【必見】建設・土木のホームページデザイン事例8選!制作ポイントまで徹底解説!

はじめに

建設業界や土木業界におけるホームページは、業界の特性や競争の激しさを考慮して、訪問者に魅力を与え、信頼性を高める重要な役割を果たしています。近年ではインターネットの普及により、情報収集やサービスの検索は主にオンラインで行われるため、ホームページは企業や事業所の顔として重要な存在となっています。本記事では、建設・土木の業界に特化したホームページデザインにおいて重要なポイントについて解説します。

事例紹介

以下8つのHPの事例を紹介していきます。

株式会社 河原井

実際の施工風景の写真をファーストビューで流すことにより、訪問者に建設現場のリアルな雰囲気や技術力を伝えています。写真は一目で印象を与える重要な要素であり、専門性と実績をアピールする効果があります。

大成エンジニアリング株式会社

ファーストビューいっぱいに道路の写真を使うことで、建設・土木の事業に特化したイメージを訴求しています。道路は建設・土木の象徴であり、視覚的に分かりやすく、業界の専門性を強調する効果があります。

株式会社 尾上建設

施工事例写真が充実して掲載されていることで、過去の実績や成果を訪問者に見せることができます。具体的なプロジェクトの成功事例を示すことで、信頼性を高め、新規顧客の獲得に繋げることができます。

東急建設株式会社

新着情報やニュースなどのお知らせが目立つ位置にまとめられていると、訪問者に最新の取り組みや企業の動向を伝えることができます。常に最新情報を提供することで、訪問者の興味を引きつけ、リピーターの増加やコンバージョン率の向上に寄与します。

髙木建設株式会社

ファーストビューのすぐ下に事業一覧へのCTAが置かれていることで、訪問者に対して即座に事業内容を把握し、興味を持たせる効果があります。CTAは視覚的に目立つ位置に配置され、ユーザーをクリックして詳細な情報へ誘導することで、ユーザーエンゲージメントを高める役割を果たします。

有限会社 夏建

ページトップにお問い合わせフォームが設置されていることで、訪問者が迷わず簡単にお問い合わせを行える利便性が向上します。お問い合わせフォームは顧客とのコミュニケーションを促進し、ビジネスチャンスの拡大や新規案件の獲得につながります。

山創株式会社

アピールポイントの工法についての説明や特徴の説明が充実していることで、訪問者に対して自社の専門性や技術力をアピールすることができます。具体的な工法や技術についての情報提供は、信頼性の向上や競合他社との差別化につながります。

 株式会社万建設興業

ファーストビューいっぱいに動画が使われていることで、建設・土木のプロジェクトや施工風景を迫力ある映像で訪問者に伝えることができます。動画は視覚的なインパクトが強く、情報をより魅力的に伝える効果があります。また動画は訪問者の滞在時間を延長し、サイトの利用体験を向上させることにも繋がります。

制作において重要なポイント

視覚的な魅力と専門性の表現

建設・土木の業界は、堅実さとプロフェッショナルが求められる分野です。ホームページのデザインでは、専門性と技術力を視覚的に表現することが大切です。適切な写真や動画を使用して現場での作業や施工風景を見せることで、訪問者にリアルな印象を与えることができます。また、シンプルかつ洗練されたデザインを採用し、プロのイメージを醸成します。

実績と信頼性のアピール

建設・土木の業界においては、これまでの実績や実績に基づく信頼性のアピールが重要です。施工したプロジェクトの写真や詳細な情報を掲載し、完成した成果物を示すことで、訪問者に企業の実力や信頼性を訴求できます。また、お客様の声や評価を掲載することで、満足度や評判の良さを強調し、信頼を高めることができます。

使いやすいナビゲーション

建設・土木のホームページでは、多くの情報をわかりやすく整理し、スムーズなナビゲーションを提供することが大切です。適切なカテゴリーやメニューを設置し、ページ内のコンテンツが一目で把握できるようにすることで、訪問者が必要な情報を迅速に見つけることができます。また、問い合わせフォームやお問い合わせ先を目立たせることで、訪問者が疑問や質問を簡単に解決できるように工夫します。

WEBサイト整備のメリット

プロフェッショナルなイメージの向上

建設・土木の業界では、プロフェッショナルなイメージの向上が重要です。ホームページが視覚的に魅力的で、専門性をアピールするデザインになることで、企業のプロフェッショナルな姿勢や信頼性を強調することができます。豊富な実績やプロジェクトの写真を掲載することで、訪問者に企業の実力を見せることができます。

顧客とのコミュニケーション強化

ホームページにお問い合わせフォームや問い合わせ先を設置することで、顧客とのコミュニケーションを強化することができます。訪問者が疑問や質問を気軽に投稿できる環境を提供し、迅速な対応が可能となります。また、最新のプロジェクト情報や施工事例を定期的に更新することで、顧客との情報共有を促進し、信頼関係を構築することができます。

競合他社との差別化

建設・土木の業界は競争が激しいため、ホームページを通じて競合他社との差別化が重要です。独自のブランディングや強みを強調し、他社との差を明確にすることで、訪問者に魅力的な印象を与えることができます。特色あるデザインや専門性をアピールするコンテンツを盛り込むことで、企業の個性を際立たせることができます。

まとめ

建設・土木のホームページのデザインについて、さまざまな観点から解説してきました。ホームページは現代のビジネスにおいて重要な役割を果たすものであり、特に建設・土木の業界では、プロフェッショナリズムや信頼性をアピールするデザインが重要となります。建設・土木の業界は常に進化しており競争も激しいですが、ホームページを活用することで新規顧客の獲得や既存顧客とのコミュニケーションを強化し、ブランドイメージを向上させることができます。本記事で紹介した建設・土木のホームページデザインに関するポイントを参考にして、より効果的なホームページを構築しましょう。

よくある質問

Q: 建設・土木のホームページで重要なデザイン要素は何ですか?

A: 建設・土木のホームページで重要なデザイン要素は、視覚的な魅力と専門性の表現、実績と信頼性のアピール、使いやすいナビゲーションなどが挙げられます。これらの要素は訪問者にプロフェッショナルな印象を与え、信頼を築くために必要です。

Q: 建設・土木のホームページでどのようにプロフェッショナルを表現すれば良いですか?

A: プロフェッショナルを表現するためには、洗練されたデザインや専門的な写真、分かりやすいコンテンツが重要です。また、実績や経歴の紹介、資格や認証の表示なども効果的な手段です。

Q: ホームページにどのようなコンテンツを掲載すれば良いですか?

A: ホームページには会社の紹介や実績、提供するサービスや製品の情報、お問い合わせフォームなどが重要です。また、建設・土木の専門知識やノウハウを共有するブログや記事も訪問者に役立つ情報として掲載すると良いでしょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ