サステナブル経営とは?意味やメリットを紹介

サステナブル経営とは

概要

サステナブル経営とは、企業活動において環境や社会、そして経済的な持続可能性を重視し、長期的な視野で事業を展開する経営手法です。サステナビリティという言葉は、Sustainability(持続可能性)とAbility(能力)を組み合わせた造語であり、企業が環境問題や社会問題に貢献することで、長期的に競争力を維持することを目指します。

SCRとの違い

サステナブル経営と社会的企業責任(SCR)は、似たような目的を持つものの、それぞれに異なるアプローチを持っています。SCRは、企業が社会に対して責任を持ち、その責任を果たすことを目指す考え方であり、法的な規制や倫理的な観点からの社会的責任を果たすことが重要です。一方、サステナブル経営は、企業が長期的な視野で環境や社会問題に取り組むことを目的とし、持続可能なビジネスを展開することを目指します。

SDGsとの違い

サステナブル経営とSDGs(持続可能な開発目標)は、共通点が多く、両者は密接に関連しています。SDGsは、2030年までに世界をより持続可能な方向に導くことを目的とした17の目標です。一方、サステナブル経営は、企業活動において環境や社会、そして経済的な持続可能性を重視し、長期的視野で事業を展開することを目指す経営手法です。SDGsは、国際的な取り組みであり、政府や民間企業、市民社会など、様々なステークホルダーが協力して取り組んでいます。一方、サステナブル経営は、企業の経営戦略の一部として取り入れられることが多く、企業の内部から持続可能性を実現することを目指します。つまり、SDGsはより広い社会的課題に対して取り組むものであり、サステナブル経営は企業活動における持続可能性を重視する手法であるという違いがあります。

サステナブル経営のメリット

企業価値の向上

サステナブル経営を実践する企業は、環境や社会に配慮した取り組みを行っているため、市場からの信頼が高くなります。また、投資家や顧客、従業員など、ステークホルダーからの評価が高くなることで、企業価値が向上するというメリットがあります。

コストの削減

サステナブル経営は、環境や社会に配慮した取り組みを行うことで、コスト削減にもつながります。例えば、省エネや廃棄物削減などの取り組みは、企業の経費を削減することができます。

ステークホルダーからの評価が上がる

サステナブル経営を実践する企業は、社会的責任を果たしているという評価を受けることがあります。そのため、顧客や従業員、地域社会など、ステークホルダーからの評価が高くなり、企業の信頼性が向上するというメリットがあります。

まとめ

サステナブル経営は、企業が環境や社会に配慮し、持続可能な社会を実現するための重要な手法です。そのため、今後ますます重要性が高まると考えられています。サステナブル経営の取り組みは、企業価値の向上やコスト削減につながるだけでなく、社会的信頼性や評価を高めることができます。企業がサステナブル経営を実践することで、社会的責任を果たし、地球環境や社会問題の解決に貢献することができます。今後も企業が積極的に取り組んでいくことが求められています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ