Amazon FBA「冷凍食品」の取り扱いいついて申請方法と注意点をポイント解説

Amazon FBAとは

Amazon FBA(Fulfillment by Amazon)は、Amazonが提供する物流サービスの一つで、セラーが自分の商品をAmazonの倉庫に送り、Amazonが商品の保管、梱包、発送、および顧客サポートを代行してくれるサービスです。このサービスを利用することで、セラーは自分の商品をAmazonのプラットフォームで販売し、効率的に顧客に届けることができます。

参考:Amazon フルフィルメントサービス

Amazon FBAのメリット

出品者は自身の在庫を抱えずに商品を販売できる

在庫管理や倉庫の手配など、物流にかかる手間やコストが削減できます。さらに、Amazon FBAはAmazonの信頼性やブランド力を利用することができるため、販売促進にも効果的です。

商品がAmazonPrimeの対象商品となる

Amazon FBAを利用することで、世界中の顧客に対して迅速な配送を行うことも可能となります。これにより、販売の拡大や新たな市場への進出が期待できます。  

カスタマーサービスと返品サービスが充実

昼夜問わず、電話やメールでカスタマーサポートに問い合わせが可能です。このサービスには、追加の料金は一切かかりません。ただし、一部の商品カテゴリーについては、購入者返品手数料が発生します。FBAをご利用になれば、カスタマーサービスに使っていた時間を、ビジネスの拡大に活用いただけます。

Amazon FBAにて冷凍食品の取り扱いが開始

2023年3月29日よりAmazon FBAにて冷凍食品の取り扱いが開始し、今まではセラーで配送を行わなければいけなかった冷凍食品がAmazonから発送できるようになりました。 

Amazon FBAでの冷凍食品の納品手順

ここではFBAで冷凍食品を販売する際の手順を紹介します。

質問表の作成

冷凍食品を納品する場合には専用の質問表への入力が必須となっており、提出する必要があります。質問表を適切に記入し、提出することで商品の安全性と品質に関する情報をAmazonに提供します。

質問表ダウンロードリンク:https://m.media-amazon.com/images/G/09/Food_Safety/Questionnaire_ChilledFrozen.xlsx

質問票提出先Eメールアドレス:ufsc-jp-frozen-beverage-fba@amazon.co.jp

納品プランの作成

Amazonが提出された質問表を受理し、冷凍食品のASIN(Amazon Standard Identification Number)が承認された場合、次のステップは納品プランの作成です。この段階で、商品をAmazonの相模原フルフィルメントセンター(FC)に納品するための計画を立てます。納品プランには、どの商品をどれだけの数量で送付するかに関する詳細が含まれます。

納品完了

納品プランが作成されたら、商品を梱包し、指定された相模原FCに送付します。このプロセスは通常のFBA納品と同様ですが、冷凍食品の場合、適切な冷蔵・冷凍状態を維持するための特別な梱包と配送方法が必要です。納品が完了すると、Amazonは商品を保管し、顧客の注文に応じて発送します。

以上がAmazon FBAを使用して冷凍食品を販売するための一般的な手順です。これに従うことで、商品の品質と安全性を保ちながら、効果的な販売プロセスを確立できます。

Amazon FBAにて冷凍食品を取り扱う際の注意事項

ここではAmazon FBAにて冷凍食品を取り扱う際の注意事項について以下の4点を解説します。

  • 賞味/消費期限がある商品は期限まで60日以上の保存可能期間が必要
  • 梱包の外側に必ず正味/消費期限が見えるようにラベルを貼る必要がある
  • 冷凍食品のサイズ基準
  • 冷凍食品のFBA手数料は購入者側に発生する

 賞味/消費期限がある商品は期限まで60日以上の保存可能期間が必要

冷凍食品には賞味期限や消費期限が設定されています。FBAを通じて販売する際、賞味期限または消費期限がある商品は、顧客に届いてから期限が切れるまで少なくとも60日以上の保存可能期間を確保する必要があります。これにより、顧客に新鮮で安全な商品を提供でき、不良在庫を最小限に抑えることができます。

梱包の外側に必ず正味/消費期限が見えるようにラベルを貼る必要がある

冷凍食品の梱包には、外側に正味(ネット重量)および賞味/消費期限が明記されたラベルを貼ることが必要です。このラベルは顧客が商品を受け取った際に期限情報を簡単に確認できるように配置されます。期限情報を明示的に表示することは、顧客にとって安心感を提供し、商品の品質に関する透明性を高める大切な措置です。

冷凍食品のサイズ基準

Amazonは冷凍食品のサイズに関する基準を設けています。冷凍食品をFBAで販売する際には、これらのサイズ基準に従う必要があります。適切なサイズを選ぶことは、送料や保管料の計算に影響を与えるため、正確なサイズ設定が重要です。詳細なサイズ基準はAmazonのセラーセントラルから確認できます。

冷凍食品のFBA手数料は購入者側に発生する

冷凍食品をFBAで販売する場合、通常のFBA手数料に加えて、購入者側に別途¥330の手数料が発生します。この手数料は冷凍食品の特別な取り扱いに関連するコストをカバーするものです。手数料についてはAmazonのセラーセントラルで詳細を確認し、適切に価格設定を行うことが重要です。

まとめ

Amazon FBAで冷凍食品の取り扱いが開始したことで今後、冷凍のFBAのサービスの活性化がされたり、作業工数の削減が出来るようになることが見込まれます。現在はまだ通常のFBAと違い、機能面での制限がありますが機能のアップデートがあるかと思いますので活用していきましょう。

よくある質問

Q.冷凍食品の返送の際はどうなりますか?

A. 冷凍食品が納品された後、購入者が商品を返送する場合、通常は着払いのクール宅急便を利用して返送されます。これにより、冷凍食品が適切な温度で保たれ、品質が損なわれないようになっています。購入者が商品に問題を報告し、返品を希望する場合、Amazonの返品ポリシーに従って手続きが行われます。

Q.購入者が受け取らない場合、どうなりますか?

A. 購入者が商品を受け取らない場合、住所が不完全であるなど購入者の行動に起因して返品が発生した場合、これらの商品は再販可能な在庫としてカウントされません。代わりに、これらの商品は返品として処理され、品質と安全性を確保するために対策が講じられます。

Q.質問表はどこから入手できますか?

A. 以下のURLをクリックするとダウンロードすることが出来ます。

この質問表は、冷凍食品の納品に関連する情報を提供し、Amazonに商品の特性と取り扱い方法についての詳細を提供するために使用されます。正確な情報を提供することにより、冷凍食品の品質と安全性を確保し、顧客に信頼性の高い商品を提供するのに役立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ