システム開発会社選定のポイントを紹介

採用・育成の手間が省ける

システム開発は専門的な知識とスキルを要する作業です。システム開発会社に委託することで、自社で専門の開発チームを雇う必要がなくなります。そのため、採用や育成にかかる手間やコストを削減することができます。

開発に必要な設備の投資が不要

システム開発には、高性能なハードウェアやソフトウェア、開発ツールなどが必要です。これらの設備を自社で用意するとなると、大きな投資が必要になります。しかし、システム開発会社に委託することで、必要な設備の投資を回避することができます。

自社社員が本来の業務に集中できる

システム開発は時間と労力を要する作業です。自社の社員に開発を任せる場合、彼らの他の業務やプロジェクトが遅れる可能性があります。しかし、外部の開発会社に委託することで、自社社員は本来の業務に集中することができます。これにより、効率的な業務遂行が可能となります。

システム開発会社に委託するデメリット

費用が発生する

システム開発会社に委託する場合、そのサービスに対して費用が発生します。開発の規模や要件によっては、相応の費用が必要となります。このため、予算の制約がある場合や、開発費用を削減したい場合には、委託すること自体が負担となる可能性があります。

システム開発のノウハウが社内に貯まらない

外部の開発会社に依存することで、システム開発のノウハウが社内に蓄積されることはありません。開発の経験や知識は外部の会社に帰属し、社内での能力向上や次回のプロジェクトへの生かし方が制限される可能性があります。将来的な自社開発の需要がある場合、社内の技術力やノウハウの不足が課題となる可能性があります。

外注管理、各種コミュニケーションコストが生じる

システム開発を外部に委託すると、外注の管理やコミュニケーションに時間と労力がかかります。要件の調整や進捗の確認、不具合の修正など、開発会社との円滑なコミュニケーションを図るために、社内の担当者が関与する必要があります。このため、外注管理やコミュニケーションにかかるコストや手間が発生する可能性があります。

システム開発会社の選定ポイント

開発会社の得意領域を確認する

開発会社の得意領域を確認することは重要です。各社は得意とする技術や業種が異なる場合があります。自社が求めるシステムや技術に適した会社を選ぶことで、より高品質な開発を期待できます。過去のプロジェクトや実績、技術スタックなどを調査し、開発会社の得意領域を確認しましょう。

システム開発の実績を確認する

開発会社の実績を確認することも重要です。これにより、その会社の開発能力や品質を評価することができます。過去のプロジェクトの成功事例や顧客の満足度などを調査し、開発会社の実績を確認しましょう。また、同業他社の評判や口コミも参考になります。

システム開発会社に外注する際の注意点

ゴールが曖昧なまま依頼しない

システム開発を外部に委託する前に、明確なゴールを設定することが重要です。開発会社に対して期待する成果や目標を明確に伝えることで、開発の方向性や要件が明確になります。ゴールが曖昧なまま依頼してしまうと、開発の進行や成果物の評価が難しくなる可能性があります。

依頼する範囲を決める

システム開発の委託範囲を明確にすることが重要です。開発会社には、要件定義から設計、開発、テスト、導入までの全ての工程を委託する場合もありますし、一部の工程や特定のタスクだけを委託する場合もあります。委託範囲が曖昧だとのちのちトラブルにつながるケースも往々にしてあるため、委託範囲は初期段階で必ず明確にしましょう。

システムへの要求は文章に起こす

システムへの要求事項や要件は、文章に起こして明確に伝えるべきです。口頭や電話でのやりとりだけでは、要求が漏れたり誤解が生じる可能性があります。具体的な機能や性能、利用環境、予算などの要求を明確に文章化し、開発会社との間で共有することで、要件の明確化と共通理解を図ることができます。

保守・運用費用も予算に含める

システム開発だけでなく、その後の保守や運用にも費用が必要です。開発会社に委託した場合でも、システムの保守・運用にかかる費用は予算に含める必要があります。システムの修正やアップデート、サポートなどの費用を見落とさずに計画し、運用段階での円滑な継続利用を確保しましょう。

まとめ

システム開発を外部の会社に委託することには、メリットとデメリットがあります。メリットデメリットを踏まえたうえで、開発会社への委託を検討する場合は、選定にあたってのポイントを認識して委託会社を選定していきましょう。また、実際に話が進み、外注の話が具体化した場合は、本記事で紹介した注意点について対策を施すことで後々のトラブルを回避することができるでしょう。システム開発を外部に委託する場合には、メリットやデメリットをバランスよく考慮し、適切な開発会社を選ぶことが重要です。委託先の技術力や実績、料金の見積もりを総合的に評価し、自社のニーズに最適な選択をすることで、効果的なシステム開発を実現できます。

よくある質問

Q: システム開発を外部に委託する場合、どのようなメリットがありますか?

A: システム開発を外部に委託することにより、採用や育成の手間を省くことができます。また、必要な設備の投資も不要であり、自社社員が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

Q: 開発会社の選定ポイントは何ですか?

A: 開発会社を選ぶ際には、依頼する範囲を明確にし、開発会社の得意領域や実績を確認することが重要です。自社のニーズに合った開発会社を選ぶことで、より効果的な開発を進めることができます。

Q: システム開発の委託先を選ぶ際に、見積もりの重要性はありますか?

A: 見積もりは重要な要素の一つです。複数の開発会社から見積もりを取り、料金や提供されるサービス内容を比較することで、予算に合った選択ができます。ただし、見積もりだけに頼らず、技術力や実績など他の要素も総合的に考慮することが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ