【初心者向け】フォトショ(Photoshop)のレイヤーマスクとクリッピングマスクの使い方

マスクとは?

Photoshop(フォトショップ)は、写真や画像の編集を行うための強力なツールとして知られています。その中でも、特に重要な機能の一つが「マスク機能」です。マスク機能は、画像の一部を非表示にしたり、透明度を調整したりする際に非常に便利なツールです。まず、マスクとは何かを理解しましょう。マスクは、画像の特定の部分を選択して、その部分に対して変更や効果をかけるためのツールです。通常、選択範囲内のピクセルに影響を与えると思われがちですが、Photoshopのマスクは逆です。マスクは、透明度や不透明度の情報を格納する特殊なレイヤーであり、そのレイヤーに描かれた内容に基づいて、元の画像の表示を制御します。例えば、人物の写真で背景をぼかしたい場合、レイヤーマスクを使って人物の輪郭を選択し、その部分の背景を透明にすることができます。これにより、背景をぼかす効果が実現できます。

トリミング機能との違い

効果の範囲

マスク機能は、特定の部分に対して効果をかけるためのものです。一方、トリミングは画像全体の一部分を切り取ることを目的としています。

データの削除

マスク機能では、透明度情報を使用して非表示にするだけで、元の画像データは保持されます。しかし、トリミングは選択した部分を切り取るため、切り取った部分のデータは削除されます。

効果の種類

マスク機能は、透明度や色調などの効果をかけるためのものであり、幅広い編集が可能です。トリミングは、画像の構図やサイズ調整に特化した機能です。

Photoshop CCでよく使われるマスク機能

レイヤーマスク

レイヤーマスクは、Photoshop CCで頻繁に使用されるマスクの一つです。これは、特定のレイヤーに対して透明度情報を適用し、そのレイヤーの一部を非表示にするための方法です。レイヤーマスクを使用することで、画像の一部分だけを編集することができます。

クリッピングマスク

クリッピングマスクは、特定のレイヤーに対して、別のレイヤーを使って非表示にする際に使用される便利な機能です。これにより、特定の要素を他の要素に適用することができます。例えば、テキストレイヤーに写真を配置し、写真がテキストにフィットするようにする場合などに使用します。

応用方法

レイヤーマスクとクリッピングマスクを組み合わせて使用することで、さまざまなクリエイティブな効果を実現できます。例えば、写真の特定の部分にフィルターやエフェクトをかけたり、テキストや形状を特定の画像部分にフィットさせたりすることができます。これらのテクニックを組み合わせて、独自のデザインや編集を行うことができます。

レイヤーマスクの使い方

レイヤーマスクは、Photoshopを使った画像編集において重要な役割を果たすツールです。この機能を上手に活用することで、画像の特定の部分を編集したり効果をかけたりすることができます。ここでは、レイヤーマスクの使い方について詳しく解説します。

レイヤーマスクの作成方法

レイヤーマスクを作成する方法は、以下のステップに従います。

選択範囲を指定

編集したいレイヤーを選択し、編集したい部分を選択範囲で囲みます。

メニューバーの【レイヤー】

メニューバーから「レイヤー」メニューを選択します。

【レイヤーマスク】を選び【選択範囲外をマスク】

「レイヤーマスク」を選択し、出てきたサブメニューから「選択範囲外をマスク」を選択します。

レイヤーマスクは元の写真に手を加えない、非破壊編集

レイヤーマスクの素晴らしい点は、元の写真データに直接手を加えずに編集を行える点です。マスクの黒部分が透明になるため、元の写真はそのまま保持され、いつでも編集を取り消すことができます。これにより、画像の修正や効果のテストをリスクなく行うことができます。

レイヤーマスクによる不透明度を変えることが可能

レイヤーマスクを使って特定の部分を編集する際、その部分の不透明度を変更することも可能です。マスクに灰色を描画することで、透明度を調整できます。これにより、編集した部分をより自然に統合することができます。

レイヤーマスクはクリックするだけでマスク範囲を編集することが可能

レイヤーマスクを編集する際、特定のツールやペイント操作が必要です。マスクレイヤーを選択し、ブラシツールやペンツールなどを使って描画することで、マスク範囲を編集することができます。これにより、編集箇所の微調整や変更が簡単に行えます。

レイヤーマスクのデメリット

ファイルサイズが重くなる

レイヤーマスクを使用すると、元の画像データに対して透明度情報を持つマスクデータが追加されます。このマスクデータは、画像の特定の部分を非表示にするための情報を保持しており、編集の際に必要です。しかし、マスクデータが増えることにより、ファイルサイズが大きくなる可能性があります。特に、複雑な編集や高解像度の画像を使用する場合、レイヤーマスクによるデータ量の増加が顕著になることがあります。これにより、ファイルの保存や転送、編集の際に時間がかかることがあります。

クリッピングマスクの使い方

クリッピングマスクの作成方法

クリッピングマスクを作成する方法は、以下の方法があります。

ショートカット【Win:Ctrl+G】or【Mac:Cmd+G】

レイヤーパネルで、マスクを適用したいレイヤーを選択し、ショートカットキーを使用してクリッピングマスクを作成します。これにより、選択したレイヤーがクリッピングマスクとして上のレイヤーに適用されます。

Altを押しながらレイヤーの境界をクリック

レイヤーパネルで、マスクを適用したいレイヤーを選択し、Alt(Windows)またはOption(Mac)キーを押しながら、上のレイヤーの境界をクリックします。これにより、選択したレイヤーがクリッピングマスクとして適用されます。

メニュー→レイヤー→クリッピングマスク作成

メニューバーから「レイヤー」メニューを選択し、「クリッピングマスク作成」を選ぶことで、クリッピングマスクを作成できます。

新規レイヤー作成→下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成

新しいレイヤーを作成し、その上でマスクを適用したいレイヤーをドラッグ&ドロップします。そして、新しいレイヤーに対して右クリックし、「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」を選択します。

クリッピングマスクはレイヤーを移動すると解除されてしまうので注意

クリッピングマスクを使用する際に注意が必要なのは、クリッピングマスクを適用したレイヤーを別の位置に移動すると、クリッピング関係が解除されてしまうことです。クリッピング関係を保持したままレイヤーを移動するには、移動したいレイヤーをまとめるグループを作成してから移動する方法を検討してみましょう。

まとめ

レイヤーマスクとクリッピングマスクは、Photoshopの画像編集作業において非常に強力なツールです。フォトショのマスク機能を使ってクリエイティブな編集を楽しんでみましょう。

よくある質問

Q:レイヤーマスクとクリッピングマスクは何が違うのですか?

A:レイヤーマスクは、特定のレイヤーに透明度情報を適用し、編集や効果を特定の部分に限定するためのものです。一方、クリッピングマスクは、別のレイヤーを使って対象レイヤーをマスクし、その影響を限定するものです。クリッピングマスクは、特定の要素に他の要素をフィットさせたり、影響範囲を制限する際に便利です。

Q:レイヤーマスクを作成する方法は?

A:レイヤーマスクを作成する方法はいくつかあります。編集したいレイヤーを選択し、メニューバーから「レイヤー」を選んで「レイヤーマスクを追加」を選択するか、ショートカットキーを使って「Ctrl+G」(Windows)または「Cmd+G」(Mac)を押すか、Altキーを押しながら上のレイヤーの境界をクリックします。

Q:クリッピングマスクを作成する方法を教えてください。

A:クリッピングマスクを作成する方法も複数あります。一つは、レイヤーパネルで上に表示したいレイヤーを選択し、その上に適用したいレイヤーを配置します。そして、適用したいレイヤーを選択し、右クリックして「クリッピングマスクを作成」を選択します。別の方法は、新しいレイヤーを作成し、その上で適用したいレイヤーをドラッグ&ドロップし、新しいレイヤーに対して右クリックして「下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成」を選択します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ