WEBアプリ開発会社選定のポイントを紹介

アプリ開発会社に委託するメリット

クオリティの高いアプリができる

アプリ開発会社は、専門知識と経験を持つプロフェッショナル集団です。彼らはアプリ開発において優れたスキルを持ち、最新のテクノロジーにも精通しています。そのため、アプリ開発会社に委託することで、高品質なアプリを開発することが期待できます。彼らはベストプラクティスを知っており、品質管理のプロセスやテスト手法を適用して、バグや問題を最小限に抑えることができます。

トレンドに合わせたアプリができる

アプリ開発会社は、常に最新のトレンドやテクノロジーの動向に敏感です。彼らは市場の要求やユーザーのニーズを把握し、それに合わせたアプリを開発することができます。また、彼らは競合他社のアプリや成功事例を熟知しており、それを参考にしてより魅力的なアプリを提供することができます。トレンドに敏感なアプリを開発することで、ユーザーにとって魅力的な体験を提供することが可能です。

自社社員が本来の業務に集中できる

アプリ開発は複雑なプロセスであり、時間と労力を要します。自社でアプリ開発を行う場合、他の業務に従事している社員がアプリ開発に時間を割かなければなりません。しかし、アプリ開発会社に委託することで、自社社員は本来の業務に集中することができます。

アプリ開発会社に委託するデメリット

費用が発生する

アプリ開発会社に委託する場合、そのサービスには一定の費用が発生します。アプリの規模や機能によっては、開発費用が高額になることもあります。また、アプリのメンテナンスやアップデートにも費用がかかる場合があります。

知識・技術などのノウハウがたまらない

外部の開発会社に依存することで、システム開発のノウハウが社内に蓄積されることはありません。開発の経験や知識は外部の会社に帰属し、社内での能力向上や次回のプロジェクトへの生かし方が制限される可能性があります。将来的な自社開発の需要がある場合、社内の技術力やノウハウの不足が課題となる可能性があります。

アプリ開発業者の選定~発注フロー

見積候補のリストアップ

まず最初に、アプリ開発業者の候補をリストアップします。によるアプリ開発業者の検索したり、、同業他社やビジネスコミュニティからの意見収集集めて開発業者をリストアップしていきます。などから開発業者をリストアップします。

見積り取得・比較検討・相見積り候補の選定

 過去のプロジェクトや類似のアプリ開発経験を確認し、開発業者のスキルセットと適切性を評価します。また、コミュニケーションとサポート体制、提案内容等も踏まえて総合的に評価を進めます。提案金額も重要な選定要素です。リストアップした候補から、開発経験やスキルセット、コミュニケーションやサポート体制、提案内容を評価していきます。また金額も重要な評価要素です。いくつか見積りを取得するために、候補となるアプリ開発業者に連絡し、詳細な要件と予算について話し合います。各業者から見積りを受け取ったら、それぞれの提案を比較検討します。

発注する

最終的に、選定したアプリ開発業者に発注します。発注前に、契約条件や納期、支払い条件などを詳細に確認し、文書化された契約を作成することをおすすめします。発注後は、プロジェクトの進捗状況を定期的に確認し、コミュニケーションを密に取ることで、円滑な開発プロセスを確保します。

アプリ開発会社の選定ポイント

依頼する範囲を決める

まず最初に、アプリ開発会社に依頼する範囲を明確に決めることが重要です。開発会社によって得意な領域や提供するサービスが異なるため、具体的な要件やニーズに合わせて依頼範囲を選定します。開発会社に対して、アプリのデザインや開発、テスト、デプロイメント、メンテナンスなどの業務を全て依頼する場合もあれば、一部の業務を外部委託し、他の業務は自社で行う場合もあります。依頼する範囲を明確にすることで、開発会社の選定がスムーズに進みます。

開発会社の得意領域を確認する

開発会社の得意領域を確認することも重要です。特定の業界や技術に精通している開発会社は、その分野での知識や経験を活かしたアプリ開発を提供できる可能性が高いです。開発会社のウェブサイトやポートフォリオをチェックし、過去のプロジェクトや顧客の業界を確認しましょう。自社のプロジェクトにマッチする得意領域を持つ開発会社を選ぶことで、より高品質なアプリを期待することができます。

アプリ開発の実績を確認する

アプリ開発会社の実績を確認することも重要です。過去のプロジェクトや開発したアプリの成功事例を確認することで、その会社の開発能力や品質を評価することができます。開発会社のポートフォリオや顧客のレビュー、アプリの評価などを調査しましょう。アプリ開発の実績が豊富であり、ユーザーから高評価を得ている開発会社を選ぶことで、自社のプロジェクトの成功確率を高めることができます。

まとめアプリ開発を外部の会社に委託することには、メリットとデメリットがあります。メリットデメリットを踏まえたうえで、開発会社への委託を検討する場合は、選定にあたってのポイントを認識して委託会社を選定していきましょう。これらのポイントを考慮しながら、信頼できる開発会社を選ぶことが成功したアプリ開発の鍵となります。

よくある質問

Q: アプリ開発会社に依頼するメリットは何ですか?

A: アプリ開発会社に依頼するメリットとして、高品質なアプリの開発やトレンドに合わせたアプリの提供、自社社員が本来の業務に集中できることがあります。開発会社は専門的な知識や経験を持っており、効率的かつ効果的にアプリ開発を進めることができます。

Q: 自社でアプリ開発を行うべきですか、それとも外部に依頼すべきですか?

A: 自社でアプリ開発を行うか、外部に依頼するかは企業の状況やリソースにより異なります。自社での開発には内部のリソースと専門知識が必要ですが、独自性やコントロールの面でメリットがあります。一方、外部に依頼することで専門的な知識や経験を活用し、効率的にアプリを開発できるメリットがあります。企業のニーズや予算、開発のスピードなどを総合的に考慮し、最適な選択をすることが重要です。

Q: 開発会社に依頼する際、契約や納期についてどのように取り決めれば良いですか?

A: 開発会社に依頼する際には、契約や納期について詳細な合意をすることが重要です。契約にはプロジェクトのスコープ、支払い条件、保証やサポートに関する事項などを明確に記載しましょう。また、納期については開発の進捗状況やマイルストーンを含めたスケジュールを合意し、進行状況を定期的に確認することが重要です。これにより、プロジェクトの進行管理とコミュニケーションの円滑化が図れます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ