動画マーケティングの成功の法則―Youtube運営にも使える動画マーケティングの戦略、テクニックを徹底解説

Googleの提唱する「HHH戦略」

HHH戦略はGoogleの動画コンテンツ活用戦略で、Hero動画・Hub動画・Help動画の3種類から成り立ち、「HHH戦略」と呼ばれます。Googleはユーザーが広告とブランドコンテンツの違いを意識せずに視聴していることを調査し、どのコンテンツもユーザーのニーズに合致することが重要であると述べています。この概念は2014年に発表され、スマートフォン動画視聴が増える中で提唱されました。数年前に発表された戦略ですが、現在でも有効なアプローチとされています。

HERO動画:サービスや製品の認知を拡大

HERO動画は、幅広い認知を目的とした動画です。ブランドにフォーカスし、視聴者の感情を動かすような高品質な動画により、ブランド認知度や親しみやすさのアップや、視聴者とのより強い結びつきを狙うものです。

HUB動画:定期配信によるユーザーと配信者をつないで関係を強化

HUB動画は、視聴者に自社サイトや自社メディアを繰り返し訪問してもらうためのものです。動画により、自社Webサイトのユーザー体験を向上させ、Webサイトをリソース化することが可能です。以下のような用途の動画がHub動画の例として挙げられます。

テスティモニアル動画

テスティモニアルとは、ある製品・サービスに対する消費者や識者の推奨意見のことです。自社製品・サービスがどのようにお客様の役に立ったかという興味深いストーリーをお客様自身の言葉で語っていただくことで説得力が増します。

カンファレンス・イベント動画

自社のカンファレンスやイベントがある度に録画し、簡潔に編集して活用すれば、自社Webサイトを繰り返し訪れてもらうのに便利な方法です。

インタビュー動画

業界のエキスパートやインフルエンサーのインタビュー。インタビューの中で好意的なコメントがもらえるとベストです。

製品デモ&説明動画

既存顧客だけでなく、潜在顧客や見込み顧客にも自社製品・サービスのメリットをリアルな言葉で語れるので効果的です。

HELP動画:ヘルプ動画でユーザーの疑問を解消

HELP動画は、検索ワードを狙ったものです。この場合は、検索結果の上位にランクされ、アクセスおよびコンバージョンを増加させることがゴールとなります。HHH戦略がはじめに提唱された際には「Hygiene」(衛生習慣)と呼ばれていましたが、現在は「Help」とも呼ばれています。視聴者の悩みや疑問に答えるべく、情報を整理して提示する動画という意味です。自社の業界における主要な検索ワードをカバーする動画により、自社のオウンドメディアに視聴者を誘導して、より深いつながりを持ってもらうのに有効です。

動画マーケティングのテクニック

魅力的なストーリーテリング

心に残るストーリーで視聴者の感情を揺さぶりましょう。情緒的なつながりを生み出し、コンテンツを共感の源として活用します。

クオリティの高い映像と音声

視聴体験を向上させるために、高品質な映像と音声を提供しましょう。プロフェッショナルな仕上がりが視聴者に信頼感を与えます。

CTAの効果的な活用

明確なCTAを組み込み、視聴者に具体的な行動を促す工夫を施しましょう。視聴者の関与を高め、コンバージョン率を向上させます。

動画マーケティングのメリット

少額で始められる

低予算でも始めやすい動画広告。インフルエンサーやマイクロインフルエンサーとの提携を通じて、費用対効果を高めることができます。

多くの人にリーチできる

動画は広範なオーディエンスにリーチする効果的な手段。ターゲット層に合わせた戦略的な展開やシェアの可能性を活用して、認知度を広げましょう。

拡散の可能性もある

魅力的なコンテンツはソーシャルメディアを通じて拡散のチャンスを持つ。ヴァイラル動画として拡散されれば、予想を超える影響を及ぼす可能性があります。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングの成功には努力が必要であり、競争も激しいです。また、クオリティの高いコンテンツ制作には時間と予算が必要です。

動画マーケティングにおける注意点

動画コンテンツは視覚と聴覚を刺激するため、クオリティに気を付ける必要があります。また、ターゲットオーディエンスに合わせた内容を提供することが重要です。

まとめ

動画マーケティングは、Googleの「HHH戦略」に基づいて、HERO、HUB、HELP動画を組み合わせてブランド成功を追求します。魅力的なストーリーテリングや高品質な映像・音声、効果的なCTAを活用して視聴者の関心を引き、関与を高め、コンバージョンに繋げます。しかし、成功には継続的な努力と競争力が必要で、クオリティの高い制作には時間と予算が要り、試行錯誤が欠かせません。視覚と聴覚を刺激するために細心の注意を払い、ターゲットオーディエンスに合った内容を提供することが鍵です。

よくある質問

Q1: 動画マーケティングを始めるためにはどのくらいの予算が必要ですか?

A1: 動画マーケティングの予算は、コンテンツの制作費用や広告展開費用によって異なります。低予算から始めることも可能ですが、クオリティの高いコンテンツ制作や広告プロモーションには一定の費用がかかることを考慮しましょう。

Q2: 動画の長さはどのくらいが効果的ですか?

A2: 動画の長さはコンテンツの種類やターゲットオーディエンスによって異なります。一般的には2〜3分程度が視聴者の関心を保ちやすいとされていますが、内容に合わせて適切な長さを検討しましょう。

Q3: 動画マーケティングの成果をどのように測定すれば良いですか?

A3: 動画マーケティングの成果は、視聴回数、再生完了率、コンバージョン率などのKPIを用いて測定できます。Googleアナリティクスなどのツールを活用してデータを分析し、広告戦略の改善点を見極めることが大切です。

Q4: 動画コンテンツの制作において注意すべきポイントはありますか?

A4: 動画コンテンツ制作においては、クオリティの高さだけでなく、視聴者の興味やニーズに合わせた内容を提供することが重要です。視聴者にとって価値ある情報やエンターテイメントを提供することで、成功への道を拓きます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ