コーポレートサイト作成の参考になるサイト5選!サイト作成のポイントも詳しく解説!

コーポレートサイトとは

企業が自社の情報を提供するためのウェブサイト

コーポレートサイトは、企業が自社の情報を提供するためのウェブサイトです。主な目的は、企業の存在や活動、製品やサービスに関する情報をオンライン上で発信することです。コーポレートサイトは企業の顔となり、ブランドイメージの形成や顧客とのコミュニケーションの場として重要な役割を果たします。また、製品やサービスの紹介、事業領域や業績、CSR活動なども含まれることがあります。さらに採用情報やニュース、お問い合わせフォームなども提供され、利用者が企業に関するさまざまな情報を簡単に入手できるようになっています。コーポレートサイトは、企業の信頼性や専門性をアピールするための重要なツールです。デザインやコンテンツは企業のブランドイメージやポジショニングと一致し、ユーザビリティの向上やモバイルフレンドリー性の確保も重要な要素です。企業のウェブプレゼンスを強化し、顧客やパートナー、投資家などさまざまな利害関係者に対して情報を提供するために、効果的で魅力的なコーポレートサイトの構築が求められています。

コーポレートサイトを作成する5つのポイント

今回紹介する特徴は主に以下の3つになります。

  • ブランドイメージの反映
  • ユーザビリティの向上
  • レスポンシブデザインの採用
  • SEO対策の実施
  • コンテンツの充実

それぞれについて詳しく解説していきます。

ブランドイメージの反映

コーポレートサイトを作成する際に重要なポイントの一つは、ブランドイメージの反映です。サイトのデザインやカラースキーム、フォントの選択などは、企業のブランドイメージと一致している必要があります。例えばシンプルで洗練されたデザインは、高級感や信頼性をアピールすることができます。またロゴやスローガンを適切に配置することで、ブランドの特徴や価値を明確に伝えることができます。

ユーザビリティの向上

コーポレートサイトは、ユーザーが簡単に情報を見つけられるようにするために、優れたユーザビリティを持つ必要があります。ナビゲーションメニューは明瞭でわかりやすく配置され、サイト内の情報へのアクセスがスムーズで直感的であるべきです。また検索機能やフィルタリング機能などのツールを提供することで、ユーザーは目的の情報を迅速に見つけることができます。ユーザビリティの向上は、ユーザーの満足度とサイトの効果的な利用につながります。

レスポンシブデザインの採用

現代のインターネット利用者は、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどの様々なデバイスを使用してウェブサイトにアクセスします。そのためコーポレートサイトはレスポンシブデザインを採用することが重要です。レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズや解像度に応じて自動的にレイアウトや表示方法を調整する設計手法のことです。これによりユーザーはどのデバイスからでも快適にサイトを閲覧でき、情報の取得や操作が容易になります。レスポンシブデザインの採用は、ユーザーエクスペリエンスの向上とモバイルフレンドリー性の確保に寄与します。

SEO対策の実施

コーポレートサイトの目的は、検索エンジンからのアクセスを増やし、新たなビジネスチャンスを獲得することです。そのためSEO対策を実施することは重要です。メタタグの最適化やキーワードの適切な配置を行いましょう。またコンテンツの質の向上や外部リンクの獲得なども効果的なSEO対策の一環となります。検索エンジンからの有機的な流入を増やすことで、企業のオンラインプレゼンスを向上させましょう。

コンテンツの充実

コーポレートサイトは企業の情報発信の中心となる重要なメディアです。訪問者にとって価値のある情報を提供することは必須です。企業のニュースや製品情報、専門知識などを提供し、訪問者のニーズに応えるコンテンツを作成しましょう。また定期的な更新やブログの活用などもコンテンツの充実に寄与します。ユーザーが情報を得るためにサイトを訪れる意欲を高めるために、質の高いコンテンツを提供しましょう。

デザインの参考にしたいコーポレートサイト5選

株式会社良品計画

株式会社良品計画のコーポレートサイトは、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。ユーザーフレンドリーなナビゲーションメニューや視覚的に魅力的な画像の使用により、ユーザーはサイト内で簡単に情報を見つけることができます。またブランドの哲学や製品情報にも深く触れることができ、良品計画の価値観や魅力を伝えています。

アマゾンジャパン合同会社

アマゾンジャパン合同会社のコーポレートサイトは、シンプルかつ効果的なデザインが印象的です。ユーザーは直感的に目的の情報にアクセスでき、商品やサービスに関する詳細な情報を簡単に入手できます。また利用者のレビューや評価が掲載されており、信頼性と品質へのアピールがされています。

株式会社明和不動産

株式会社明和不動産のコーポレートサイトは、洗練されたデザインと使いやすさが特徴です。ユーザーは直感的に物件情報を検索し、詳細な情報や写真を閲覧することができます。さらに明和不動産の信頼性や実績に関する情報も提供されており、ユーザーは安心して不動産取引を進めることができます。

株式会社共和モータース

株式会社共和モータースのコーポレートサイトは、洗練されたデザインとダイナミックなビジュアルが魅力的です。ユーザーは使いやすいメニューから製品情報やサービスに関する詳細を確認できます。また共和モータースのブランドメッセージや企業の取り組みも伝えられており、顧客は企業の価値観に共感することができます。

株式会社エムフロ

株式会社エムフロのコーポレートサイトは、美しいデザインと充実した情報が特長です。ユーザーは見やすいレイアウトとナビゲーションにより、製品やサービスに関する詳細を素早く見つけることができます。さらにエムフロの技術力や研究開発に関する情報も提供されており、企業の専門性と信頼性をアピールしています。

まとめ

企業のコーポレートサイトは、顧客やパートナー、投資家など、さまざまな利害関係者との重要なコミュニケーションツールです。魅力的なデザインや使いやすいインターフェースを通じて、企業のビジョンや価値を伝え、信頼感を築くことが求められます。これらのサイトを参考にしながら、自社の独自性を加えた素晴らしいコーポレートサイトを作り上げてください。

よくある質問

Q: コーポレートサイトのデザインはどのように決めれば良いですか?

A: コーポレートサイトのデザインを決める際は、企業のブランドイメージや目的に合わせたデザインを考えましょう。ユーザビリティを重視し、モダンで使いやすいデザインを採用することがポイントです。

Q: レスポンシブデザインとは何ですか?

A: レスポンシブデザインとは、ウェブサイトが異なる画面サイズやデバイスに応じて自動的にレイアウトが調整される設計のことです。モバイルデバイスからのアクセスも考慮し、ユーザーがどのデバイスでも快適に閲覧できるようにします。

Q: コーポレートサイトの更新頻度はどのくらいが適切ですか?

A: コーポレートサイトは定期的に情報を更新することが重要です。新しい製品やサービスの情報、企業ニュース、イベント情報などを積極的に掲載し、ユーザーに最新の情報を提供しましょう。更新頻度は業界や企業の特性によって異なりますが、定期的な更新を心がけることが良いでしょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ