Amazonの「比較テスト」とは?比較できるコンテンツや詳細について解説

比較テストとは

ブランドの出品情報を効果的に最適化するために、AmazonではA/Bテストを活用した比較テストが可能です。コンテンツの異なる2つのバージョンを比較し、最も効果的なバージョンを特定できます。比較テストを通じて、購買意欲を高める魅力的なコンテンツの構築が出来ます。

比較テストは、Amazonの競争的なマーケットでブランドの競争力を高め、顧客の信頼を獲得するための重要な戦略の一環として、広く活用されています。ブランドは、データと顧客のフィードバックを通じて持続的な改善を行い、成功を築いていくことができます。

比較できるコンテンツ

比較テストで検証できるコンテンツは以下の5つになります。

  • 商品名
  • 商品画像
  • A+コンテンツ
  • 仕様
  • 商品説明

それぞれのコンテンツについて解説します。

商品名

商品名は、購買者が商品を特定しやすくするために非常に重要な要素です。比較テストを通じて、異なるバージョンの商品名がどれが効果的かを確認することができます。例えば、商品名の短縮バージョンや魅力的なキャッチフレーズなど、さまざまなバリエーションを試すことができます。

良い商品名は、消費者に対して商品の特徴や価値を伝える役割を果たします。適切な商品名を選ぶことで、商品の特性や利点が明確に伝わり、顧客が商品を選ぶ際に役立ちます。また、比較テストを通じて最適な商品名を特定することは、ブランドの認知度向上にも貢献します。

商品画像

商品画像は視覚的な要素であり、購買判断に大きな影響を与えます。比較テストを実施することで、異なる商品画像のバージョンを評価し、どの画像が最も引き立つかを検証することができます。鮮明で魅力的な商品画像は、購買意欲を高める可能性があります。

消費者は商品画像を通じて商品の外観や特徴を評価します。したがって、商品画像は商品の魅力を最大限に引き立て、顧客の信頼を得るために重要な要素です。比較テストによって最適な商品画像を特定し、顧客に魅力的な視覚的体験を提供しましょう。

A+コンテンツ

A+コンテンツは、商品の詳細情報を提供するための領域であり、購買者に対して製品に関する重要な情報を伝える役割を果たします。異なるA+コンテンツのバージョンを比較することで、どちらが購買者に情報を効果的に伝えるかを検証できます。文章の構成やレイアウトの違いによる影響を確認しましょう。

A+コンテンツは、製品の詳細や特長、使用方法などを伝えるための貴重な手段です。適切な情報提供は、購買者の意思決定を支援し、商品への関心を高めるのに役立ちます。比較テストを通じて最も効果的なA+コンテンツを特定し、購買者に価値ある情報を提供しましょう。

仕様

商品の仕様は、購買者に商品の特徴や利点を伝える重要な情報です。異なる仕様のバージョンを比較し、どの仕様がより魅力的に映るかを検証することができます。簡潔かつ的確な仕様表現が重要です。

商品説明

商品説明は、購買者に商品の特性や使い方を説明する重要な部分です。異なる商品説明のバージョンを比較し、どの説明が効果的に伝えるかを検証できます。クリアで魅力的な説明文が購買意欲を刺激するでしょう。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

比較テストのメリット

違うコンテンツを同時期に比較できる

比較テストを活用する最大のメリットは、異なるコンテンツの効果を同じ期間で評価できる点です。異なるバージョンのコンテンツを同時に提示し、どちらが効果的かを比較することで、最適なコンテンツを特定することができます。これにより、迅速な効果検証が可能となります。

期間を調整し、短期間でもテストが出来る

比較テストは通常10週間を目安に行いますが、必要に応じて期間を調整できます。また、「有意性」オプションを選ぶことで統計的に関連性のある結果が得られた場合、テストを早めに終了することもできます。

検証のPDCAを早く回せる

比較テストによって、PDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルを迅速に回すことができます。異なるコンテンツのバージョンを比較し、効果を検証することで、改善策を素早く導き出すことができます。テスト結果に基づいて戦略を調整し、迅速な改善を実現します。

比較テスト実施の条件

ブランド登録に登録済みのブランド所有者であること

比較テストを実施するための条件の一つは、ブランド登録に登録済みのブランド所有者であることです。比較テストはブランドのコンテンツを最適化する手段であり、ブランド所有者によって行われるものです。ブランド登録が完了していることが前提となります。

比較テストの対象トラフィックを十分に獲得していること

比較テストを実施する際には、対象となるコンテンツに対する十分なトラフィックを獲得していることが重要です。十分なアクセスがなければ、コンテンツの効果を正確に評価することが難しくなります。トラフィックの量と質を確保することで、信頼性の高い結果を得ることができます。

比較コンテンツを実施する際に注意すること

テストは1ASINにつき、1種類しか出来ない

比較コンテンツを実施する際には、1つのASINに対して、1種類の比較コンテンツテストしか行えないことに注意が必要です。異なるバージョンのコンテンツを比較する場合も、同じASIN内でのテストに限られます。複数のASINで異なるコンテンツテストを行う際は、それぞれのASINに対して別々にテストを実施する必要があります。

コンテンツの差分は大きくし、多くの検証結果が得られるようにする

比較コンテンツを実施する際には、コンテンツの差分をできるだけ大きく設定し、多くの検証結果を得るようにしましょう。バージョンAとバージョンBのコンテンツが大きく異なる場合、得られるデータはより有益で信頼性の高いものとなります。コンテンツの差分を最大化することで、効果的な改善策を導き出す可能性が高まります。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

まとめ

Amazonにおいて、ブランドの出品情報を効果的に最適化するための有力な手法の一つが、A/Bテストを活用した比較テストです。この比較テストを実施することで、ブランドは自身の商品やサービスに関する情報を改善し、顧客により魅力的な体験を提供することが可能となります。

比較テストは、コンテンツの異なる2つのバージョンを同時に提示し、それらのバージョンを比較するプロセスです。このテストを通じて、どのバージョンが最も効果的であるかを明らかにし、最終的には購買意欲を高める魅力的なコンテンツの構築に貢献します。

この手法を利用することで、ブランドは消費者の反応や行動に関する洞察を獲得し、それに基づいて戦略を調整することが可能です。たとえば、異なる商品名や商品画像、商品説明、A+コンテンツ、仕様などの要素に対して、どのバリエーションが顧客に最も魅力的であるかを評価し、最適なコンテンツを確立する手助けとなります。

よくある質問

Q:比較テストの管理にアクセスするにはどうすればよいですか?

A:比較テストの管理は、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、インド、日本でのみで利用が可能です。Amazonブランド登録に登録済みのブランド所有者を登録し、Amazonストアでブランド商品の販売権限を持つ出品者が対象となります。

Q:比較テストを実施したいASINを見つけられないのはなぜですか? または、ASINが比較テストの対象ではないのはなぜですか?

A:ASINが出品者のブランドに属しており、過去数週間に比較テストの対象となるトラフィックを十分に獲得している場合、そのASINは対象となります。対象となるASINについて詳しくは、比較テストの管理の概要をご覧ください。

Q:まだ結果が表示されないのはなぜですか?

A:比較テストの結果は、毎週または隔週で算出されます。まれに、比較テストに関連するデータ処理の際に結果が遅れることがあります。比較テストの結果は、処理が完了し結果が出た時点で自動的に表示されますので、常に確認してください。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ