Amazonスポンサーディスプレイ広告とは?表示形式や配信面について徹底解説

Amazonスポンサーディスプレイ広告とは

Amazonスポンサーディスプレイ広告は、Amazon Advertisingの一環として提供されるデジタル広告プラットフォームです。この広告形式は、Amazonのウェブサイトやアプリケーションの外部に表示され、商品やブランドを広告主がターゲットユーザーにアピールするために使用されます。スポンサーディスプレイ広告は、効果的なブランド露出とユーザーエンゲージメントを促進するツールとして非常に有用です。

広告種類ターゲティング方法
スポンサーディスプレイ広告人の興味や行動
スポンサーブランド広告検索されたキーワード、もしくは商品
スポンサープロダクト広告検索されたキーワード、もしくは商品

過去の行動履歴に基づいて、顧客に購入確度の高い商品の広告を表示することはもちろん、商品ページを訪れたものの購入に至らなかった顧客に対して広告を表示するリマーケティング/リターゲティングも可能な広告です。

Amazon スポンサーディスプレイ広告を利用するための条件は2つあります。1つは、Amazon ブランド登録をした出品者であること、もう1つは、販売している商品の商標登録をしていることです。Amazon ブランド登録は、大口出品プランのみの機能のため小口出品ではスポンサーディスプレイ広告は利用できません。

つまり、Amazon スポンサーディスプレイ広告を使用するには、商標登録をした商品を販売し、Amazon ブランド登録をした出品者である必要があります。

Amazon スポンサーディスプレイ広告の課金方法

Amazon スポンサーディスプレイ広告の課金方法は、主に以下の2つから選択できます。

クリック課金

クリック課金は、広告がクリックされたときに料金が発生する課金方式です。つまり、ユーザーが広告をクリックして広告先のページにアクセスした場合に料金が請求されます。この課金方式は、広告の実際の効果やROIを測定しやすく、パフォーマンスに合わせて広告予算を最適化できます。

vCPM

(ビューアブルインプレッション:ユーザーの目に見える範囲に表示されたインプレッション1,000回あたりの費用)

vCPM課金は、広告が表示された回数(インプレッション)ではなく、ユーザーの目に見える範囲に表示されたインプレッション(ビューアブルインプレッション)に基づいて課金される方式です。つまり、広告が画面に表示され、ユーザーに見える範囲にある場合に料金が発生します。この課金方式は、ブランド露出を重視する広告主に適しており、広告が表示されるたびに料金が発生するため、効果的なブランドプロモーションに使用されます。

Amazon スポンサーディスプレイ広告の表示形式

Amazon スポンサーディスプレイ広告は、以下の主要な表示形式を提供しています。

画像

画像広告は、静止画や静止画とテキストの組み合わせで表示されます。商品の魅力的な画像やキャッチコピーを使用して、ユーザーに商品やブランドをアピールします。クリック時に商品ページにリダイレクトされ、購買行動を促進する役割を果たします。

動画

動画広告は、動画コンテンツとして表示され、商品やブランドのストーリーを豊かに伝えるのに適しています。視覚的な魅力と物語性を活用し、ユーザーの興味を引き付けます。動画広告は、ブランド認知度の向上と顧客エンゲージメントの増加に貢献します。

Amazon スポンサーディスプレイ広告の配信面

Amazon スポンサーディスプレイ広告は、さまざまな配信面で表示されます。これらの配信面は、ユーザーの関心や行動に合わせて広告を表示し、ターゲティングの精度を高めます。主要な配信面には以下のようなものがあります。

  1. Amazonウェブサイト: Amazonの商品ページや検索結果ページ上に広告を表示し、商品に関連するユーザーにアプローチします。
  2. Amazonアプリケーション: Amazonのモバイルアプリケーション内で広告を表示し、ユーザーがアプリを利用する際に広告を提示します。
  3. Amazon DSPパートナーネットワーク: Amazonのディスプレイ広告ネットワークに参加するパートナーサイトで広告を表示し、広告のリーチを拡大します。

これらの配信面を選択することで、広告主は特定のターゲット層にリーチし、効果的なキャンペーンを実施できます。

Amazon スポンサーディスプレイ広告のターゲティング方法

Amazon スポンサーディスプレイ広告のターゲティング方法は、広告を特定のユーザーグループに表示するために重要です。主要なターゲティング方法には以下があります。

コンテキストターゲティング(旧:商品ターゲティング)

コンテキストターゲティングは、特定の商品や商品カテゴリに関連するコンテンツやページ上で広告を表示する方法です。ユーザーが特定の商品に興味を示すコンテキストで広告を表示することで、関連性の高いユーザーにリーチできます。

オーディエンス

オーディエンスターゲティングでは、ユーザーの属性や行動に基づいて広告を表示します。例えば、特定の年齢層、興味関心、過去の購買履歴に基づいて広告をターゲットにします。これにより、特定のターゲット層に広告を最適化することが可能です。

Amazonスポンサーディスプレイ広告のターゲティング方法を適切に活用することで、広告の効果を最大化し、ターゲットユーザーにアプローチすることができます。

ターゲティング項目詳細
Amazon オーディエンスAmazon・IMDb・Twitch・Prime Video などのファーストパーティからのショッピングシグナルやストリーミングシグナルに基づくオーディエンスセグメントを使用して、関連性の高いオーディエンスにリーチし、認知度を高めて検討を促進
閲覧リマーケティングルックバックで指定した期間に広告対象商品、またはその他の類似商品、商品カテゴリー、ブランド、およびその他の商品機能を閲覧したユーザーにリーチ
購入リマーケティングルックバックで指定した期間に広告商品またはその他の関連商品、商品カテゴリー、ブランド、およびその他の商品機能を購入したユーザーにリーチ

まとめ

この記事では、Amazonスポンサーディスプレイ広告について詳しく説明しました。Amazonスポンサーディスプレイ広告は、Amazonのデジタル広告プラットフォームの一部であり、広告主がAmazonのウェブサイトやアプリケーション外部に広告を表示し、商品やブランドをターゲットユーザーに宣伝するための効果的なツールです。

記事では、Amazonスポンサーディスプレイ広告の課金方法として、クリック課金とvCPM(ビューアブルインプレッションに基づく課金)の2つのオプションが紹介されました。また、広告の表示形式として、画像広告と動画広告が取り上げられ、それぞれの特徴が説明されました。

さらに、Amazonスポンサーディスプレイ広告の配信面やターゲティング方法についても解説があり、広告主が広告を特定のユーザーグループにターゲットし、効果的なキャンペーンを実施する方法が示されました。

よくある質問

Q: Amazonスポンサーディスプレイ広告はどのように効果的に活用できますか?

A: Amazonスポンサーディスプレイ広告を効果的に活用するためには、適切なターゲティング、魅力的な広告クリエイティブ、適切な課金方式の選択が重要です。また、広告キャンペーンのモニタリングと最適化を行いながら、目標に向かって進化させましょう。

Q: クリック課金とvCPMのどちらの課金方式を選ぶべきですか?

A: 課金方式の選択は広告の目標や戦略に依存します。効果的なCTR(クリックスルー率)を追求する場合はクリック課金が適しています。一方、ブランド露出を重視し、ビューアブルインプレッションに基づく課金を選択することもあります。

Q: オーディエンスターゲティングを活用する際、どのようにターゲットオーディエンスを設定すべきですか?

A: オーディエンスターゲティングでは、ユーザーの属性や行動に基づいてターゲットを設定できます。広告の目的や商品の特性に合わせて、特定の年齢層、興味関心、購買履歴などを考慮してターゲットオーディエンスを設定しましょう。ターゲティングを詳細に設定することで、効果的な広告キャンペーンを展開できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ