Amazon広告のキーワードマッチタイプとは?効果的な活用法について解説!

Amazon広告におけるキーワードマッチタイプとは?

キーワードマッチタイプとは、Amazon広告において、広告主が設定したキーワードと検索クエリがどの程度一致するかを示す重要な機能です。これにより、広告の表示範囲やターゲティングの精度を調整できます。例えば、商品名や関連キーワードと一致するクエリだけに広告を表示させたり、幅広いクエリに対して広告を表示させることも可能です。

オートターゲティングの場合のキーワードマッチタイプ(2種類)

オートターゲティングは、広告主がキーワードを自動的に設定せずに、Amazonが商品に関連するクエリに広告を表示する仕組みです。これにより、手動でキーワードを設定する手間を省きながら、広告の表示範囲を広げることができます。オートターゲティングには以下の2種類のキーワードマッチタイプがあります。

ほぼ一致

ほぼ一致は、商品に関連するキーワードやそのシノニムに広告が表示される設定です。例えば、商品名のスペルミスや近い意味のキーワードでも広告が表示されるため、幅広いクエリに対して広告を表示させることができます。これにより、新しい潜在顧客にアプローチできると同時に、関連性を保ちつつ効果的な広告運用が可能です。

大まかな一致

大まかな一致は、商品に関連するキーワードに広告が表示される設定です。例えば、キーワードを一部省略したり、キーワードの前後に他の言葉がある場合でも広告が表示されます。広範なターゲティングを行いつつ、関連性を重視した広告を配信したい場合に効果的です。この設定により、商品の特徴や用途に関連する幅広いクエリに対して広告を表示できます。

マニュアルターゲティングの場合のキーワードマッチタイプ(3種類)

マニュアルターゲティングでは、広告主が自らキーワードを設定し、ターゲットを絞ることができます。商品に合った適切なキーワードを選定し、広告のパフォーマンスを向上させるために、以下の3種類のキーワードマッチタイプを活用します。

完全一致

完全一致は、広告主が設定したキーワードと検索クエリがまったく一致した場合に広告が表示される設定です。広告を特定のクエリにピンポイントで表示させたい場合に有効です。ただし、キーワードの設定が厳密であるため、表示範囲が限定的になる可能性があります。

フレーズ一致

フレーズ一致は、広告主が設定したキーワードを含むクエリに広告が表示される設定です。キーワードの前後に他の言葉があっても広告が表示されるため、関連性を持たせつつ幅広くアプローチできます。商品に関連するクエリに対して広告を表示させたい場合に適しています。

部分一致

部分一致は、広告主が設定したキーワードを含むクエリに広告が表示される設定です。キーワードの一部が含まれる場合でも広告が表示されるため、より広範なターゲティングが可能です。商品の特徴や利用シーンに関連するクエリに対して広告を表示させたい場合に効果的です。

マッチタイプと一緒に活用すると効果的な除外キーワード

キーワードマッチタイプと組み合わせて活用する除外キーワードは、広告のターゲティングをより精度高く制御するために重要です。除外キーワードを使うことで、広告が表示されるべきでないクエリに対して無駄な広告費を削減できます。競合他社や関連性のないクエリを除外することで、広告のクオリティを向上させることができます。

キーワードマッチタイプの入稿方法

1.キャンペーンを作成後、「広告グループの作成」をクリック。

2.マニュアルターゲティング内の「キーワードターゲティング」を選択。

3.赤枠内を任意で設定。

4.除外キーワードを設定する場合は除外キーワードをクリック

5.除外したいキーワードを入力。

まとめ

Amazon広告におけるキーワードマッチタイプは、広告の表示範囲やターゲティングの精度を調整する重要な要素です。オートターゲティングでは、ほぼ一致と大まかな一致の2種類があり、関連性を保ちつつ幅広くアプローチできます。一方、マニュアルターゲティングでは、完全一致、フレーズ一致、部分一致の3種類があり、ターゲットを厳密に絞ることも広範にアプローチすることも可能です。さらに、マッチタイプと一緒に活用する除外キーワードによって、広告のクオリティを向上させることができます。

よくある質問

Q: キーワードマッチタイプとは何ですか?

A: キーワードマッチタイプとは、Amazon広告において広告主が設定したキーワードと検索クエリの一致度を示す機能です。キーワードマッチタイプを適切に活用することで、広告の表示範囲やターゲティングの精度を調整できます。

Q: オートターゲティングのキーワードマッチタイプは何種類ありますか?

A: オートターゲティングのキーワードマッチタイプには、ほぼ一致と大まかな一致の2種類があります。ほぼ一致は商品に関連するキーワードやシノニムに広告が表示され、大まかな一致は商品に関連するキーワードに広告が表示される設定です。

Q: マニュアルターゲティングのキーワードマッチタイプは何種類ありますか?

A: マニュアルターゲティングのキーワードマッチタイプには、完全一致、フレーズ一致、部分一致の3種類があります。完全一致は広告主が設定したキーワードと検索クエリが完全に一致した場合に広告が表示され、フレーズ一致はキーワードを含むクエリに広告が表示され、部分一致はキーワードの一部が含まれる場合でも広告が表示されます。

Q: 除外キーワードはどのように活用すれば効果的ですか?

A: 除外キーワードは広告のターゲティングを精度高く制御するために重要です。競合他社や関連性のないクエリを除外することで、広告が表示されるべきでない場合の広告費を削減できます。広告のクオリティを向上させるために、マッチタイプと一緒に活用することが効果的です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ