ECビジネス必見!EC関連・ビジネスニュース最新記事まとめ。ECサイト改善施策、ツイッター休眠アカウント削除開始、グーグル生成AIアップデート発表など。

EC関連・ビジネスニュースに関する最新記事一覧

検索結果の表示速度が1.8倍に向上したECサイトの改善施策とは? 顧客満足度向上を追求し続けるリユース店舗「RAGTAG」の挑戦_impress

「RAGTAG」のECサイトは、検索結果の表示速度を1.8倍に改善しました。ZETA SEARCHの導入により、商品点数が倍増しても速度が落ちない安心感が実現されています。今後は検索強化やコミュニティ形成にも力を入れ、顧客満足度向上を目指しています。この記事は、リユースビジネスに興味のある方やECサイト運営者におすすめです。

ご存知ですか? 農水省の越境EC支援プロジェクト「EAT! MEET! JAPAN」。なかなか手厚い支援のようです【ネッ担まとめ】_impress

農水省が展開する越境EC支援プロジェクト「EAT! MEET! JAPAN」が、手厚い支援を提供していることがわかりました。海外に商品を販売したいと考えている方は、この記事を読んでみてはいかがでしょうか。

AnyMind Groupが乗り越えた「二度の上場延期」という試練_四季報

「AnyMind Group」が2回の上場延期を乗り越えた試練について、四季報が報じました。同社はグローバルなビジネスモデルを展開し、AIを活用したデジタルマーケティングプラットフォームを提供しています。記事では、上場延期の背景や、同社が取り組む課題、今後の展望などが詳しく紹介されています。ビジネスに関心のある方にお勧めの記事です。

日本テレビホールディングス、ラベルヴィー全株式取得へ テレビ通販とEC事業を強化_繊研新聞社

日本テレビホールディングスが、テレビ通販とEC事業を強化するため、ラベルヴィーの全株式を取得することを発表しました。今後は、テレビ通販やEC事業を展開する上で、ラベルヴィーのノウハウを取り入れることが期待されます。この記事は、テレビ通販やEC事業に関心のある方におすすめです。

阪神阪急や高島屋も頼る「売らない店」 ECの弱点補う_日本経済新聞

阪神阪急や高島屋が「売らない店」を頼りにすることでECの弱点を補っているという記事です。新しい取り組みについて知りたい方や、ECに関心のある方におすすめです。

ECで店頭の100倍売る「カリスマ店員」も輩出 鍵は「評価のOMO」_日経ビジネス

日経ビジネスが報じた「評価のOMO」によって、ECで店頭の100倍もの売り上げを出す「カリスマ店員」が生まれたという記事。どうやって生まれたのか、詳しく解説されています。小売業界やEC業界に興味がある方におすすめです。

グーグルが生成AIアップデート発表へ、大規模言語モデルなど-報道_Bloomberg

グーグルが言語モデルなどのアップデートを発表するとのことです。これにより、生成AIに革新がもたらされると期待されています。ビジネス関係者やAI技術に興味のある方におすすめです。

ツイッター“休眠アカウント”の削除開始 15億規模か_ABEMATIMES

ツイッターが“休眠アカウント”の削除を開始したことが明らかになりました。15億規模の削除予定で、アカウント名が使用可能になる見込みです。この記事は、ツイッターユーザーに向けた重要な情報です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ