Amazonブランド登録とは?登録した際の「特典」や登録手順について解説

Amazonブランド登録とは

Amazonブランド登録とは、有効な登録商標を持っている出品者が登録できる「ブランド所有者向けのツール」です。Amazonブランド登録は、あなたの商品やビジネスの魅力を伝える大切なステップです。商品の説明やタイトルに関連するキーワードを盛り込んで、ユーザーに対して魅力的なコンテンツを提供しましょう。ユーザーがあなたのブランドを認識しやすくするために、専門性や信頼性を強調することも大切です。また、自社製品やビジネスを他社の模倣品から守るために、商標登録が重要です。商標登録によって、あなたのブランドの独自性を守り、知的財産権を保護することができます。競合他社による模倣やコピー商品のリスクから身を守るために、早めの商標登録を検討しましょう。

Amazonブランド登録後の特典

「Amazonストアページ」の提供

Amazonブランド登録後、あなたの専用ストアページをカスタマイズすることができます。ここでは、あなたのブランドのストーリーやビジョンを伝えることができるため、ユーザーとのつながりを深めるチャンスです。関連商品を一覧表示して、ユーザーの関心を引きつける方法もあります。

「Amazonブランド分析(brand analytics)」の提供

Amazon検索用語レポート

Amazonブランド分析ツールは、人気がある検索キーワードと検索頻度のランキング、検索した後に購入者がクリックした商品、さらには購入率を提供してくれるツールです。これにより、ユーザーの検索傾向やニーズを理解しやすくなります。キーワードレポートや商品比較レポートを活用して、戦略の見直しや新しいアイデアを得ることが可能です。

商品比較 / 代替購入レポート

ブランド登録した自分の商品と競合するライバル商品(自分の商品と同日に閲覧され、さらには代わりに購入されている商品)のデータを確認できます。商品ごとに検索可能で、それぞれ上位5点のライバル商品が表示されます。

「スポンサーブランド広告 / スポンサーディスプレイ広告」が使用可能

スポンサーブランド広告は、Amazon内で特定のキーワードで検索したユーザーの目に留まる広告です。効果的なキーワード選定が鍵となります。主要なキーワードに加え、関連性の高い共起キーワードも考慮しましょう。ユーザーが求める情報を提供することで、クリック率向上が期待できます。自社ストアやランディングページへの誘導も可能で、クリックごとに課金されるので、戦略的な予算配分が必要です。

スポンサーディスプレイ広告は、閲覧者ターゲティングや商品ターゲティングを通じて、興味を持ちそうなユーザーに訴求する広告です。Googleの「Re-search Keywords」を活用して、ユーザーの関心に合致するキーワードを発見しましょう。Amazon内外で表示されるため、幅広いユーザーにアプローチ可能です。クリックごとの課金となるため、広告コピーとターゲティングの精度が成功のカギです。

製品コードがなくてもカタログが作成可能

Amazon.co.jpでの商品販売において、JANコードなどの製品コードは基本的な要件です。しかしながら、中国からの工場直輸入品など、製品コードが存在しない商品を販売するケースも考えられます。

こうした場合、Amazonでは「製品コード免除申請」を行い、製品コードのない商品でも出品することが可能です。ただし、「ノーブランド品」として扱われるため、商品の価値を消費者に訴求するのは難しいです。

ここで、自身の商標をAmazonブランド登録する戦略が有効です。商標を登録することで、製品コードがない状態でもカタログを作成し、さらに自社のブランド名を表示することができます。これにより、商品に独自性と信頼性を持たせ、競争激しいマーケットで差別化を図ることが可能です。

自社ブランドを確立することで、顧客は商品により強い価値を感じ、購買の意欲が高まるでしょう。

商品カタログの編集権限をロック

Amazonで新商品を出品しようとする際、他の出品者が同じ商品カタログに相乗りしてくることがあります。こうした状況を事前に防ぐためには、Amazonブランド登録を行うことが重要です。

Amazonブランド登録を行った出品者には、「編集権限のロック」のメリットがあります。この機能により、相乗り出品者は商品ページの編集ができなくなります。商品説明や仕様などを不正に書き換えるリスクを軽減できます。

このロック機能は、セラーセントラル内で商品カタログを作成する際に、あらかじめブランド登録した商標名を入力することで効果を発揮します。自社のブランドを守りながら、正確な商品情報を提供することで、顧客の信頼を築くことができます。

商標権保護のための「権利侵害を申告する」手続き

Amazonブランド登録のシステムにログインすると、「権利侵害を申告する」という便利なフォームが利用できます。このフォームを利用することで、Amazon上での商品名やASINを検索し、一括で商標権侵害の申告が可能です。

この申告手続きを行うためには、商標権を取得している必要があります。商標権の出願が係属中の場合には申告することはできませんので、注意が必要です。

商標権の侵害が認められると、通常24時間以内(場合によっては1時間程度で)に侵害品は削除されます。また、重大な場合には侵害品の出品者に対してアカウント停止などの厳しいペナルティが科されることもあります。

AIによる自動プロテクション

AIによる自動プロテクション: ブランド保護の強力な盾

『AIによる自動プロテクション』は、侵害品がAmazonの販売ページに掲載される前に、自動的にブロックする機能です。この機能は、ブランド登録を行うことで自動的に作動します。

自動プロテクションの適用状況は、権利者側からは見えません。しかし、権利侵害の申告を行うことで、AIが侵害品の特徴を学習し、効果的に機能を発揮するようになります。

この機能の効果は目に見えにくいかもしれませんが、人気ブランドで模倣品が出現した場合に、頼りになるガードマンとして活躍します。模倣品の被害を最小限に抑え、ブランドの信頼性と価値を維持するために欠かせないツールです。

Amazonブランドの登録手順

事前準備

まず最初に、あなたのブランド名や商標が他の企業と重複していないかを確認する競合調査を行いましょう。商標登録データベースを使用して、類似する商標が存在しないかを確認します。また、あなたのブランドを識別しやすくするために、商品画像にはっきりとブランド名や商標を表示することが重要です。これによってユーザーがあなたの商品を簡単に見分けることができます。

登録商標の確認

商標登録データベースを使用して、あなたのブランド名や商標が他の企業によって既に登録されていないかを確認します。重複している場合、商標登録が難しくなる可能性があるため、独自性のあるブランド名を選ぶことが大切です。

登録するブランド名が記載された商品画像

あなたのブランド名や商標が商品画像に明確に表示されていることを確認しましょう。これによって、ユーザーが商品を見つけやすくなり、あなたのブランドの識別が容易になります。ブランド名や商標の表示は、商品ページのビジュアル要素として重要です。

※Amazonのガイドラインには商品画像について、以下のような記載がございますので、既定に注意して選択することが大切です。

ブランドレジストリアカウントの登録

ブランドレジストリアカウントがないとAmazonブランド登録ができません。

1.はじめに、セラーセントラルにマスターアドレスでログインした状態で、Amazonブランド登録ページ(https://brandservices.amazon.co.jp)にアクセスし、「開始する」をクリックします。

2.再度、右上の「開始する」ボタンをクリックします。

3.「ブランド登録先の国のマーケットプレイスを選択します。」との表示が出ますので「日本」を選択します。

Amazon内の処理が完了すると、ブランドレジストリ専用の管理画面に移行します。

移行出来れば、ブランドレジストリアカウントの登録は完了です。

ブランドと商標を登録

1.ブランドレジストリ管理画面の左側にある「新しいブランドを登録」をクリックします。

2.ブランド情報の入力します。

「ブランドを登録する」の画面に移行したら、まずはブランドの概要を登録していきます。

各項目を入力し、事前準備していた商品画像をアップロードしたら右下の「次へ」をクリックします。

次に、今回登録するブランドの商品について登録します。

こちらも各項目を入力・選択し、右下の「次へ」をクリックします。

3.流通情報とライセンス情報の質問に選択回答して、右下の「送信」をクリックします。

以上でAmazonブランド登録の申請は完了です。

まとめ

Amazonブランド登録は、成功するための鍵となる重要なステップです。特典を活用しながら、あなたのブランドの魅力を最大限に引き出し、競争力を高めることが大切です。しっかりとした登録手続きを踏むことで、安定したビジネス展開を実現しましょう。

よくある質問

Q: ブランド登録後に情報を変更することはできますか?

A: はい、登録情報の変更は可能です。ただし、正確な情報を維持することが重要です。変更が必要な場合は、アカウント設定から行えます。

Q: 商標を持っていない場合でも利用できる特典はありますか?

A: はい、商標を持っていなくても一部の特典は利用可能です。ただし、商標を持っている場合はさらに多くの特典を享受することができます。商標登録の重要性を考えつつ、ビジネス戦略に組み込んでください。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ