BtoBカートとは?メリットとBtoCカートとの違いを解説

BtoBカートとは

概要

BtoBカートとは、企業が他の企業から商品やサービスを購入するために使用されるオンラインショッピングカートを指します。購入プロセスの合理化、在庫管理の改善、カスタマーエクスペリエンスの向上、およびビジネスオペレーションのスケーラビリティの改善を目的として設計されています。

BtoBカートのメリット

注文プロセスの効率化

BtoBカートは、企業が製品やサービスをオンラインで注文できるようにすることで注文プロセスを簡素化し、時間を節約してミスの可能性を減らします。

在庫管理の改善

BtoBカートは、利用可能な製品に関するリアルタイムのデータを提供し、販売傾向を追跡することで、企業が在庫レベルを管理するのに役立ちます。

顧客エクスペリエンスの向上

BtoBカートは、製品やサービスを購入したり、注文、請求書、および支払いに関する重要な情報にアクセスしたりするための集中型プラットフォームを提供し、企業にとってより使いやすい体験を提供します。

ビジネスのスケーラビリティの向上

BtoBカートは、注文プロセスの合理化、在庫管理の改善、および顧客体験の向上により、ビジネスの規模を拡大し、より効率的かつ効果的なビジネス運営を可能にします。

BtoCカートとの違い

BtoBカートとBtoCカートには共通点がありますが、以下のような重要な違いもあります。

アカウント制限

BtoBのカートでは、特定の価格、製品カタログ、およびその他の機能にアクセスするために、しばしばアカウントにログインする必要がありますが、これはBtoCのカートでは一般的なことではないです。

カスタム価格設定

BtoCカートは通常、すべての顧客に対して固定価格を提供しますが、BtoBカートは大量注文やリピート顧客に対してカスタム価格オプションを提供することがあります。

カタログ管理

BtoBカートは、段階的な価格設定、製品バリエーション、およびカスタマイズ可能な製品説明など、より高度なカタログ管理機能を提供し、企業顧客の固有のニーズをよりよく満たすことができます。

支払いオプション

BtoCのカートでは通常、クレジットカードやPayPayなどの標準的な支払い方法のみを提供するのに対し、BtoBのカートでは、請求書発行、発注、クレジット口座など、より幅広い支払いオプションを提供することがよくあります。

注文処理

BtoBカートは、企業のより複雑な購買ワークフローをサポートするために、承認、ルーティング、および追跡など、より複雑な注文処理要件を持つ場合があります。

BtoBカートの種類

BtoBカートには、以下のようないくつかの種類があります。

基本的なBtoBカート

基本的なBtoBカートは、商品リスト、ショッピングカート、およびチェックアウトなど、ビジネスのための標準的なeコマース機能を提供します。

コンフィギュラブルBtoBカート

コンフィギュラブルBtoBカートは、カスタマイズ可能な製品リスト、価格設定、およびカスタムフィールドなど、より高度な機能を提供します。

パンチアウト(PunchOut)BtoBカート

PunchOut BtoBカートは、企業が自社の購買システムとサプライヤーのシステムを統合することを可能にし、よりシームレスな注文と請求のプロセスを可能にします。

モバイルBtoBカート

モバイルBtoBカートは、企業がモバイルデバイスから製品やサービスを注文することを可能にし、より柔軟で外出先からの注文を可能にします。

まとめ

BtoBカートは、購買プロセスの合理化、在庫管理の改善、および全体的な顧客体験の向上を目指すビジネスにとって、貴重なツールです。BtoBとBtoCのカートの主な違いや、利用可能なBtoBカートのさまざまなタイプを理解することは、企業がBtoBカートを選択する上で役に立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/11/29】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ3選

ページトップへ