パワーポイント資料で伝わるデザインにするためのポイント

デザインとアートの違い

デザインとアートは、それぞれ異なる目的やアプローチを持つ活動です。以下に、デザインとアートの違いについて説明します。下記に記したように、アートとデザインは違い、この記事ではデザインに関連した内容について述べていきます。

目的

デザインは、機能や目的を持った製品やシステムを作り出すことを重視します。デザインは、問題解決や目標達成のために具体的なソリューションを提供します。一方、アートは、表現や感情の表現を主な目的としています。アーティストは、自己表現や社会的な問題の探求など、創造的な表現を追求します。

プロセス

デザインは通常、ユーザーのニーズや制約事項を分析し、解決策を見つけるための具体的なプロセスを経ます。デザインは、機能性、使いやすさ、効率性などの要素を考慮しながら、目的に合ったデザインを作り出します。一方、アートはより自由なプロセスであり、アーティストの創造性や感情に基づいて形作られます。アーティストは、個々の芸術作品を制作する際に、直感や個人的なビジョンに頼ります。

レイアウトを考えるときのポイント

近接:情報整理して、グループ化する

関連する情報を近くに配置し、視覚的なつながりを作ることで、情報を整理しやすくします。類似の内容やテーマを持つ要素は近くにまとめ、それぞれのグループを明確に区別します。

整列:要素を整列して配置する

要素を一直線に整列させることで、整然とした印象を与えます。垂直または水平方向に要素を配置することで、情報の整合性や一貫性を強調します。また、グリッドを使用することで、均等なスペースやバランスの取れた配置を実現します。

反復:特徴的な要素を繰り返して統一感を出す

特定の要素(色、形、アイコンなど)を繰り返し使用することで、視覚的な統一感を生み出します。例えば、同じ色を見出しや箇条書き、グラフ内の要素などに反復して使用することで、一貫性を持ったデザインを作ります。

対比:コントラストを意識して優先順位を明確する

対照的な要素を使って、情報の優先順位を視覚的に示します。色の明暗やサイズの差、フォントの太さなどを活用して、重要な要素を際立たせます。また、適切なスペースを設けることで、情報の区切りや重要度を明確にします。

相手に伝わるデザインのコツ

徹底して情報を絞る

デザインに含める情報を厳選し、必要最小限に絞り込みます。情報が多すぎると相手にとって理解しづらくなるため、主要なポイントや要点に焦点を絞って伝えることが重要です。必要な情報のみを選び、それを明確かつ簡潔に表現するように心がけましょう。

ワンスライド・ワンメッセージ

プレゼンテーションやデザインのスライドでは、1つのスライドに1つのメッセージやアイデアを集中させることが効果的です。情報を詰め込みすぎると相手に伝わりにくくなりますので、1つのスライドに1つの核心メッセージを明確にすることが大切です。

文字や画像は最低限に

デザインでは、文字や画像を最低限に抑えることが重要です。適切な量のテキストや必要な画像を使用し、過剰な情報を避けましょう。簡潔なキャプションやシンプルなアイコンを活用することで、情報をわかりやすく伝えることができます。

不要な装飾は避ける

デザインにおいては、不要な装飾や飾りは避けるべきです。余分なグラデーション、影、装飾的なフォントなどは、情報の理解を妨げる可能性があります。シンプルでクリーンなデザインを心がけ、情報の明確性を重視しましょう。

スライド内の要素を整える

スライド内の要素(テキスト、画像、図表など)を整然と配置することが重要です。適切なスペースを設けて要素同士の間隔を調整し、視覚的な秩序を保ちます。要素同士のバランスや配列を整えることで、スライド全体の見やすさと理解しやすさを向上させましょう。

色の役割を決める

色はデザインにおいて重要な役割を果たします。色の使い方には意図や効果を持たせることが大切です。テキストの強調や重要な情報の表示など、色を用いて視覚的なヒエラルキーを作り出しましょう。また、カラースキームや配色を統一することで、統一感とプロフェッショナルな印象を与えます。

徹底して揃える

デザイン全体に一貫性と均等性を持たせるために、要素の配置やスタイルを揃えることが重要です。フォントのスタイルやサイズ、テキストの配置、アイコンの形状などを統一し、デザインの一体感を作り出します。揃えることによって視覚的な調和を生み出し、情報の理解しやすさを向上させます。

文章を読みやすくする

文章は相手に伝える情報を伝達する重要な要素ですので、読みやすさを重視しましょう。適切なフォントとフォントサイズを選び、行間や文字間隔を調整して、文章の可読性を高めます。また、簡潔な文言や箇条書きを使用することで、情報をわかりやすく整理しましょう。

まとめ

デザインや資料の作成において相手に伝わることを重視するためのポイントとコツをお伝えしました。デザインはアートと異なり、目的や課題解決の手段として用いられることが多いため、そこには自由さではなくロジックの観点が必要となります。今回のポイントとコツをベースとしておさえ、「相手に伝わるためには?」の観点を心がけましょう。

よくある質問

Q1: デザインとアートの違いは何ですか?

A1: デザインは特定の目的やニーズに応じて機能的な要素を考慮しながら作られるものであり、実用性や効果を重視します。一方、アートは個々の表現や感性を追求し、美的な観点や感情を重視します。

Q2: デザインのプロセスにはどのようなステップがありますか?

A2: デザインのプロセスは個別のプロジェクトによって異なりますが、一般的には以下のステップがあります。問題の理解と調査、アイデアの発想、コンセプトの策定、スケッチや試作、評価とフィードバック、最終的なデザインの制作と実装です。

Q3: デザインにおいて視覚的な統一感を出すためにはどうすればいいですか?

A3: 視覚的な統一感を出すためには、一貫した色の使い方やフォントの統一、要素の配置やスタイルの揃えなどが重要です。また、グリッドや余白の活用、特定のパターンやテンプレートの使用も統一感を生み出す助けになります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ