オウンドメディアマーケティングが期待できる7つの効果|成功させるポイントに合わせてを説明

オウンドメディアマーケティングとは?

他のマーケティング手法との違いは?

一般的なマーケティング手法では、広告代理店やメディア会社を通じて広告や宣伝を行いますが、オウンドメディアマーケティングでは、企業自身がコンテンツを制作し、自社のメディアチャンネルを通じて発信し、顧客との長期的な関係を築くことを目指しています。オウンドメディアマーケティングでは、顧客との双方向のコミュニケーションが重要視されるため、顧客のフィードバックや質問に対して迅速に応答することで、顧客の意見やニーズを把握し、それに基づいてコンテンツやサービスを改善することが可能です。

成功したオウンドメディアが期待できる7つの効果

顧客データを蓄積できる

ウェブサイトやソーシャルメディアの分析データ、メールマーケティングの受信者情報などを通じて、顧客の行動や嗜好を把握することができます。このデータを活用することで、よりターゲットに合ったコンテンツやサービスを提供し、顧客の満足度を高めることができます。

広告費を削減できる

自社のメディアチャンネルを通じて情報を発信することで、広告枠やメディアへの依存度を低くすることができます。また、コンテンツマーケティングやSEO対策を行うことで、オーガニックトラフィックを増やしながらも、広告費を削減することができ、効果的なマーケティングを実現できます。

見込み客との関係を強化できる

オウンドメディアを通じて情報やコンテンツを提供することで、見込み客は企業やブランドに対して信頼感を抱くようになります。さらに、双方向のコミュニケーションを通じて、見込み客のニーズや問題を把握し、適切なサポートや提案を行うことができます。これにより、見込み客を顧客に変換する可能性が高まります。

インバウンドマーケティングに有力

インバウンドマーケティングでは、顧客自身が情報を探し求め、自発的に企業に関心を持つことを重視しています。オウンドメディアを通じて、顧客が求める情報や解決策を提供し、彼らの関心を引きつけることができます。これにより、より質の高い見込み客を獲得し、効果的なマーケティングを実現することができます。

ほかの施策と連携しやすい

オウンドメディアは、他のマーケティング施策と連携しやすい特徴を持っています。例えば、SNS上でのコンテンツ共有や広告キャンペーンとの連動、メールマーケティングとの連携などが可能です。オウンドメディアが中心となり、他の施策と相互補完しながら一体的なマーケティング活動を展開することで、より効果的な結果を得ることができます。

採用強化にも効果的

企業のウェブサイトやブログを活用して、魅力的なコンテンツを提供することで、求職者に対して企業文化や働き方、キャリアパスなどを伝えることができます。また、社員の声やエピソードを紹介することで、企業の魅力を具体的に伝えられ、優秀な人材の獲得や採用プロセスのスムーズ化に貢献します。

ブランディング施策にも有効

オウンドメディアは、企業やブランドの専門知識や価値をコンテンツとして発信することで、ターゲットオーディエンスに自社のブランドを確立することができます。また、独自の視点や情報発信によって競合他社との差別化を図ることも可能ですので、顧客の意識や認知度を高め、ブランド価値の向上に貢献することができます。

オウンドメディアマーケティングを成功させるポイント

目的を明確にする

オウンドメディアを活用する際には、明確な目的を設定することが重要です。明確な目的を持つことで、適切な戦略やコンテンツの開発が可能になります。

ペルソナを設計する

ペルソナは、顧客の属性やニーズ、行動パターンなどを具体的に描写したものです。ペルソナを明確にすることで、ターゲットに合わせたコンテンツやコミュニケーションを展開することができます。

オウンドメディアのコンセプトを設計する

コンセプトは、企業やブランドの専門知識や特徴を反映したものであり、ターゲット顧客にとって魅力的で価値のあるコンテンツを提供する基盤となります。コンセプトを明確にし、一貫性のあるコンテンツを提供することで、オウンドメディアの魅力と信頼性を高めることができます。

目的達成までの動線を可視化する

オウンドメディアの運営においては、目的達成までの動線を明確に可視化することが重要です。顧客がオウンドメディアを訪れ、目的を達成するためにどのような行動を取るかを把握し、それに合わせたナビゲーションやコールトゥアクションを設計することが必要です。スムーズで効果的な動線を提供することで、顧客の利便性や満足度を高めることができます。

他メディアとの連携

他のメディアとの連携により、オウンドメディアの知名度やアクセス数を増やすことができます。例えば、ソーシャルメディアでのコンテンツ共有や他のウェブサイトとの相互リンクなどがあります。これによって、オウンドメディアの影響力や拡散力を高めることができます。

長期的な運営計画を立てる

最後に、オウンドメディアは継続的な努力と投資が必要です。適切なコンテンツの制作や更新、効果の分析や改善など、長期的な視点での計画と実行が求められます。短期的な一時的な成果だけでなく、持続的な成果を得るためには、着実な運営計画が重要です。

まとめ

以上が、オウンドメディアマーケティングを成功させるためのポイントです。これらのポイントを踏まえながら、戦略的なオウンドメディア活用を行い、企業やブランドの成長を実現しましょう。

よくある質問

Q1:オウンドメディアマーケティングの効果は具体的に何が期待できるのですか?

A1:オウンドメディアマーケティングには、顧客データの蓄積、広告費の削減、見込み客との関係強化、インバウンドマーケティングの活性化、他メディアとの連携、採用強化、ブランディング施策への効果などが期待されます。

Q2:オウンドメディアを活用する際に重要なポイントはありますか?

A2:オウンドメディアを成功させるためには、目的の明確化、ペルソナの設計、コンセプトの設計、目的達成までの動線の可視化、他メディアとの連携、長期的な運営計画の立案が重要なポイントとなります。

Q3:オウンドメディアのコンセプトとは何ですか?

A3:オウンドメディアのコンセプトは、企業やブランドの専門知識や特徴を反映させた、独自のテーマやコンセプトのことを指します。このコンセプトを通じて、ターゲット顧客に対して魅力的で価値のあるコンテンツを提供します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > セール > Amazon「ブラックフライデー」とは?セールにおける対策や参加方法について解説

ページトップへ