【厳選6社】アジャイル開発で成功するためのおすすめシステム開発会社をご紹介

アジャイル開発とは?

アジャイル開発は、ソフトウェアやプロダクトの開発を効果的かつ迅速に行うためのアプローチです。従来のウォーターフォール型の開発手法とは異なり、柔軟性と進化を重視します。アジャイル開発の重要な特徴の1つは、開発を小さなサイクルに分割することで、2週間から1ヶ月程度の期間で、小さな部分成果を生み出すことを目指します。これを「スプリント」と呼びます。スプリントの終わりには、実際に動作するソフトウェアやプロダクトの一部が完成し、それを顧客や利害関係者に示すことができます。現在、アジャイル開発は多くの企業やプロジェクトで取り入れられており、今後もますます普及していくことが予想されます。

ウォーターフォール開発との違い

ウォーターフォール開発がプロジェクトを一連のフェーズに分け、各フェーズを順番に進めていくのに対し、アジャイルは小さなサイクルを繰り返すことで、段階的にソフトウェアを開発していきます。アジャイル開発とウォーターフォール開発の最も大きな違いは、プロジェクトの進め方にあります。ウォーターフォール開発は、一つのフェーズが終わらないと次のフェーズに進めないため、途中での変更が難しく、要件が固定されることが多いです。アジャイルは柔軟性と顧客との連携を重視し、小さなサイクルを繰り返すことで変化に対応します。近年では、アジャイル開発が多くのプロジェクトで採用されるようになってきましたが、ウォーターフォール開発が適している場面も依然として存在します。開発チームや顧客とのコミュニケーションを重視し、プロジェクトの成功に向けた適切な手法を選択することが重要です。

アジャイル開発のメリット

開発途中でも仕様変更は可能

アジャイル開発では、開発チームが2週間から1ヶ月程度の短い期間でソフトウェアの一部を完成させるスプリントを繰り返します。このスプリントの終わりに顧客や利害関係者に成果物を提示し、フィードバックを受け取るため、開発途中でも仕様変更が可能です。顧客の要望や市場の変化に応じて、途中で新たな要件を加えたり、既存の要件を変更したりすることができます。

開発スピードが速い

アジャイル開発は、小さなサイクルでの開発を繰り返すため、プロダクトの一部が早期に完成します。各スプリントごとに成果物が生み出され、顧客や利害関係者に対してデモを行うことで、進捗を早い段階から確認できます。また、開発チームと顧客とのコミュニケーションがスムーズであるため、要件や指示の不明確さを解消し、素早い開発も可能となります。この迅速な開発スピードにより、競合他社よりも早く市場に投入することができ、ビジネス競争において有利になることがあります。

ユーザビリティが高い

アジャイル開発では、顧客のフィードバックを即座に反映させることで、使いやすいプロダクトを開発することが重視されます。また、ユーザビリティに問題があれば早期に気づくことができるため、最終的なプロダクトがユーザーにとって満足度の高いものとなるでしょう。

開発チームのチームワークが向上する

スプリントごとに成果物を完成させるため、開発チームのメンバー同士がより密にコミュニケーションを取り合い、タスクの進捗や課題を共有することがアジャイル開発にとって不可欠です。このようなチームワークの向上は、開発プロセスの効率化や成果の品質向上につながります。

開発会社選びのポイント

アジャイル開発の経験がある

アジャイル開発の経験がある会社は、スプリントを効果的に進める方法や顧客とのコミュニケーション手法を熟知していることが期待できます。過去のプロジェクト実績や顧客のレビューを確認することで、その会社のアジャイル開発への取り組みや成果を把握することができます。

プログラミングを得意とするエンジニアがいるかどうか

開発会社の技術力は、プロジェクトの品質や完成度に大きな影響を与えます。特に、プログラミングの得意なエンジニアがチームに含まれているかどうかは重要なポイントです。開発会社を選ぶ際には、エンジニアのスキルや経験、実績を詳しく調査しましょう。技術面での優れた人材を揃えている会社は、高品質なソフトウェアを開発する可能性が高くなります。

ラボ型開発を採用している

ラボ型開発は、新たな技術やアイデアを積極的に取り入れて開発に取り組む手法です。革新的なプロダクトを求める場合や、競合他社と差別化したい場合には、ラボ型開発を採用している会社を選ぶと良いでしょう。ラボ型開発を行う会社は、最新の技術動向を把握し、積極的に研究開発を行っています。アジャイル開発とも相性が良いため、柔軟な変更にも対応しやすいという利点があります。

アジャイル開発に強いシステム開発会社6選

株式会社BlueMeme

株式会社BlueMemeは、多様なプロジェクト経験を持つエンジニアたちが、スクラムやカンバンといったアジャイル手法を熟知しています。顧客とのコミュニケーションを重視し、要件変更にも迅速に対応することで、満足度の高いプロダクトを提供しています。

株式会社アジャイルウェア

名前にもその強みが表れる株式会社アジャイルウェアは、アジャイル開発を専門とする会社です。アジャイル開発の経験豊富なエンジニアたちが、プロジェクトに最適なスクラムやXP(エクストリーム・プログラミング)といった手法を駆使して、柔軟で迅速な開発を実現しています。

アイレット株式会社

アイレット株式会社は、アジャイル開発におけるトレーニングやコンサルティングを行うだけでなく、自社開発も行っている実力派企業です。アジャイル開発のスペシャリストたちが、プロジェクトに合わせた最適な手法を提供し、クライアントの要求に応えています。

株式会社Odd-e Japan

株式会社Odd-e Japanは、アジャイル開発の理念を深く理解し、豊富な実践経験を持つエンジニアたちがチームを組み、顧客のニーズに柔軟に対応しています。スクラムマスターやプロダクトオーナーの育成も積極的に行っており、アジャイル開発の普及にも努めています。

Tavern株式会社

Tavern株式会社は、アジャイル開発をベースにした自社プロダクトの開発に力を入れる会社です。アジャイル開発の手法により、迅速なプロダクト開発と顧客のフィードバックを取り入れた改善を実現しています。その経験と実績を活かし、クライアントのプロジェクトにも高い品質とスピードをもたらします。

株式会社エイブリッジ

株式会社エイブリッジは、多様なプロジェクト経験と技術力を持つエンジニアたちが活躍するアジャイル開発の専門企業です。アジャイル開発のプラクティスを実践し、顧客とのコミュニケーションを重視することで、成功に導くプロジェクトを多数手掛けています。

まとめ

開発会社を選ぶ際には、その会社がどのような開発手法を採用しているかを確認することが重要です。アジャイル開発の経験があり、優れたエンジニアが揃い、さらにラボ型開発を取り入れている会社は、革新的で成功を収めやすいプロジェクトを進めることができるでしょう。

よくある質問

Q1:アジャイル開発とは何ですか?

A1:アジャイル開発は、柔軟性とスピードを重視するソフトウェア開発手法の一つです。短い期間で成果物を生み出し、顧客のフィードバックを取り入れながら進めることが特徴です。

Q2:アジャイル開発の適用例はありますか?

A2:アジャイル開発は、ソフトウェア開発に限らず、さまざまな分野で適用されています。例としては、ウェブアプリケーションの開発、モバイルアプリの開発、ゲーム開発、プロジェクト管理などがあります。

Q3:アジャイル開発とウォーターフォール開発の違いは何ですか?

A3:アジャイル開発は短い期間で成果物を提供し、顧客のフィードバックを取り入れて進める手法であるのに対し、ウォーターフォール開発はフェーズごとに開発を進め、途中での変更が難しい手法です。アジャイル開発は顧客とのコミュニケーションと柔軟性を重視し、ウォーターフォール開発は計画と文書化を重視します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ