EC担当者必見!オンライン後払いサービス「Paidy」について解説

後払いオンライン決済サービスPaidy(ペイディー)とは

Paidy(ペイディー)は、日本の後払いオンライン決済サービスです。これは、顧客が商品やサービスを購入した後に支払いを行う方法であり、クレジットカードやデビットカードの利用を必要としません。Paidyは、オンラインショッピングやデジタルコンテンツの購入など、さまざまな場面で利用されています。顧客は商品を手に入れるために即座に支払いを行う必要がないため、柔軟な購買体験を提供しています

Paidy(ペイディ)の仕組み

Paidyの通常決済には、消費者が決済を開始するために「Paidy Checkout」というアプリを利用します。消費者は数回クリックするだけで注文でき、SMS認証を行って決済が承認されると決済データが作成されます。加盟店は既存の注文管理システムを使って、注文処理と商品の発送を行います。消費者に代金の請求ができるようになれば、API経由で決済を行い代金を回収します。

消費者がPaidy(ペイディー)を使うメリット

クレジットカードがなくても使える

Paidyを利用する最大のメリットの一つは、クレジットカードを持っていなくても利用できることです。クレジットカードを作るにはさまざまな条件をクリアする必要がありますが、後払い決済なら審査がない、または簡素なことが多いため、収入や年齢といった条件が妨げになることも少ないでしょう。

簡単に利用できる

購入時に、ネットショップの購入画面に表示された決済手段から「後払い決済」をクリックするだけで、支払いが完了します。この簡単な手続きにより、利用者はスムーズな購買体験を享受することができます。

不正利用の心配がない

クレジットカードのような個別のカード情報を使用する必要がないため、不正利用のリスクが低くなります。消費者は安心してPaidyを利用し、オンラインでの購入を楽しむことができます。

消費者が後払いを利用するデメリット

支払いに手間がかかる

後払いを利用する際には、支払いに手間を要する場合があります。通常、商品を受け取った後に指定された期限までにコンビニエンスストアやATMなどに足を運び、支払いを行う必要があります。

限度額がある

後払いを利用する際には、一定の限度額が設定されている場合があります。この限度額を超える場合には、後払いを利用することができないことがあります。よって、一部の高額な購入には適用されないなど、大きな金額を後払いで支払う場合には制約が生じる可能性があります。

後払いが選べないこともある

一部のオンラインストアやサービスでは、後払いが選択できない場合があります。特定の商品やサービス、あるいは特定の販売業者が後払いを提供していないことがあります。

事業者が後払いを導入するメリット

客層が広がり、売上拡大につながる

後払いを導入することで、事業者は新たな顧客層を獲得する機会が広がります。クレジットカードを持っていない消費者やオンラインでの支払いに抵抗感を持っている消費者も後払いを利用することができます。そのため、より多くの顧客が購買の機会を得ることができ、売上拡大につながる可能性があります。

カゴ落ち対策になり、機会損失が防げる

後払いを導入することで、カゴ落ち(購入意欲はあるが最終的にカード購入手続きを行わないこと)が起きるリスクを減らすことができます。一部の消費者は購入意思があるものの、支払い手続きの手間や不安感から購入を断念することがあります。後払いを提供することで、購入意欲のある消費者が最終的に購買に至る可能性が高まり、機会損失を防ぐことができます。

事業者が後払いを導入するデメリット

代金を回収できない可能性がある

後払いを導入する際の最大のデメリットは、代金を回収できない可能性があることです。顧客が支払い期限を過ぎても支払いを行わない場合や、債権回収が困難な場合があります。これにより、事業者は売上を確保できず、負債を抱えるリスクが生じます。特に、信用リスクが高い顧客や新規顧客に対しては、慎重な判断が必要です。

コストがかさむ

後払いを導入する際には決済手数料はもちろんのこと、サービスによっては初期費用や月額利用料もかかる可能性があります。また、信用情報の確認や顧客の信用評価を行うためのシステムやツールの導入にもコストがかかることがあり、これらのコストを考慮する必要があります。

限度額が低い

後払いを導入する際には、限度額が設定される場合があります。顧客に対して提供する後払いの上限金額が低い場合、大きな取引や高額な商品を購入する消費者に対しては制約が生じます。これにより、一部の顧客が後払いを利用することができず、売上の機会が制限される可能性があります。

まとめ

後払いオンライン決済サービスPaidy(ペイディー)は、消費者と事業者の両方にとってさまざまなメリットがあります。消費者にとっては、クレジットカードを持っていなくても利用できる、簡単に利用できる、不正利用の心配がないというメリットがあります。一方、事業者にとっては、客層が広がり、売上拡大につながる、カゴ落ち対策になり、機会損失が防げる、業務負担が少ないというメリットがあります。ただし、消費者・事業者双方の観点でデメリットも考えられます。事業者はこれらのデメリットを慎重に検討し、リスクを最小限に抑える対策を取る必要があります。後払いは便利な決済手段であり、消費者と事業者の関係をスムーズにし、オンラインショッピングの利便性を高めることができます。消費者と事業者の双方の利益を最大化するために、後払いを導入するかどうかの判断には慎重さが求められます。

よくある質問

Q: Paidyを利用するにはどのような手続きが必要ですか?

A: Paidyを利用するには、まず事前の登録が必要です。登録時には、個人情報や支払い方法を登録する必要があります。登録が完了したら、利用可能なオンラインストアやサービスで後払いを選択し、商品を購入することができます。

Q: Paidyのメリットは何ですか

A:事業者は、クレジットカードを持っていない消費者やオンラインでの支払いに抵抗感を持っている消費者という新たな顧客層を獲得する機会が広がります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ