Web制作案件のワークフローは?受注から納品まで一連の流れを徹底解説

Web制作案件において受注から納品後の一連の流れ

ウェブ制作は、クライアントのビジョンを実現するための重要なプロセスです。受注から納品後の一連の流れを正確に管理することは、クオリティの高い成果物を提供し、クライアントの満足度を確保する鍵となります。

Web制作案件を受注

ウェブ制作プロジェクトの始まりは、クライアントからの依頼を受けることです。クライアントの業種やニーズを理解し、プロジェクトの目標を共有することで、成功に向けた第一歩を踏み出します。

ヒアリングと要件定義

プロジェクトの進行にあたり、クライアントと綿密なコミュニケーションを行います。クライアントの望むイメージや機能、ユーザーエクスペリエンスに関する要望を明確に把握し、具体的な要件定義を行います。これにより、プロジェクトのスコープや目標が明確になります。

見積・契約・請求書の発行

要件が確定したら、プロジェクトの見積もりを作成します。デザイン、開発、テストなどの工程ごとに必要な時間とリソースを評価し、クライアントに提案します。双方の了承を得て、契約を締結し、初回の請求書を発行します。透明性と信頼性を重視したプロセスがクライアントとの協力関係を築きます。

デザイン

デザインフェーズでは、クライアントのブランドイメージや要望を基に、視覚的な要素を作成します。カラースキーム、レイアウト、アイコンなどを検討し、ウェブサイトやアプリケーションのユーザビリティと魅力を最大化します。ユーザーが快適に利用できるデザインを実現するためのプロセスです。

開発環境準備

デザインが固まったら、実際の開発作業に取り掛かるための環境を整えます。適切なプログラミング言語やフレームワークを選定し、データベースやサーバーなどのインフラストラクチャを設定します。スムーズな開発をサポートする土台となる作業です。

デザインを元にカスタマイズとコーディングを行う

デザインが用意されたら、そのデザインを実際のウェブページやアプリケーションに反映させるために、カスタマイズとコーディング作業を行います。HTMLやCSSを用いてデザインを構築し、ユーザーとのインタラクションを実装します。デザインの美しさと機能性を両立させるための工程です。

動作確認と修正

コーディングが完了したら、機能やデザインの正確性を確認する動作確認を行います。ユーザーの視点から利用可能性をテストし、バグやエラーを発見して修正します。ユーザーエクスペリエンスを向上させるための試行錯誤のフェーズです。

クライアントに確認してもらう

開発が一段落したら、クライアントにプロジェクトの進捗状況を確認してもらいます。デザインや機能に関するフィードバックを受けて、必要な修正を加えることで、クライアントの期待に応える最終形を作り上げます。

本番環境へデータを移す

クライアントの承認を得たら、準備が整った成果物を本番環境にデプロイします。セキュリティやパフォーマンスを考慮して、ウェブサイトやアプリケーションをオンライン上で公開します。ユーザーが利用できる状態にするための大切なステップです。

運用分析ツールを設定

公開後は、ユーザーの行動やアクセス動向を把握するための運用分析ツールを設定します。ユーザーの行動データを収集し、サイトやアプリの改善ポイントを見つけ出すための情報を収集します。データに基づく最適化を行うための基盤を整えます。

クライアントへ基本操作について説明する

成果物が公開された後、クライアントに対して、ウェブサイトやアプリケーションの基本的な操作方法について説明を行います。コンテンツの更新方法や管理手法を丁寧に指導し、クライアント自身でコンテンツを適切に管理できるようにサポートします。

公開・納品

クライアントの承認を受けたら、ウェブサイトやアプリケーションを公開し、ユーザーに提供します。クライアントのビジネスやオンラインプレゼンスを強化し、ターゲットユーザーに向けて価値を提供するプロジェクトのクライマックスです。

残額請求書の発行

プロジェクトが完了した際には、契約に基づいて残りの支払いを請求する書類を発行します。プロジェクトの成功に対する報酬を適切に受け取ることで、双方にとって公平な取引が完了します。

アフターフォロー

プロジェクトが終了しても、クライアントのニーズをサポートし続けるアフターフォローが重要です。バグ修正や新機能の追加、サポートへの対応など、長期的な関係を築くための一環です。クライアントのビジネス成果を最大化するために、信頼関係を維持しましょう。

クライアントワークにおいて押さえておくべきスキル

全体を通して一貫した方向性で企画を立てる

プロジェクトのスタート時には、クライアントの要望やビジョンをしっかり理解し、全体の方向性を確定することが大切です。プロジェクトの目標やスコープを明確にし、計画を立てる際には、クライアントのニーズとビジョンを重要視しつつ、実現可能な範囲で方針を決定しましょう。

こまめに連絡を取る

プロジェクトが進行する過程で、クライアントとのコミュニケーションをこまめに保つことは欠かせません。進捗報告や質問事項、提案などを適切なタイミングで共有し、クライアントとの信頼関係を築きましょう。適切な情報共有によって、誤解や誤った方針の進行を防ぐことができます。

締め切りを守る

締め切りを守ることは、クライアントの信頼を維持するために極めて重要です。プロジェクトの進捗を適切に管理し、スケジュール通りに成果物を提供することで、クライアントに安心感を提供します。適切なプラニングとタイムマネジメントが求められるスキルです。

商用OK・著作権フリーの素材を活用する

プロジェクト内で使用する素材には、商用利用が許可されているか、著作権フリーなものを選ぶことが重要です。クライアントのビジネスに関わるプロジェクトでは、法的な問題を回避するためにも素材の正しい利用を確認しましょう。無料の素材サイトや商用ライセンスを持つ素材を活用することを心がけましょう。

クライアントのビジネスを否定しない

クライアントのビジネスや意向に対して尊重を示し、建設的な提案を行う際にもクライアントの考え方を理解することが大切です。否定的な発言や態度は信頼関係を損なう可能性がありますので、クライアントとのコミュニケーションを円滑に保つためにも注意が必要です。

クライアントにYES/NOで答えてもらうようにコミュニケーションを行う

プロジェクトの進行や意思決定において、クライアントとのコミュニケーションを明確にしましょう。不確かな点や提案に対して、クライアントに明確なYES/NOの回答をもらうことで、プロジェクトの進行をスムーズにし、誤解を避けることができます。クライアントワークでは、技術的なスキルだけでなく、コミュニケーションやプロジェクトマネジメントのスキルも同じくらい重要です。クライアントの要望を理解し、協力してプロジェクトを成功に導くために、これらのスキルを磨いていきましょう。

まとめ

クライアントワークは、クライアントとの円滑なコミュニケーションとプロジェクトの成功に向けたスキルが求められる重要な仕事です。先に述べた手順に従って進めることで、クライアントとのコミュニケーションをスムーズに行うことができるでしょう。

よくある質問

Q1:運用とアフターケアには何が含まれますか?

A1:運用とアフターケアはプロジェクトの終了後も重要なフェーズです。ウェブサイトやアプリケーションの定期的なメンテナンスや更新を行い、セキュリティやパフォーマンスの問題を解決します。また、クライアントからの要望や質問に対応し、継続的なサポートを提供します。

Q2:本番環境への展開にはどのような準備が必要ですか?

A2:本番環境への展開は慎重な準備が必要です。ウェブサイトやアプリケーションが正しく動作し、セキュリティが確保されていることを確認します。バックアップの作成やドメインの設定など、展開前に必要な手順を確実に実行します。

Q3:クライアント確認とはどのようなプロセスですか?

A3:クライアント確認は、完成したウェブサイトやアプリケーションをクライアントに対して確認してもらうプロセスです。クライアントのフィードバックや修正要求を受け入れ、プロジェクトの最終的な形を調整します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > セール > Amazon「ブラックフライデー」とは?セールにおける対策や参加方法について解説

ページトップへ