SSL暗号化とは?SEO面でも有利になるSSL暗号化の基本的な意味とメリット・デメリットを解説

SSL暗号化とは

概要

SSLはHTTPSとも呼ばれ、ユーザーのWebブラウザとWebサイトとの間の安全な通信を可能にするセキュリティプロトコルです。SSL暗号は、暗号化アルゴリズムを用いて、ユーザーのデバイスとウェブサイト間で送信されるデータを暗号化し、通信を傍受することができないようにするものです。

ChromeではSSL暗号化されていないサイトはアラートが出る

Google Chromeを含む多くのウェブブラウザでは、SSLを使用していないウェブサイトを訪問すると、警告が表示されるようになっています。この警告は、そのウェブサイトが安全でなく、信頼できない可能性があることをユーザーに警告するものです。

SSL暗号化のメリット

HTTPSとしても知られるSSL暗号化は、ウェブサイトとその利用者にいくつかの重要な利点を提供します。ここでは、SSL暗号化の最も重要な利点をいくつか紹介します。

サイトの信頼度を高めることができる

SSL暗号化を使用しているウェブサイトは、ユーザーからより信頼できるものとみなされます。ユーザーは、ブラウザに表示される「https」と南京錠のアイコンを見て、そのサイトがデータを保護するために暗号化を使用していることを知ることができます。これにより、ユーザーの信頼が高まり、サイトへの関与の可能性が高まります。

セキュリティ対策になる

SSL暗号化により、ユーザーのブラウザとWebサイトが安全に接続され、サイバー犯罪者によるデータの傍受や盗用への対策になります。これは、クレジットカード番号、個人情報、ログイン情報などの機密情報を扱うWebサイトでは特に重要です。

SEO面で有利になる

SSL暗号化が検索結果のランキングにも影響します。SSL暗号化を使用しているWebサイトは、使用していないWebサイトに比べ、検索結果で上位に表示される可能性が高くなります。

SSL暗号化のデメリット

SSL暗号化は、ウェブサイトとそのユーザーにいくつかの利点をもたらしますが、考慮すべき潜在的な欠点もいくつかあります。ここでは、SSL暗号化の最も重要な欠点をいくつか紹介します。

毎年更新が必要

SSL証明書は有効性を維持するために毎年更新する必要があります。つまり、ウェブサイトの所有者は、有効期限を把握し、毎年証明書を更新する手続きを取らなければなりません。期限内に証明書を更新しないと、サイトがユーザーからアクセスできなくなる可能性があります。

費用と手間がかかる

SSL証明書の取得とインストールは、複雑で時間のかかるプロセスになる可能性があります。さらに、証明書の取得と更新に関連する費用が発生することがよくあります。これは、中小企業や個人のWebサイトにとって障壁となる可能性があります。

設置したSNSボタンのカウントがリセットされる可能性がある

ソーシャルメディアの共有ボタンを使用しているウェブサイトでは、SSL暗号化を実装した後にカウントがリセットされることがあります。これは、暗号化されたURLと暗号化されていないURLが異なるため、ソーシャルメディアプラットフォームがこれらを別ページとして扱うためです。その結果、ウェブサイトの社会的証明と信頼性が失われる可能性があります。

まとめ

SSL暗号化はWebサイトとそのユーザーをサイバー脅威から保護するのに役立つ重要なセキュリティ機能です。ユーザーのブラウザとWebサイトの間に安全な接続を提供することで、SSL暗号化はデータの傍受や盗難を防ぎ、サイバー犯罪者が機密情報に不正にアクセスすることをはるかに困難にするのに役立っています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ