GA4をShopifyで設定するための方法を解説します

Google Analytics4(GA4)とは

概要

Google Analytics4(GA4)は、ウェブサイトやモバイルアプリのデータを収集し、分析するための革新的なウェブ分析ツールです。GA4は、従来のGoogle Analytics(GA)とは異なり、イベントベースのデータ収集を中心に展開されています。つまり、ユーザーの特定のアクションやイベントに重点を置いてデータを取得することができるため、ユーザーの行動パターンやウェブサイト上での重要なコンバージョンをより詳細に把握することが可能です。

新しいGA4では、クロスデバイストラッキングも改善されており、ユーザーが複数のデバイスを使ってウェブサイトやアプリとのやり取りを行っていた場合でも、個別のユーザーとして正確に追跡できるようになっています。また、AIによる高度な分析機能も備えており、データから有益な洞察を得ることが容易になっています。

GA4で出来る事

GA4を利用することで、ウェブサイトやモバイルアプリの運用に関するさまざまな情報を得ることができます。

ユーザー行動の詳細な把握

GA4はイベントベースのデータ収集を行うため、ユーザーの具体的な行動、例えば特定の商品ページの閲覧やカート追加、フォームの送信などを正確に把握できます。これにより、ユーザーの興味関心やニーズを理解し、改善すべき点を特定できます。

コンバージョン率の向上

GA4のイベントトラッキング機能により、コンバージョン率の向上に向けた施策を講じることができます。例えば、特定の目標達成に至るユーザーの行動パスを把握し、それに合わせた改善を行うことで、コンバージョン率の向上を図ることができます。

ユーザーセグメンテーション

GA4はユーザーの特定の行動や属性に基づいて、セグメンテーションを行うことができます。これにより、ターゲットユーザーに合わせたマーケティング施策を展開することができます。例えば、特定の商品に興味を持っているユーザーやリピーターに対して、ターゲティング広告を行うことが可能です。

GA4とShopifyを連携する利点

GA4とShopifyの連携は、ECサイトの運営において多くのメリットをもたらします。

正確なデータ収集

GA4とShopifyを連携させることで、ECサイト上でのユーザー行動やトランザクション、売上などの重要なデータを正確に収集できます。これにより、ユーザーの購買行動やニーズを把握し、より適切な施策を立案することが可能です。

カスタムレポートの作成

GA4ではカスタムレポートの作成が容易になっています。Shopifyとの連携により、ECサイトに特化したカスタムレポートを作成できるため、より詳細なデータ分析が行えます。売上の推移や商品ごとの売れ筋ランキングなどを把握し、経営戦略に活用できます。

効果的な広告ターゲティング

GA4のイベントトラッキング機能を活用し、Shopifyでの特定のアクションを正確に把握することで、効果的な広告ターゲティングが可能となります。興味を持っている商品やカートに入れた商品に対して、タイムリーな広告を配信することで、コンバージョン率の向上が期待できます。

GA4をShopifyに設定する方法

GA4の設定

アカウント開設

1.Google Analyticsへ接続

2.「測定を開始」をクリック

3.画面の内容に従って、アカウントを作成する

4.画面の内容に従って、プロパティを作成する

5.画面の内容に従って、ビジネスの説明を作成する

6.画面の内容に従って、ビジネス目標を選択

7.日本の利用規約を確認し、「GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します」にチェックを入れ、「同意する」をクリック

8.「データ収集を開始する」の項目から、「ウェブ」を選択

9.「ウェブサイトのURL」にストアURLを設定、「ストリーム名」には任意の名前を記載し「ストリームを作成」をクリック

10.「測定ID」を控えておく

Shopify側の設定

1.「アプリを追加」をクリック

2.「Shopifyアプリストアでアプリをさらに探す」をクリック

3.「Google&Youtube」を開き、「アプリを追加する」をクリック

4.「販売チャネルを追加する」をクリック

5.「Googleアカウントを接続」をクリック

6.「始める」をクリック

7.「GA4をShopifyに設定する方法」で控えた測定IDを選択して、「接続」をクリック

8.ShopifyとGA4の接続が行われる

まとめ

Google Analytics4(GA4)は、ウェブサイトやモバイルアプリのデータを収集し、イベントベースのデータ収集を中心に展開する革新的なウェブ分析ツールです。GA4の利用により、ユーザー行動の詳細な把握やコンバージョン率の向上、ユーザーセグメンテーションが可能となります。また、クロスデバイストラッキングやAIによる高度な分析機能も備えており、洞察に基づいたマーケティング施策を展開することができます。

GA4とShopifyを連携させる利点としては、正確なデータ収集やカスタムレポートの作成、効果的な広告ターゲティングが挙げられます。両者の連携により、ECサイトの運営においてより効果的な戦略立案と顧客への対応が可能となります。GA4をShopifyに設定する方法については、丁寧な手順に従うことでスムーズに連携が行われます。

これらの手法を駆使して、オンラインビジネスの成長と競争力を向上させることができるでしょう。

よくある質問

Q:Google AnalyticsとGoogle Analytics4(GA4)の違いは何ですか?

Google Analyticsは従来のウェブ分析ツールで、ページビューやセッションなどの指標に基づいてウェブサイトの分析を行います。一方、Google Analytics4(GA4)はイベントベースのデータ収集を行い、ユーザーの特定のアクションに焦点を当てて分析します。これにより、ユーザーの行動パターンやウェブサイト上での重要なコンバージョンをより詳細に把握することが可能です。

Q:GA4を利用するメリットは何ですか?

GA4の利点は以下の通りです。

ユーザー行動の詳細な把握

GA4はイベントベースのデータ収集を行うため、特定のアクションに対して正確なデータを取得できます。これにより、ユーザーの興味関心やニーズを理解し、改善すべき点を特定できます。

コンバージョン率の向上

GA4のイベントトラッキング機能を活用して、コンバージョン率の向上に向けた施策を行うことができます。特定の目標達成に至るユーザーの行動パスを把握し、効果的な改善策を講じることが可能です。

ユーザーセグメンテーション

GA4はユーザーの行動や属性に基づいてセグメンテーションを行えます。これにより、ターゲットユーザーに合わせたマーケティング施策を展開することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ