Amazonで売上をアップするには?ビッグセールで出来る対策について解説

Amazonビッグセールとは

Amazonビッグセールとは、Amazonが定期的に開催する大規模なセールイベントです。このセールイベントにはいくつかの重要なサブイベントが含まれており、その中で最も注目されるものは「Primeday(プライムデー)」と「BlackFriday(ブラックフライデー)」です。

Primeday

Primeday(プライムデー)は、Amazonが毎年7月に開催するイベントで、Amazonプライム会員向けに特別な割引やお得な商品が提供されます。この日数日間にわたるイベントでは、Amazonプライム会員にとって非常に魅力的な特典が用意され、多くの人々がこの期間中にショッピングを楽しむために登録し、参加します。プライムデーは、さまざまな商品カテゴリーにわたるお得な取引と、Amazonの独占製品に関連した特別価格での提供が特徴です。

BlackFriday

アメリカ発祥のセールイベントで、感謝祭の翌日の金曜日に開催されます。通常、11月に行われ、多くの小売業者が大幅な割引や特別なプロモーションを提供するため、消費者にとって非常に魅力的な機会となっています。Amazonもこの日に合わせて、さまざまな商品をセール価格で提供し、数週間にわたるセールイベントを実施します。この期間中、消費者はクリスマスや年末のギフトショッピングに向けて大規模な節約を実現することができます。

Amazonビッグセールは、プライムデーとブラックフライデーを含むさまざまなセールイベントで構成され、消費者にとっては特別な商品をお得に手に入れる絶好の機会です。これらのイベントは、Amazonの顧客満足度を高め、ショッピング体験を向上させるために定期的に開催されています。

SALE時に売上を上げるために実施するべきこと

次にSALE時に売上を上げるために実施するべきことについて以下の4つのポイントで解説します。

  • 在庫の拡充
  • セールの開催
  • ストアの見直し
  • 広告の見直し

在庫の補充

在庫の補充は、ビッグセール前に最優先で行うべき活動の一つです。過去の売上データや需要予測を元に、人気商品やセール対象商品の在庫を確保しましょう。在庫が不足してしまうと、顧客の不満や売上の機会損失が発生する可能性があります。また、在庫管理システムを導入し、リアルタイムで在庫状況を把握し、欠品を最小限に抑える努力が必要です。

以下がセール時に注力すべきポイントになります。

過去の売上データの分析

過去のセールイベントや類似のセール期間における売上データを分析し、どの商品が特に人気であったかを把握します。これによって、需要の高い商品に備えることができます。

需要予測

在庫の補充には需要予測が不可欠です。過去の売上データや市場トレンドを考慮して、セール期間中の需要を予測し、在庫を確保します。

リアルタイム在庫管理

在庫管理システムを活用して、リアルタイムで在庫状況を把握します。これにより、欠品を最小限に抑え、顧客の不満を回避します。

セールの開催

セールの成功には、適切な割引率やクーポンの設定が欠かせません。管理画面を活用して商品の割引を行い、顧客に魅力的な価格を提供しましょう。また、セール期間やタイミングを計画し、宣伝を行うことも大切です。セールの魅力を顧客に伝えるために、広告キャンペーンも活用しましょう。

ストアの見直し

ビッグセール前には、ストアページの見直しを行うことで、購買意欲を高めることができます。ストアのデザイン、レイアウト、カテゴリー構成などを検討し、使いやすさと視覚的な魅力を向上させましょう。特にセールページのデザインとコンテンツは、セールイベントの成功に直結します。

広告の見直し

ビッグセール前に広告の見直しを行うことで、ターゲット層への効果的なアプローチが可能となります。広告キャンペーンの設定や広告メッセージの最適化を行い、より多くのユーザーにアピールしましょう。

ここでは広告について詳しく解説します。

ターゲティングの見直し

ビッグセール時には普段獲得確度が低く、ターゲティングとして配信をしていないユーザーも購入してもらえる可能性が高まります。競合の商品をターゲティング出来ているか、カテゴリユーザーへの配信を出来ているか、キーワードを完全一致で網羅しつつ配信が出来ているかを再度確認し、適切なターゲティング設定で配信を行いましょう。

予算の配分

ビッグセールは普段Amazonで買い物をしないユーザーも商品を見に来ます。また、普段買い物をAmazonでするユーザーもどの商品を購入しようかを検討しにAmazonに見に来ます。

セールに近づくにつれ、広告を強化しトラフィックを集めることでセール期間中の売上の底上げを出来ます。

広告の見直しは、ビッグセールの成功に向けて不可欠なステップです。ターゲティングの最適化と予算の適切な配分に焦点を当てることで、セール期間中に売り上げを最大化し、顧客の関心を引きつけることができます。定期的な分析と改善を行い、競争の激しいAmazon市場で成功を収めましょう。

まとめ

Amazonビッグセールは、Amazonが定期的に開催する大規模なセールイベントで、その中でも最も注目されるのが「Primeday(プライムデー)」と「BlackFriday(ブラックフライデー)」です。プライムデーはAmazonプライム会員向けに特別な割引やお得な商品が提供され、ブラックフライデーはアメリカ発祥のセールイベントで、感謝祭の翌日に多くの小売業者が大幅な割引と特別プロモーションを提供します。

記載のポイントを活用して、ビッグセール時に売上を最大化し、顧客の関心を引きつける戦略を立てましょう。ビッグセールは、Amazonでのビジネスにおいて重要な機会であり、戦略的なアプローチが成功の鍵です。

よくある質問

Q: ビッグセールとは何ですか?

A: ビッグセールは、一定期間において多くの商品が割引価格や特別オファーで提供されるセールイベントのことです。この種のセールは、消費者にとって非常に魅力的で、通常は年に数回開催されます。ビッグセールの目的は、顧客に特別な価格で商品を提供することで売上を増やすことです。また、ビッグセールは通常、特定のシーズンや祝日に合わせて計画され、多くの小売業者やオンラインストアで行われます。

Q: プライムデーはいつ開催されますか?

A: プライムデーは通常、7月に開催されますが、具体的な開催日程は年によって異なります。Amazonが公式に発表するまで、正確な日程は確認できません。Amazonプライム会員向けに特別な割引やお得な商品が提供されるこのイベントは、多くの顧客にとって待ち遠しいものであり、事前にAmazonの公式情報をチェックすることをおすすめします。

Q: ブラックフライデーはいつ開催されますか?

A: ブラックフライデーは感謝祭の翌日の金曜日に開催されます。具体的な日程は年によって異なりますが、通常は11月の第4週の金曜日となります。この日には多くの小売業者が大幅な割引や特別なプロモーションを提供し、クリスマスシーズンの始まりを示す重要なイベントとして広く認識されています。ブラックフライデーは大規模なショッピングイベントであり、消費者にとってはお得な取引を探す絶好の機会です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ