【2週間で完成】WEBサイト制作スケジュールの秘訣!成功の具体例も公開

WEBサイト制作の流れ

プロジェクト企画

目標の設定とニーズの明確化

ウェブサイトの目的を明確にし、必要な機能やコンテンツの要件を決定します。ターゲットオーディエンスや競合分析も行います。

スコープの定義

プロジェクトの範囲を明確にし、ウェブサイトに含まれるページ数や機能、予算、納期などを決定します。

サイトマップの作成

ウェブサイトの全体構造を可視化するためにサイトマップを作成します。これにより、ナビゲーションやコンテンツの階層構造が明確になります。

Webサイト設計

ユーザーインターフェース(UI)の設計

ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ユーザーインターフェースの設計を行います。これには、ナビゲーション、ボタン、フォームなどの要素の配置やデザインが含まれます。

ワイヤフレームの作成

ウェブサイトの各ページの基本的なレイアウトやコンテンツ配置を示すワイヤフレームを作成します。これにより、デザインやコンテンツの配置についての方向性が示されます。

コンテンツ戦略

ウェブサイトに必要なコンテンツを計画し、作成します。これには、テキスト、画像、ビデオ、その他のメディア要素が含まれます。

デザイン制作

プロトタイプの作成:

デザインを実際のウェブページとして表現するために、プロトタイプを作成します。これにより、ユーザーがウェブサイトの外観と操作を評価することができます。

フィードバックと修正

プロトタイプを関係者やユーザーに提示し、フィードバックを収集します。必要な修正や改善を行い、最終的なデザインを完成させます。

実装

フロントエンド開発

デザインやユーザーインターフェースを基に、ウェブサイトのフロントエンド(HTML、CSS、JavaScript)を開発します。レスポンシブデザインやブラウザの互換性も考慮します。

バックエンド開発

必要に応じて、ウェブサイトのバックエンド(サーバーサイドプログラミング、データベース設計など)を開発します。データの処理やユーザーの対応などの機能を実装します。

コンテンツの追加とテスト

テキスト、画像、ビデオなどのコンテンツをウェブサイトに追加し、動作や表示の正確性をテストします。ユーザビリティやパフォーマンスも検証します。

リリース

サーバーへのデプロイ

完成したウェブサイトを適切なウェブサーバーにデプロイします。ドメイン名の設定やセキュリティの確保も行います。

最終テストと品質保証

ウェブサイトの最終的なテストを実施し、クロスブラウザ互換性やリンクの正常性、パフォーマンスなどを確認します。バグ修正や最終的な品質保証を行います。

公開と保守

ウェブサイトを一般公開し、必要な場合に定期的な保守・アップデートを行います。SEO対策やアクセス解析なども実施し、ウェブサイトの改善に取り組みます。

Webサイトでスケジュール管理が必要な理由

リリースまでの流れや進捗状況を確認するため

ウェブサイトの制作では、リリースまでのプロジェクトの流れや進捗状況を管理することが重要です。スケジュール管理を行うことにより、各作業のタイミングや依存関係を把握し、プロジェクトが予定通り進んでいるかどうかを確認することができます。遅延や課題が発生した場合には、早めに対策を講じることができます。

タスク漏れを防止するため

ウェブサイトの制作には多くのタスクや作業が関わっています。スケジュール管理を行うことで、どのタスクが完了しているか、どのタスクが残っているかを把握できます。これにより、タスクの漏れや見落としを防止し、全ての作業が適切に実施されることが保証されます。

共同作業をスムーズに進めるため

ウェブサイトの制作は通常、複数の人々が関与する共同作業です。スケジュール管理を行うことで、関係者間での作業の調整や連携が円滑に進められます。各人の担当箇所や期限が明確になるため、チーム全体での作業スケジュールの調整やコミュニケーションが容易になります。これにより、ミスや衝突を最小限に抑えながら効率的に作業を進めることができます。

WEBサイト制作スケジュールの手順

全体のゴールを明確にする

最初に、ウェブサイト制作の全体的なゴールを明確にします。これには、ウェブサイトの目的や機能、納期などが含まれます。プロジェクトの成功基準を確立し、それに向けてスケジュールを立てる基盤となります。

タスクを大きく分解

次に、ウェブサイト制作に必要なタスクを大きなカテゴリに分解します。例えば、コンテンツ作成、デザイン、フロントエンド開発、バックエンド開発、テストなどのカテゴリに分けます。これにより、プロジェクト全体を管理しやすくなります。

タスクをさらに細分化して分解

各カテゴリのタスクをさらに細分化し、具体的な作業に分解します。例えば、コンテンツ作成では、トップページのテキスト作成、各ページのコンテンツ作成、画像収集などのタスクに分解します。これにより、各作業の範囲や依存関係を明確にし、スケジュールを詳細に計画することができます。

タスクの作業担当を決める

各タスクに対して、作業を担当するメンバーを決めます。各メンバーのスキルや負荷を考慮し、適切な役割を割り当てます。チーム内のコミュニケーションやタスクの調整を円滑にするために、役割と責任の明確化が重要です。

開始から終了の日を設定する

各タスクに対して、開始日と終了日を設定します。これにより、各作業の期間や順序を明確にし、スケジュールのギャップや重複を防ぐことができます。また、タスクの依存関係やマイルストーンを考慮して、スケジュールを調整します。

まとめ

ウェブサイト制作スケジュールの手順では、全体のゴールを設定し、タスクを階層的に分解して詳細なスケジュールを立てることが重要です。タスクの担当者を割り当て、各タスクの開始日と終了日を設定することで、スケジュールを管理し、ウェブサイト制作プロジェクトを円滑に進めることができます。このタスクの分解はなるべくこれ以上細分化でき無い粒度にまで分解すること、また、開始日終了日は確実に納期に完成できるよう何度もシミュレーションして最初に固めきることが重要です。

よくある質問

Q: ウェブサイト制作にどのくらいの時間がかかりますか?

A: ウェブサイト制作にかかる時間はプロジェクトの規模や複雑さによって異なります。小規模なサイトであれば数週間から数カ月程度が一般的ですが、大規模なサイトや複数の機能やカスタマイズが必要な場合は数ヶ月以上かかることもあります。

Q: ウェブサイト制作にどのような予算が必要ですか?

A: ウェブサイト制作の予算はプロジェクトの要件や目的、デザインや機能の複雑さなどによって異なります。小規模なサイトであれば数万円から数十万円程度の予算が必要ですが、大規模なサイトや高度な機能を要求する場合は数百万円以上の予算が必要となることもあります。

Q: ウェブサイト制作にはどのようなスキルが必要ですか?

A: ウェブサイト制作には複数のスキルが必要です。デザインやユーザーインターフェース(UI)の設計、フロントエンド開発(HTML、CSS、JavaScript)、バックエンド開発(サーバーサイドプログラミング、データベース)、コンテンツ作成などが一般的なスキルとして挙げられます。チームで制作する場合は、それぞれのスキルを持ったメンバーが必要となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ