ダークパターンとは?ユーザーの信頼を失わないように注意するポイントについて解説

ダークパターンとは

概要

ダークパターンは、ユーザーを騙すために慎重に作られたユーザーインターフェースの手法です。ユーザーが思っている以上に多くの時間やお金を使わせたり、注意を引くように設計されたりします。例えば、購入時に保険への加入を促したり、定期購入を奨励したりするなど、特定の行動をユーザーに誘導する場合があります。ダークパターンには、プライバシー侵害や判断力低下など、複数の問題点が指摘されています。

ダークパターンの種類

スニーキング(こっそり)

スニーキングは、ユーザーに気付かれずに特定の行動を誘導するダークパターンです。例えば、小さなチェックボックスをデフォルトでオンにし、ユーザーが意図せずにサービスに加入してしまうような手法があります。このようなスニーキングの手法は、ユーザーの選択を操作し、望まない結果を導くことがあります。

アージェンシー(緊急性)

アージェンシーは、緊急性を演出してユーザーに行動を促すダークパターンです。制限時間や在庫の少なさなどを示すことで、ユーザーに迅速な行動を促す効果があります。例えば、「残り1時間限りの特別セール」と表示し、ユーザーの焦りを引き出す手法があります。

ミスディレクション(誘導)

ミスディレクションは、ユーザーを誤った方向に導くダークパターンです。ユーザーの注意を特定の要素に引きつけることで、本来の目的や選択肢を見落とさせることがあります。例えば、明瞭な「キャンセル」ボタンの隣にわざと見落としやすい「購入確定」ボタンを配置する手法があります。

ソーシャルプルーフ(社会的証明)

ソーシャルプルーフは、他の人々の行動や意見を示すことで、ユーザーの行動を促すダークパターンです。例えば、商品のレビューや人気度の表示を通じて、他のユーザーが購入したり評価したりしていることを強調します。これにより、ユーザーの信頼感や欲求が高まり、自身も同じ行動を取りたいという心理を刺激します。

スケアシティ(希少性)

スケアシティは、商品やサービスの希少性を強調することで、ユーザーに行動を促すダークパターンです。数量限定や期間限定の特別オファー、売り切れ間近といった情報を提示することで、ユーザーに緊急感や欲求を抱かせます。これにより、購買意欲を高める効果があります。

オブストラクション(妨害)

オブストラクションは、ユーザーの意図的な妨害を行うダークパターンです。意図的に複雑な手続きや多くのステップを導入することで、ユーザーの意欲を減退させたり、望まない行動に誘導したりします。例えば、複数のフォームを埋める必要があるか、わざとわかりにくい指示を表示するなどの手法があります。

フォースドアクション(強制)

フォースドアクションは、ユーザーに強制的に特定の行動をとらせるダークパターンです。ユーザーの意図に関係なく、自動的に選択を行ったり、特定の行動を実行させたりします。例えば、商品を購入する際に自動的に関連商品を追加する、特定のオファーやサービスに強制的に加入させるなどの手法があります。

ダークパターンを生み出さないために注意すること

ユーザーに不快感を与えるようなデザインを避ける

ダークパターンを避けるためには、ユーザーに不快感を与えるようなデザインを避けることが重要です。ユーザーがわかりやすく、直感的に操作できるインターフェースを提供することが大切です。過剰なポップアップ広告や派手な色使い、混雑したレイアウトなどは、ユーザーにストレスを与える可能性があります。シンプルで使いやすいデザインを心がけましょう。

ユーザーを誤解させるような表現を避ける

ダークパターンを回避するためには、ユーザーを誤解させるような表現を避けることが必要です。明確で正確な情報を提供し、ユーザーが意図した行動や選択を正しく理解できるように配慮しましょう。誇大広告や曖昧な表現、二重否定などは、ユーザーの信頼を損なう可能性があります。正直かつ明確な表現を心掛けましょう。

ユーザーの同意を得ずに個人情報を収集しない

ダークパターンを回避するためには、ユーザーの同意を得ずに個人情報を収集しないことが重要です。プライバシーを尊重し、透明性のある情報収集プロセスを提供しましょう。ユーザーが個人情報を提供する際には、明確な同意を得る必要があります。また、不要な個人情報の収集は避け、最小限の情報のみを必要とするようにしましょう。

ユーザーを不当な方法で操作しない

ユーザーを不当な方法で操作することは、ダークパターンを回避するために絶対に避けるべきです。ユーザーの意図や意思を尊重し、自由な選択を尊ぶべきです。強制的な購入や加入、意図しない行動の誘導、隠れたオプションへの誘いなどは、ユーザーの信頼を損ないます。ユーザーの利益を最優先に考え、公正で透明性のある取り組みを行いましょう。

まとめ

ダークパターンは、ユーザーを騙し、誤誘導し、意図しない行動を取らせるために慎重に作られたユーザインタフェースの手法です。しかし、ユーザーエクスペリエンスや信頼性に悪影響を及ぼす可能性があります。ダークパターンを回避するためには様々なポイントに注意することが大切です。

よくある質問

Q1: ダークパターンとは何ですか?

A1: ダークパターンは、ユーザーを騙し、誤誘導し、意図しない行動を取らせるために慎重に作られたユーザインタフェースの手法です。認知バイアスや心理的なテクニックを利用し、ユーザーが思っている以上に多くの時間やお金を使わせることを目的としています。一部の企業は、売上や利益を最大化するためにダークパターンを使用しますが、その使用は倫理的な問題やユーザー体験の低下につながる可能性があります。

Q2: ダークパターンは合法ですか?

A2: ダークパターン自体は合法ですが、その使用方法によっては法的な問題が生じる可能性があります。一部の国や地域では、消費者保護法や広告規制などが存在し、ダークパターンの使用に制限がある場合があります。また、ダークパターンの使用が明確に不正行為や詐欺に該当する場合は、法的な責任を問われる可能性があります。企業やマーケターは、法律や規制に準拠し、倫理的なビジネス活動を行うことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/09/26】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ4選

ページトップへ