Amazon動画広告とは?基本的な意味と設定のポイントを解説

Amazon動画広告とは

Amazon動画広告とは、Amazonのプラットフォーム上で商品やサービスを宣伝するために動画広告を使用することを指します。動画広告は、検索結果や商品ページ、Amazonのトップページなど、サイト内のさまざまなページに掲載することができます。

スポンサーブランド動画広告

スポンサーブランド動画広告は、ブランドの製品やサービスを紹介するために設計されており、検索結果ページの上部に表示されます。

スポンサーディスプレイ動画広告

スポンサーディスプレイ動画広告は、過去に類似の商品を閲覧または購入したことのあるお客様に表示されます。

Amazon広告部門の業績

Amazonの広告部門は近年大きな成長を遂げており、2021年第1四半期の広告収入は前年比64%増を記録しています。この成長の一因は、同プラットフォームにおける動画広告の人気上昇にあります。

Amazon動画広告の設定ポイント

15-30秒の効果的な動画広告

Amazonは、動画広告の長さを15秒から30秒の間に保つことを推奨しています。この長さであれば、視聴者の注意を引くことなく、説得力のあるメッセージを伝えるのに十分な時間を確保することができます。長い広告では、メッセージが伝わる前に視聴が終わってしまう可能性がありますし、短い広告では、商品を十分に紹介するための時間が足りなくなる可能性があります。

商品の利点・特徴に焦点を当てた訴求にする

広告内のメッセージは、視聴者の注意を引き、購買意欲を高めるものであるため、広告の前面と中央に表示する必要があります。お客様の悩みを理解し、その問題を製品がどのように解決できるかを理解することが重要です。このアプローチにより、ターゲットに響く明確で簡潔なメッセージを伝えることができるのです。

ミュートでも伝わるように無音でも成立する動画にする

Amazonの顧客の多くは、音を消して閲覧し、買い物をするため、音を消した状態でも効果的な動画を作成することが不可欠です。そのためには、音声に頼らずとも伝わるようなビジュアルが必要です。キャプションなどのビジュアル要素を取り入れることで、音声のON/OFFに関わらず、メッセージを効果的に伝えることができます。

最も重要なことは動画の最初で伝える

Amazonはスクロールが早いので、すぐに目に留まるようにすることが重要です。つまり、商品の特徴やメリットなど、最も重要なメッセージは、広告の最初の数秒間で前面に出す必要があるのです。

広告の複雑化によるデータ分析

静止画広告との比較

静止画広告もAmazonでの商品訴求に有効ですが、動画広告の方が高いエンゲージメント率を示すことが分かっています。動画広告では、より多くの視覚的、聴覚的な手がかりが得られるため、ブランドはより魅力的でダイナミックな方法で製品を紹介することができます。また、動画広告には、感情を呼び起こし、ストーリーを伝える可能性があるため、より印象的でインパクトのある広告になります。

view・clicks比較

Amazon動画広告の視聴率は、商品、ターゲティング、広告の全体的な効果によって大きく異なる場合があります。しかし、平均して動画広告は静止画像広告よりも視聴率が高い傾向にあります。動画広告は、より視覚的に魅力的であるため、視聴者が広告全体を視聴する可能性が高くなります。

conversion比較

動画広告は静止画広告よりもエンゲージメント率が高い傾向にありますが、コンバージョン率の向上につながるかどうかは不明です。コンバージョン率は、広告の品質、広告の製品、ターゲティングなど、多くの要因に影響されます。

まとめ

Amazonの動画広告は、ブランドがプラットフォーム上で顧客にリーチするための強力な方法を提供します。広告の作成と分析のベストプラクティスに従うことで、ブランドは販売と収益を促進する効果的な動画広告を作成することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ