リダイレクトの設定をShopifyで行う方法を解説

リダイレクトの意味

概要

リダイレクトとは、ウェブページのアクセス方法を変更する重要なツールです。ユーザーが古いURLにアクセスした場合、新しいURLに自動的に転送されます。これにより、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンの評価を向上させることができます。

設定する目的

リダイレクトは、複数の目的に使用されます。例えば、ウェブページの移動や名称変更時に、古いURLを新しいURLにリダイレクトすることで、ユーザーが適切なページにアクセスできるようにします。また、古いページの価値を新しいページに伝えることもできます。

設定するメリット

リダイレクトを設定することにはいくつかのメリットがあります。まず、ユーザーが古いURLにアクセスしても新しいコンテンツに自動的に転送されるため、ユーザーエクスペリエンスが向上します。また、検索エンジンは新しいURLをインデックスとして認識し、ランキングの維持に寄与します。

設定しない場合のデメリット

リダイレクトを設定しない場合、ユーザーは古いURLで404エラーページに遭遇する可能性があります。これはユーザーの不満を引き起こし、検索エンジンのランキングにも悪影響を及ぼす可能性があります。適切なリダイレクトの設定は、ユーザーエクスペリエンスとSEOにとって不可欠です。

リダイレクトの種類

301リダイレクト

301リダイレクトは、永久的な移動を示すためのものです。古いURLから新しいURLにリダイレクトされ、検索エンジンは新しいURLをインデックスとして認識します。過去のリンクジュースやランキングが新しいページに移行されるため、SEOにおいて効果的です。

302リダイレクト

302リダイレクトは一時的な移動を示すためのものです。古いURLから新しいURLにユーザーが一時的にリダイレクトされますが、古いURLが検索エンジンのインデックスに残ります。一時的な変更に適していますが、SEO的な影響は301リダイレクトほど大きくありません。

リダイレクトループ

リダイレクトループは、複数のページが互いにリダイレクトし合う状況です。これによりサーバーの負荷が増加し、ユーザーは目的のページにたどり着けない可能性があります。検索エンジンも同様に問題を抱えるため、適切なリダイレクトを設定することが重要です。

リダイレクトを設定する必要がある場面

webページの移動・削除

ウェブページを移動または削除する際、古いURLを新しいURLにリダイレクトすることで、ユーザーが適切なコンテンツにアクセスできるようにします。301リダイレクトを使用して、ページの価値を維持しましょう。

プロトコルの変更

プロトコルを変更する際(例:HTTPからHTTPSへ)、リダイレクトを使用してユーザーを新しいセキュアなバージョンに案内します。これにより、安全性を向上させつつ、ランキングの喪失を最小限に抑えることができます。

一時的なアクセス制限

一時的に特定のユーザーにアクセスを制限する場合、302リダイレクトを使用して一時的なメンテナンスページや制限ページに転送します。ユーザーに適切な情報を提供し、不便さを最小限に抑えましょう。

エラーページへのリダイレクト

ユーザーが存在しないページにアクセスした場合、適切なエラーページにリダイレクトすることで、ユーザーにわかりやすいエクスペリエンスを提供します。カスタムエラーページへのリダイレクトを設定して、ユーザーとの信頼関係を構築しましょう。

リダイレクトが反映されるまでの時間

リダイレクトが設定された場合、一般的には数時間から数日かかることがあります。これは、検索エンジンが新しいURLをクロールし、インデックスに反映させるまでの時間がかかるためです。ただし、リダイレクトが正しく設定されていれば、ユーザーは新しいURLに自動的に転送されるため、エクスペリエンスは改善されます。

Shopifyでリダイレクトを設定する方法

1.「オンラインストア」をクリック

2.「メニュー」をクリック

3.「URLのリダイレクトを表示」をクリック

4.「URLリダイレクトを作成」をクリック

5.「リダイレクト元」に、古いURLを設定

6.「リダイレクト先」に、新しいURLを設定

7.「リダイレクトを保存する」をクリック

まとめ

リダイレクトはウェブページのアクセス方法を変更する重要なツールです。ユーザーが古いURLにアクセスした場合、新しいURLに転送されるため、ユーザーエクスペリエンスの向上や検索エンジン評価の向上が可能です。リダイレクトは、ウェブページの移動や名称変更時に古いURLを新しいURLに変更するために利用され、設定しない場合はユーザーの不満や検索エンジンのランキング低下につながる可能性があります。

リダイレクトには301リダイレクトと302リダイレクトの2種類があり、301リダイレクトは永久的な移動を示し、ランキングやリンクジュースの移行に適しています。302リダイレクトは一時的な移動を示し、一時的な変更に使用されますが、SEOへの影響は301リダイレクトより小さいです。また、リダイレクトループは避けるべき状況であり、適切なリダイレクトチェーンの設定が重要です。

リダイレクトを設定する場面では、ウェブページの移動・削除時に古いURLから新しいURLへの301リダイレクトが役立ちます。プロトコルの変更時には、セキュアなバージョンへの案内を301リダイレクトで行い、安全性を保ちつつランキングを維持します。一時的なアクセス制限には302リダイレクトが活用され、エラーページへのリダイレクトもカスタムエラーページを利用してユーザーエクスペリエンスを向上させる手段となります。

リダイレクトはウェブサイト管理において重要な要素であり、適切な設定によってユーザーエクスペリエンスの向上とSEOの最適化が可能となります。

よくある質問

Q:リダイレクトを設定する際、どの種類を選ぶべきですか?

ウェブページの移動や名称変更の場合、永久的な変更を示す301リダイレクトが適しています。一方、一時的な移動や変更には302リダイレクトが適切です。目的に合わせて適切な種類を選ぶことが大切です。

Q:リダイレクトを設定しないとどのような影響がありますか?

リダイレクトを設定しない場合、ユーザーが古いURLにアクセスした際に404エラーページが表示される可能性があります。これはユーザーの不満を招くだけでなく、検索エンジンのランキングにも悪影響を及ぼす可能性があります。

Q:プロトコルを変更する際、どのようなリダイレクトを使用すべきですか?

プロトコルの変更(例:HTTPからHTTPSへ)の場合、301リダイレクトを使用してユーザーを新しいセキュアなバージョンに案内することがおすすめです。これにより、安全性を向上させつつSEOの影響を最小限に抑えることができます。

Q:リダイレクトループとは何ですか?

リダイレクトループとは、複数のページが互いにリダイレクトし合う状況を指します。これによりサーバーの負荷が増加し、ユーザーが目的のページにたどり着けない可能性があります。検索エンジンも同様に問題を抱えるため、適切なリダイレクト設定が重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ