食品EC業界と成功する方法について詳しく解説!

食品EC業界について

国内食品EC業界概要

国内食品EC業界とは、食品や飲料などの食品関連商品をインターネット上で販売する電子商取引のことです。一般的にはBtoC(Business to Consumer)領域で展開されており、消費者がインターネット上で商品を注文し、自宅などに配送してもらうことができます。

食品EC業界は、近年急速に拡大しており、多くの企業が参入しています。主なプレイヤーには、大手スーパーマーケットやEC専業企業、食品メーカーなどがあります。

食品EC業界の市場規模と現状

2021年のBtoC領域の「食品、飲料、酒類」分野のEC化率は3.77%と他の分野よりも低い

20年以上前に始まったEC業界ですが、食品EC業界の市場規模は他のEC業界に比べて依然として小さいといえます。2021年のBtoC領域の「食品、飲料、酒類」分野のEC化率は3.77%で、他の分野に比べて低い数字となっています。その理由として、日本人の食文化や消費者行動が、食品EC業界の発展に適応していないためと考えられます。

2021年の「食品、飲料、酒類」分野の市場規模は2兆5,199億円と他の市場規模よりも大きい

しかし、食品EC業界の市場規模は依然として大きく、2021年の「食品、飲料、酒類」分野の市場規模は2兆5,199億円と、他の市場規模よりも大きいことがわかっています。この市場規模は、新型コロナウイルスの影響により、オンラインショッピングの需要が急増したことが要因として考えられます。また、飲食店の営業時間の短縮や休業が続いたことにより、家庭での食事需要が増加したことも、食品EC業界の市場規模の拡大につながったと言えます。

食品EC業界の課題

日本人は食品を選ぶ際に手に取って見れる商品を選ぶ人が多い

食品EC業界が抱える最大の課題は、日本人の食文化や消費者行動に合わせて商品を提供することができていない点です。日本人は、食品を選ぶ際に手に取って見れる商品を選ぶ傾向があります。また、消費者が直接商品を選ぶことができないため、商品の購入前の確認が難しいという問題もあります。

物流や食品在庫を保管するための倉庫の整備が大変

食品EC業界では、商品の品質管理や衛生管理などが重要な課題となっています。食品は腐りやすく、温度管理や在庫管理に細心の注意が必要です。また、食品EC業界には、配送先によって異なる商品の在庫を保管する必要があります。そのため、物流や食品在庫を保管するための倉庫の整備が大変な課題となっています。

食品ECは即時性に欠ける

食品EC業界は、商品の発注から配送までに時間がかかるため、即時性に欠けるという課題があります。消費者が食品を購入する際には、その時点で必要な商品を手に入れることが求められます。そのため、商品の発送が遅れた場合や、品質が低い商品が届いた場合は、消費者にとって大きな不満となります。

配送コストが単価に対して高い

食品は商品の中でも特に品質管理が重要であり、温度管理や衛生管理などの条件を満たさなければなりません。そのため、配送には専用の車両や保冷剤、クールボックスなどの設備が必要となり、それによるコストがかかります。食品は消費期限が短いため、大量に在庫を持つことができず、注文があってから商品を仕入れてから配送する必要があります。そのため、個別に配送を行う必要があり、配送コストが高くなります。食品EC業界では、一般的に宅配便業者を利用して配送を行います。しかし、宅配便業者の料金が高いため、配送コストも高くなってしまいます。これらの理由から、食品EC業界では配送コストが高いという課題があります。この課題を解決するためには、配送ルートの最適化や、複数のEC事業者が共同で配送を行うことによるコスト削減など、新たな取り組みが求められています。

食品EC業界を成功させるためのポイント

リピーターの育成を通した売上拡大

食品EC業界では、リピーターの獲得が重要です。一度購入してもう一度利用してもらうことができれば、コストや手間がかからずに売上を拡大することができます。そのため、リピート購入率を向上させるための施策が必要です。例えば、メールマガジンやSNSなどを活用して情報を発信し、商品やサービスに対するアフターサポートを充実させることで、顧客との信頼関係を築き、リピート購入率を高めることができます。

定期商品の販売で売上拡大

食品EC業界では、定期的に購入される商品が多いため、定期的な購入を促すサービスを展開することが重要です。例えば、毎月定期的に商品を届ける「定期便」サービスを提供することで、顧客の利便性を高め、リピート購入率を向上させることができます。また、定期的に購入される商品に対して、割引などの特典を提供することで、定期購入を促進することもできます。

素早くユーザーに届けるため物流拠点の拡大が必要

食品EC業界では、商品の配送において、購入した商品が早く手元に届くことが求められます。そのため、物流拠点を拡大することで、より効率的な物流システムを構築することが重要です。例えば、首都圏と地方の拠点を設けることで、より早い配送を実現することができます。また、自社物流だけでなく、外部の配送会社と提携することで、より効率的な物流システムを構築することもできます。そのためには、物流拠点の充実だけでなく、情報システムの改善も必要となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ