Amazon出品での販売価格方法について解説

Amazonで販売価格を変更する方法

今回紹介するAmazonで販売価格を変更する方法は以下の3つになります。

  • 販売価格の値引き
  • クーポンの付与
  • ポイント付与率の変更

それぞれ詳しく解説していきます。

販売価格の値引き

AmazonのSEO対策になる、カート獲得率を向上させる、検索一覧ページ上で価格が表示されるなどのメリットがあります。

AmazonのSEO対策になるというのは、価格が低いと検索結果で上位に表示されやすくなり、より多くの顧客にアクセスされる利点です。

また、価格が魅力的な場合、カートに商品を入れる率が高まり、売上げが向上します。

検索一覧ページでは価格表示がそのまま表示され、ユーザーが商品にアクセスしやすくなります。ただし、価格を急激に上げるとシステムによってカートが外れる可能性があるため、注意が必要です。また、過去の価格調整履歴が外部ツールで表示されることもあります。

設定方法

①「セラーセントラル」へログイン > 「在庫」タブを選択 > 「全在庫の管理」を選択

②対象の商品を選択し、販売金額を入力。

③入力が完了したら「保存して終了」を選択。

クーポンの付与

商品価格から直接値引きができない商品にも適用できるため、特定の商品に割引を提供したい場合に便利です。クーポンを利用した購入者に限って価格がディスカウントされるため、利用者に限定的に適用できます。

さらに、クーポンのバッジが付くことで目立ちやすく、ユーザーにとって魅力的なオファーとして認識されやすくなります。ただし、クーポンの引換手数料が発生する点や割引率や割引額に一定の制約がある点に留意が必要です。また、カート獲得率には影響を及ぼさないため、その点も考慮して戦略を立てることが重要です。

設定方法

①「セラーセントラル」へログイン > 「広告」タブを選択 > 「クーポン」を選択

②クーポンを付与する商品を選択し、「次へ」をクリック

③クーポンのスケジュール・割引金額/率・予算を設定

ポイント付与率の変更

ポイント付与率の変更は、商品価格から直接値引きが難しい場合や、商品の値崩れを避けたい場合に有効です。ユーザーに対してポイントを還元することで、商品の魅力を高め、カート獲得率を向上させる効果があります。また、その他の手数料がかからないため、出品者にとっても負担が軽減されます。ただし、ポイントは直接的な値引きに比べて訴求力が低く、バッチがつかないためクーポンよりも目立ちにくい面もあります。ポイント付与率を変更する際には、商品の特性と顧客のニーズを考慮して戦略を検討することが重要です。

設定方法

①「セラーセントラル」へログイン > 「広告」タブを選択 > 「ポイント」を選択

②アカウントごとにポイントを設定するか商品ごとにポイントを設定するかを選択

③出品している商品ごとにポイントを付与したい場合、以下の画面からテンプレートをダウンロードし、以下の項目を入力し、アップロードする。

SKU: 出品ごとのポイント設定を変更するSKU

points_percent: このSKUに適用するポイント率(%)

まとめ

販売価格の調整は商品の売上向上やブランド価値の維持に影響を与える重要な戦略です。適切な方法を選び、効果的に価格調整を行うことが出品者にとって重要なポイントとされています。

よくある質問

Q: 出品価格を変更する際、どの方法が最も効果的ですか?

A: 効果的な方法は状況によりますが、販売価格の直接値引きやクーポンの設定がよく使われます。直接値引きはSEO向上やカート獲得率の向上に効果的ですが、クーポンは広告クリック率の増加や特定商品のプロモーションに適しています。

Q: 販売価格の直接値引きを行った場合、注意すべきポイントはありますか?

A: 一度下げた価格を急激に戻すと、システムによってカートが外れる可能性があるため注意が必要です。また、過去価格表示や外部ツールで価格調整履歴が残ることもあります。

Q: クーポンを設定する際の制約は何ですか?

A: クーポンを利用するためには利用資格や対象商品の基準があります。利用資格としては出品者評価の維持や大口出品者アカウントの所有が必要です。対象商品の基準としては、商品の星の数やレビュー数が要件となります。

Q: 価格調整の方法を選ぶ際に考慮すべきポイントは何ですか?

A: ブランド価値の維持や利益率の確保、競合状況などを考慮して選択することが重要です。また、商品の特性に合った方法を選ぶことも大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ