動画編集スクールのメリット・デメリットを解説

動画編集を学ぶメリット

仕事に困らなくなる

仕事に困らなくなる: 動画編集のスキルを身につけることで、需要の高い分野で仕事を見つけることができます。映画制作、テレビ番組、広告、ウェブコンテンツなど、多くの産業で動画編集が必要とされています。そのため、動画編集のスキルを持っていることで、仕事に困ることなく自分のキャリアを築くことができます。

会社に依存しない手に職が得られる

動画編集は、フリーランスや自営業の道も開ける分野です。自分のスキルを活かしてクライアントと直接取引し、自分自身で仕事を請け負うことができます。会社に依存せずに、自分の才能と努力によって手に職を得ることができます。

時間や場所にしばられず働ける

動画編集の仕事は、オンラインで行うことができます。自分のパソコンや専門のソフトウェアさえあれば、どこでも仕事ができます。また、クライアントとの打ち合わせや納品物のやり取りもオンラインで行うことができるため、時間や場所に制約されずに柔軟に働くことができます。

動画編集スクールを利用するメリット

困ったらすぐ聞ける

動画編集のスクールでは、経験豊富な講師や専門家が指導を行います。学習中に疑問や問題が生じた場合、直接質問や相談ができます。講師から適切なアドバイスや解決策を得ることができるため、学習のスピードや品質が向上します。

目的地までに必要なものが明確になる

動画編集スクールでは、カリキュラムやコースが明確に設定されています。スクールによっては、初心者向けから上級者向けまで、幅広いレベルに対応したコースを提供しています。自分の目標やレベルに合ったコースを選ぶことで、目的地までに必要なスキルや知識が明確になります。

動画編集スクールを利用するデメリット

費用が発生する

動画編集スクールに通う場合、授業料や教材費などの費用がかかります。スクールによっては高額な料金が設定されていることもあります。予算に合わせて選ぶ必要がありますので、財政面での負担を考慮する必要があります。

自分のペースで学べない

動画編集スクールでは、一定のカリキュラムやスケジュールに基づいて授業が進められます。個々の学習ペースに合わせた進行が難しい場合もあります。自分の都合や学習スタイルに合わせて自由に学びたい場合には、スクールに通うことが制約となるかもしれません。

主要動画編集スクールの紹介

永続的な就職支援などがあるデジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは、永続的な就職支援などのサポートを提供している動画編集スクールです。就職活動のサポートや業界とのコネクションを提供し、学んだスキルを活かして実際の仕事につなげる支援があります。

自分の学習ペースに合ったプランを選べるDMM WEB CAMP

DMM WEB CAMPは、自分の学習ペースに合ったプランを選ぶことができる動画編集スクールです。オンラインでの学習が中心であり、自分の都合に合わせて進めることができます。次週学習型ですが講師のサポートがあり、構成から編集、納品までの一連の流れを習得できます

オンライン・クラス担任・ブレンドスタイルが選べるヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、オンラインやクラス担任、ブレンドスタイルを選ぶことができる動画編集スクールです。オンラインでの学習を重視する場合や、対面でのクラス担任スタイルを選ぶ場合など、自分の学習スタイルに合わせて選択することができます。動画制作に必要なスキルの習得に加え、ポートフォリオ制作も行うカリキュラムです。

まとめ

動画編集のスキルを身につけることは、仕事に困らない自分のキャリア構築、フリーランスや自営業の道も開けるため会社に依存せずに手に職を得ることができる、時間や場所に制約されずに柔軟に働くことができるといった多くのメリットがあります。一方で、授業料や教材費などの費用がかかるといったデメリットも存在します。ここで紹介したスクールは、有名な主要動画編集スクールですが、ここで紹介した以外にも多くの動画編集スクールが存在します。それぞれのスクールには特徴やプログラムが異なるため、自分の目標や学習スタイルに合ったスクールを選ぶことが重要です。

よくある質問

Q:動画編集を学ぶためにはどのようなパソコンやソフトウェアが必要ですか?

A:動画編集にはパソコンや専用のソフトウェアが必要です。一般的に、高性能なパソコン(プロセッサやRAMのスペックが高いもの)、動画編集ソフトウェア(例: Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro)が推奨されます。また、大容量のストレージやモニター、外部デバイス(マウス、キーボードなど)も便利です。

Q:動画編集を学ぶためにはどのようなスキルや知識が必要ですか?

A:動画編集を学ぶためには、基本的なコンピュータ操作やファイル管理の知識が必要です。また、編集ソフトウェアの基本的な操作やカット編集、トランジションの使い方などの技術も重要です。さらに、映像構成やストーリーテリングの基礎知識、音声編集や色補正の技術なども役立ちます。

Q:動画編集の学習期間はどのくらいですか?

A:個人の学習ペースや目標によって異なりますが、基本的な動画編集のスキルを習得するためには数ヶ月から半年程度の時間がかかる場合があります。より高度な編集技術や専門知識を学ぶ場合は、それ以上の時間を要することもあります。継続的な学習と実践を重ねることが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ