【SEO最適化】オウンドメディアで集客爆発!効果的なコンテンツ戦略の成功ポイント

自社の事業やプロダクトへの貢献

BtoB企業がオウンドメディアを運営する主な目的の一つは、自社の事業や製品・サービスへの貢献です。オウンドメディアを通じて、自社の専門知識やソリューションに関する情報を提供することで、顧客や見込み客に対して価値を提供します。また、製品の使い方や活用方法、新製品の紹介などを発信することにより、顧客のニーズに合ったソリューションを提供し、売上の増加や顧客ロイヤルティの向上を図ります。

メディア自体の事業化

オウンドメディアを単なる広報や情報発信の手段と捉えるだけでなく、メディア自体をビジネスとして成立させることも目的の一つです。オウンドメディアが十分な価値を提供し、多くの読者を集めることで、広告やスポンサーシップ、コンテンツ販売などの収益化を行います。これにより、メディア自体が収益を生み出すビジネスとして成長し、企業の収益源や事業の一翼を担うことが期待されます。

外部へのメッセージ発信

オウンドメディアは、企業の外部へのメッセージ発信にも重要な役割を果たします。自社の価値観やブランドメッセージを伝えることで、顧客やパートナー、業界内外のステークホルダーとのコミュニケーションを強化します。また、業界のトピックやトレンドについての専門的な知見を提供することで、業界リーダーシップの向上や影響力の拡大を図ります。

オウンドメディア運営のメリット

見込み客を集めることができる

オウンドメディアは、企業が自らコンテンツを制作・発信するため、ターゲットとなる見込み客を直接的に集めることができます。専門的な情報提供や有益なコンテンツを通じて、顧客の興味を引きつけ、彼らのニーズや関心に合った内容を届けることができます。これにより、見込み客との関係性を構築し、顧客の育成やリードジェネレーションに寄与します。

ブランディング効果が期待できる

オウンドメディアは企業のブランドイメージを向上させる効果があります。高品質なコンテンツや専門知識の提供により、企業の専門性や信頼性をアピールすることができます。また、ブランドのコンセプトやバリューを伝えるメディアとして活用することで、ターゲット市場での差別化やブランド認知の向上を促進します

立ち上げ時に高額な初期投資が不要

オウンドメディアの運営は、他の広告やマーケティング手法に比べて比較的低い初期投資で立ち上げることができます。既存のウェブサイトやSNSを活用することで、コンテンツを発信するプラットフォームを整えることができます。また、自社でコンテンツを制作できる場合は、外部制作代行にかかる費用を節約できるため、コスト効率の良いメディア運営が可能です。

戦略次第で売上増加につながる(マネタイズ)

オウンドメディアは、適切な戦略を展開することで売上増加に寄与することができます。コンテンツ内に製品やサービスの紹介やリンクを組み込むことで、直接的な販売促進を行うことができます。また、メディアの収益化を図るために広告やスポンサーシップを受け入れることも可能です。これにより、オウンドメディア自体が収益源となり、企業の収益向上に寄与します。

オウンドメディア運営のデメリット

成果が出るまでに時間がかかる

オウンドメディアの運営は、成果を上げるまでに時間がかかることがあります。コンテンツの品質向上やターゲットオーディエンスの獲得には時間と努力が必要であり、最初の段階では成果がなかなか現れないことがあります。コンテンツの信頼性や専門性を確立するには、コンテンツの充実や継続的な発信が必要です。そのため、忍耐強く取り組む必要があります。

外注ライターを使っても成功率はあまり変わらない

オウンドメディアの運営において外注ライターを活用する場合、成功率があまり変わらないことがあります。外注ライターに対して自社の専門知識やブランドのコンセプトを理解してもらうのは難しいことがあり、結果として期待するようなコンテンツのクオリティを得られない場合があります。企業の中核メンバーが積極的に関与せざるを得ない場合もあるでしょう。

マネタイズできないと売上増加させるのは難しい

オウンドメディアがマネタイズできない場合、単独での売上増加を期待することが難しくなります。収益化の手段として広告やスポンサーシップを活用することが難しい場合や、コンテンツの質やターゲットオーディエンスが不適切な場合は、収益化につながる成果を上げることが難しくなります。そのため、オウンドメディアの運営戦略をしっかりと立て、収益化の視点を持つことが重要です。

オウンドメディアSEO対策の種類

テクニカルSEO

テクニカルSEOは、Googleのクローラーにオウンドメディアを評価させるため、サイト内でできる内部施策のことです。ユーザビリティを上げるテクニカルSEOの具体的な内部施策として、サイト構造のシンプル化、パンくずリストの設定、タイトル・ディスクリプションの最適化、見出しタグの設定、URLの正規化、XMLサイトマップの提供などがあります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、検索エンジンで入力されたキーワードの検索ニーズに応えるコンテンツを制作します。キーワードを選定したうえでコンテンツ制作の方針を決め、コンテンツを制作し、必要に応じて最適化します。

オウンドメディアのSEO対策ですべきこと

ユーザーが読みたくなるタイトルを設定する

コンテンツのタイトルは、ユーザーが興味を持ち、クリックして読みたくなるように魅力的に設定することが重要です。適切なキーワードを含みながらも、わかりやすく、興味を引くようなタイトルを工夫します。また、タイトルがコンテンツの内容を適切に表現していることも大切です。

パンくずリストを設定する

パンくずリストは、サイトの階層構造を示すナビゲーションの一種であり、ユーザーにとってサイト内の位置を把握しやすくする効果があります。検索エンジンのクローラーもパンくずリストを利用してサイトの構造を理解しやすくなります。適切なパンくずリストを設定することで、サイトのユーザー体験が向上し、SEOにも寄与します。

記事に関連する内部リンクを設置する

コンテンツ内に過去の関連記事への内部リンクを設置することで、ユーザーが興味を持ちそうな別のコンテンツに誘導することができます。また、内部リンクはサイト内のページを相互に結びつけることで、サイト全体のクロール効率を向上させ、検索エンジンによるインデックスの効率化にも貢献します。

XMLサイトマップを作成して登録する

XMLサイトマップは、サイト内のページ構造を一覧化したものであり、検索エンジンにサイトのページを効率的にクロールしてもらうための指示書となります。重要なページや新しいコンテンツを早くインデックスしてもらいたい場合には、XMLサイトマップの作成と登録が重要です。これにより、新しいコンテンツの発信やサイトの更新が素早く検索エンジンに反映される効果があります。

まとめ

オウンドメディア運営は、成果を出すのに時間がかかるといった側面もありますが、企業が今後目指したい目標、目的によっては有益な施策といえます。そのオウンドメディアにもSEO対策が存在します。まずは運営の戦略を十分に検討・構築することが重要ですが、実際に運用を行う中でSEO対策を講じることもオウンドメディア運営成功の秘訣の一つとなります。

よくある質問

Q: オウンドメディアを運営するために必要なスキルは何ですか?

A: オウンドメディアを運営するためには、コンテンツ制作や編集、マーケティング、SEO(検索エンジン最適化)、分析能力などのスキルが必要です。また、コミュニケーション能力やプロジェクトマネジメントのスキルも重要です。

Q: オウンドメディアを運営するのにどれくらいの予算が必要ですか?

A: オウンドメディアの運営には、予算の幅があります。初期の立ち上げには比較的低い予算で始めることも可能ですが、適切なコンテンツ制作やマーケティング活動には一定の予算が必要です。具体的な予算は、企業の規模や目標によって異なります。

Q: オウンドメディアの効果を測定する方法はありますか?

A: オウンドメディアの効果を測定するためには、ウェブアナリティクスツールを利用することが一般的です。アクセス数やページビュー、滞在時間、コンバージョン率などの指標を分析し、オウンドメディアの成果を評価することができます。また、アンケートや顧客フィードバックを収集することも効果の測定に役立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ