ECサイトにおける集客についてShopifyを例に解説

ECサイトにおける集客

概要

Amazonや楽天のようなECモールに出店するのではなく、自社でECサイトを作成した際に集客は非常に重要な要素です。なぜなら、ECモールはモール内の関連流入が発生したりモール自体に集客力があることから比較敵集客は簡単に行う事が可能である反面、自社でECサイトを作成した場合、集客はECモール程簡単には出来ません。

折角作成したECサイトで売上を上げるためにはどのような方法があるのかについて、本記事では解説していきます。

Shopifyにおける集客

概要

Shopifyでは、他のECサイトで使用出来る集客の方法に加えて、デフォルトでブログ機能を使用することが出来ます。これにより、SEOを意識した施策を実施しやすく集客が行いやすくなります。

ShopifyでWeb広告を使った集客を行う

Shopifyストアに集客を行う手段の1つとして、Web広告を使用するという物があります。

Web広告を使用した集客のメリットとデメリットは以下のようになります。

メリット

広範なターゲット層にリーチ可能

Web広告は、インターネットを利用する多くのユーザーにアクセスすることができます。適切なターゲティングとキーワード選定により、Shopifyストアの目標ユーザーにリーチすることができます。幅広いターゲット層にアプローチし、多様な顧客を獲得できる点が大きなメリットです。

即効性がある集客手法

Web広告は、広告が配信されるとすぐに効果が現れます。オーガニックな集客手法に比べて即効性があり、需要が高まっているときやキャンペーン時に効果を発揮します。特に、リスティング広告やSNS広告は、効果的なCTRとコンバージョン率を実現しやすい点が挙げられます。

課金が成果に応じて発生

多くのWeb広告プラットフォームは、成果に応じて課金されるシステムを採用しています。クリックやコンバージョンなど、広告の効果に基づいて費用が発生するため、無駄な広告費用を節約できます。効果測定と最適化を行いながら、収益性の高い広告キャンペーンを展開できる点がメリットです。

デメリット

競争が激化している

Web広告は多くの企業や個人が利用しており、競争が激化しています。競合他社との差別化や目立った広告コンテンツが必要となります。特に競合が多い業界では、広告予算を増やす必要があるかもしれません。

広告ブロックの存在

一部のユーザーは、広告ブロックソフトウェアを利用して広告を非表示にすることがあります。これにより、一部のユーザーに対する効果が減少する可能性があります。しかし、ターゲットユーザーに向けた効果的な広告制作により、広告ブロックをかいくぐることができます。

予算管理が重要

Web広告を効果的に活用するためには、広告予算の適切な管理が必要です。無制限に広告費をかけるのではなく、予算をコントロールしながら最適な広告キャンペーンを実施する必要があります。効果測定と改善を継続的に行いながら、コストパフォーマンスを高めることが重要です。

Web広告はShopifyストアの集客に効果的な手法ですが、競争や広告ブロックなどの課題もあります。適切な広告戦略とコンテンツ制作により、Web広告を有効に活用して成功を収めることが重要です。

ShopifyでSEO対策を活用した集客を行う

メリット

長期的な集客効果を持続

SEO対策は、検索エンジンでの上位表示を目指すための取り組みです。適切なキーワードリサーチとコンテンツ最適化により、Shopifyストアのウェブサイトが上位表示されることで、長期的な集客効果を持続できます。一度上位表示を獲得すれば、継続的なアクセスが期待できる点が大きなメリットです。

費用対効果が高い

SEO対策は、広告費用をかけずに自然な検索結果でアクセスを得る手法です。広告キャンペーンに比べて費用対効果が高く、コンバージョン率の向上にも繋がります。効果測定と改善を行いながら、効率的なSEO対策を展開することで、費用を抑えながら集客効果を最大化できます。

ブランドの信頼性向上

上位表示されたウェブサイトは、検索エンジンから信頼性があると認知されます。ユーザーは上位表示されたサイトを訪れることで、Shopifyストアのブランドや商品に対する信頼感が高まります。SEO対策を行うことで、ブランドの認知と信頼性を向上させることができます。

デメリット

競争が激化している

多くの企業やウェブサイトがSEO対策を行っており、競争が激化しています。特に競合が多いキーワードでは、上位表示を獲得するのが難しい場合があります。競合分析と独自のコンテンツ制作が必要となります。

成果が時間がかかる

SEO対策は、効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。検索エンジンのアルゴリズムに影響されるため、上位表示を獲得するまでには時間がかかることがあります。即効性を求める場合は、他の集客手法と組み合わせる必要があります。

アルゴリズムの変化への対応が必要

検索エンジンのアルゴリズムは定期的に変化します。一度上位表示を獲得しても、アルゴリズムの変更により順位が下がる可能性があります。継続的なモニタリングと改善が必要となります。

Shopifyストアへの集客には、SEO対策を積極的に取り入れることで、長期的な集客効果や費用対効果の向上が期待できます。競合との差別化やアルゴリズムの変化への対応にも注意しながら、戦略的なSEO対策を実施することが重要です。

ShopifyでSNS運用を活用した集客を行う

メリット

幅広いユーザーにリーチ可能

SNS運用は、Facebook、Instagram、Xなどのプラットフォームを活用して、幅広いユーザーにリーチできるメリットがあります。特に若年層やインターネット利用者に多くのユーザーが集まっており、ターゲットユーザーに効果的にアプローチできます。

興味を引くコンテンツ発信が可能

SNSでは、写真や動画、キャッチコピーなど、多様なコンテンツを発信できます。魅力的なコンテンツを通じて商品やサービスをPRし、ユーザーの興味を引くことができます。視覚的なアピールやストーリーテリングにより、ブランドの認知拡大が期待できます。

ユーザーエンゲージメントを促進

SNSはコミュニケーションツールでもあり、ユーザーとの対話を活発化できます。コメントやシェア、いいねなどのアクションを通じて、ユーザーエンゲージメントを促進することができます。フォロワーとの関係構築やファンを増やすことで、より良い顧客を獲得できます。

デメリット

時間とリソースが必要

SNS運用は、コンテンツの企画・制作、投稿、フォロワーとのコミュニケーションなど、時間とリソースが必要です。定期的で継続的な運用が重要であり、手間がかかる点がデメリットです。

競争が激化している

多くの企業や個人がSNSを活用しており、競争が激化しています。目立つコンテンツを制作するためには、差別化と創造性が求められます。競合との差をつける戦略が必要です。

SNS運用は、Shopifyストアへの集客に有効な手法ですが、競合との差別化等には注意が必要です。定期的なコンテンツ制作とフォロワーとのコミュニケーションを通じて、効果的なSNS運用を実現しましょう。

まとめ

自社ECサイトでは、集客がECモールよりも難しい側面がありますが、その効果を最大化するためには様々な方法を検討する必要があります。

Shopifyにおける集客方法として、Web広告とSEO対策を活用することが重要です。Web広告は幅広いターゲット層にリーチ可能であり、即効性がある一方、競争が激化している点に注意が必要です。一方、SEO対策は長期的な集客効果を持続させるメリットがありますが、こちらも競争が激化しており成果に時間がかかることがデメリットです。

また、SNS運用もShopifyストアの集客に効果的な手段として活用できます。興味を引くコンテンツ発信やユーザーエンゲージメントを促進することで、幅広いユーザーにリーチできる一方、時間とリソースが必要であり、競争も激化しています。

よくある質問

Q: ShopifyでECサイトを作成した場合、ECモールに出店するよりも集客が難しいと言われていますが、具体的にどのように集客を行えば良いですか?

自社ECサイトの集客には、Web広告やSEO対策、SNS運用などの方法が効果的です。適切なターゲティングやキーワード選定を行うWeb広告や、上位表示を目指すSEO対策、幅広いユーザーにリーチできるSNS運用などを組み合わせることで、集客を増やすことができます。

Q: ShopifyでWeb広告を使った集客のメリットは何ですか?

Web広告は広範なターゲット層にリーチできる点が大きなメリットです。適切なターゲティングとキーワード選定により、Shopifyストアの目標ユーザーにリーチすることができます。また、即効性があり、広告が配信されるとすぐに効果が現れます。さらに、成果に応じて課金されるため、効果測定と最適化を行いながら収益性の高い広告キャンペーンを展開できる点がメリットです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ