Amazonで活用できる3つのセール種類について解説

Amazon出品で活用できるセールの種類

今回紹介するAmazonで活用できるセール種類は以下の3つになります。

  • 自社セール
  • 数量限定タイムセール
  • 特選タイムセール

それぞれ詳しく解説していきます。

自社セール

自社セールとはAmazon側で開催するビッグセールやタイムセールなどとは別で自社で割引やクーポンの付与などを行えるセールのことを指します。

参加条件や審査等はなく、任意で行うことが可能です。

設定をすると以下のように表記されます。

①クーポンを設定した場合

②割引金額を設定した場合

数量限定タイムセール

数量限定タイムセールは、限定された時間内、通常は12時間のみに限り、タイムセールページに表示されるセールです。

赤枠内、タイムセールより現在開催中のタイムセール商品の閲覧が出来ます。

数量限定のセールとなっているので〇%カートに追加済みと表示されます。

数量限定タイムセールの参加条件

以下の参加条件を満たす出品者のみ参加できます。

  • 大口出品者であること
  • 1か月あたり5件以上の評価を取得していること
  • 全体の評価で星の数を4.0以上獲得していること

また、参加できる商品は以下の基準を満たす必要があります。

  • Amazonストアで販売履歴があり、評価で星の数を3つ以上獲得していること。
  • できるだけ多くのバリエーションが組み込まれていること。
  • 出品禁止商品、不快感や嫌悪感を与える商品、不適切な商品ではないこと。
  • すべての地域でAmazonプライムの対象であること。
  • 新品であること。
  • 購入者の商品レビューポリシーに準拠していること。 
  • 価格設定に関するポリシーに準拠していること。
  • タイムセールの頻度に関する要件に準拠していること。

特選タイムセール

他のセールとは異なり、Amazonからの招待でのみ参加が出来るセールとなっております。手数料は無料となっており、タイムセールページへの掲載および、「特選タイムセール」の表示もされるのでメリットの大きなセールとなっています。

まとめ

各セールの参加条件や表示のされ方について紹介してきました。参加条件が厳しいセールもあるのでどれかに絞って参加するよりも自社商品の在庫状況や市況に併せて適切なタイミングでセール出来るよう、準備をしておきましょう。

よくある質問

Q.自社セールのやり方を教えてください。

A.セラーセントラル内、広告タブより進められます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ