本来の魅力を損なわないようにしましょう。

ファイルの保存形式に注意する

画像を保存する際に適切なファイル形式を選択することが重要です。JPEGは圧縮率が高く、写真に適していますが、透過性が必要な場合はPNGやGIFを検討しましょう。

著作権に気をつける

加工した画像の著作権を尊重し、使用に適したライセンスを確認しましょう。商用利用や再配布が許可されている場合にのみ使用します。クリエイティブコモンズなどのライセンスがある場合は、その条件を確実に守りましょう。

まとめ

Photoshop画像加工の際には、オリジナルのバックアップを作成し、レイヤーを使用して編集を行います。解像度とカラーモードを適切に設定し、過度なフィルターの使用に注意します。保存形式と著作権にも十分気を配り、素晴らしい編集作品を作り上げましょう。

よくある質問

Q1:Photoshop画像加工は難しいですか?

A1: 初心者にとっては学習が必要かもしれませんが、基本的なレタッチやトリミングは比較的簡単に行えます。フォトエフェクトなど高度な編集には時間と経験が必要です。

Q2:加工した画像は商用利用できますか?

A2: それは画像の著作権とライセンスによります。商用利用が認められる場合もありますが、著作権者の許可を得るか、クリエイティブコモンズなどのライセンスを確認してください。

Q3:画像加工でよく使われるフィルターはありますか?

A3: ポートレートや風景写真では色調補正やシャープネスのフィルターがよく使われます。ただし、過度なフィルター使用には注意が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ