【オウンドメディア担当者必見!】Googleアナリティクス4(GA4)の見方

Googleアナリティクス(GA4)とは?いつリリースされたか?

Googleアナリティクスは、ウェブサイトやアプリのトラフィックやユーザー行動を追跡・分析するためのツールです。GA4は、2020年10月にリリースされ、これまでのバージョンであるUniversal Analytics(UA)に比べて、より進化した機能や改善が盛り込まれているといわれています。 GA4では、クロスデバイスのユーザートラッキングが強化されており、ユーザーが複数のデバイスを使用してウェブサイトやアプリにアクセスした場合でも、それを正確に追跡することができます。 また、GA4ではイベントベースのデータモデルが導入されましたため、特定のアクションやイベント(例:PV数、クリック、購入など)をより詳細に追跡できます。

GA4とUAの違い

セッションの定義

セッションとは、ユーザーがウェブサイトやアプリを訪れてから離れるまでの一連の活動の期間を指します。以前のバージョンであるUAでは、セッションの期間はデフォルトで30分でしたが、最新のバージョンであるGA4では、セッションの期間は自動的に30分以上の非アクティブな時間を置くことで終了するようになり、カスタマイズすることもできます。

CVのカウント方法

CV(コンバージョン)は、ウェブ解析において重要な指標の一つです。以前のUAでは、デフォルトで最後のクリック(Last-Click)モデルが使用されています。これは、ユーザーがCVに至るまでの最後のクリックまたは参照を追跡する方法です。 一方、最新のバージョンであるGA4では、デフォルトでマルチチャネル(Multi-Channel)モデリングが導入されました。これにより、ユーザーが複数のクリックや参照を経てCVに至った場合でも、それらのアクションを正確に追跡することができます。 

「直帰率」がなくなっている

最新のバージョンであるGA4では、「直帰率」がなくなりました。 直帰率は、ウェブサイトやアプリのページを訪れたユーザーが、そのページを離れる(他のページに遷移しない)割合を示す指標です。GA4では、ユーザーの行動パターンをより詳細に把握するために、直帰率の代わりに、GA4ではユーザーのエンゲージメントや行動に焦点を当てたレポートや指標が提供されています。これにより、ユーザーの行動をより深く理解し、ウェブサイトやアプリの改善に役立てることができます。

「平均ページ滞在時間」や「平均セッション時間」も廃止へ

これまでは、平均ページ滞在時間や平均セッション時間は、ユーザーがウェブサイトやアプリにどれだけの時間を費やしたかを把握するための指標として使用されてきましたが、ユーザーの行動を正確に反映するものではありませんでした。GA4では、ユーザーの行動パターンをより詳細に分析するために、新しい指標やレポートが導入され、ユーザーが訪れたページの数やイベントの発生数、特定のアクションの達成などが分析できるようになりました。これにより、単一の指標ではなく、より具体的なデータを基にユーザーのエンゲージメントや行動を評価することができます。

GA4がサイトの改善に繋げる使い方

PVだけでなく質(エンゲージメント)もしっかりと見るべき

GA4ではユーザーのエンゲージメントや行動に焦点を当てたレポートが提供されます。単にPV数だけでなく、ユーザーが実際にどのくらいの時間を費やし、どのページでどのようなアクションを起こしているかを把握することができます。この情報を元に、ユーザーが関心を持つコンテンツや問題のある箇所を特定し、改善策を検討することが重要です。

CVのハードルを下げる

コンバージョンのハードルを下げることも重要なポイントです。マーケティングの目標はユーザーが特定のアクションを起こすことですが、ユーザーにとってハードルが高すぎる場合、コンバージョンが減少する可能性があります。ユーザーが購入や登録といったアクションをスムーズに行えるよう、プロセスやフォームの改善を行いましょう。

ビジネス・サービスサイトへの遷移数もCVに設定しておく

ビジネス・サービスサイトへの遷移数もコンバージョンに設定することをおすすめします。例えば、問い合わせフォームの送信や価格表の閲覧など、ビジネスにとって重要なアクションをユーザーが行った場合にもコンバージョンとしてカウントしましょう。これにより、ビジネスの目標達成に直結するアクションを可視化し、戦略の改善に役立てることができます。

GTMでイベントを設定する

GA4ではGoogle Tag Manager(GTM)を使ってイベントを設定することもおすすめです。イベントの設定により、特定のアクションやボタンのクリック、動画の再生などを追跡できます。これによって、ユーザーの行動パターンやコンバージョンに影響を与える要素をより詳細に把握し、改善策を立てることができます。

まとめ

GA4は、ウェブサイトの改善に役立つ多くの機能やレポートを提供しているため、上手く活用することで、ユーザーのエンゲージメントやコンバージョン率の向上、ビジネス目標の達成に繋げることができます。積極的にGA4を活用し、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させましょう。

よくある質問

Q1:GA4の特徴は何ですか?

A1:GA4の特徴には、クロスデバイスのユーザートラッキング、イベントベースのデータモデル、AI(人工知能)の活用などがあります。より詳細なデータ分析やユーザー行動の理解に役立ちます。

Q2:GA4を導入するためには何が必要ですか?

A2:GA4を導入するためには、新しいGA4プロパティを作成し、ウェブサイトやアプリにトラッキングコードを追加する必要があります。また、古いUniversal Analytics(UA)とのデータの互換性も考慮する必要があります。

Q3:GA4でどのようなデータを分析できますか?

A3:GA4では、ユーザーのセッション、ページビュー、イベント、コンバージョンなどのデータを詳細に分析することができます。ユーザーの行動パターンやコンテンツの効果を把握するための情報を提供します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ